ホワイト企業とは?


男性

まずは「ホワイト企業」とはどういった企業なのかを整理しておきましょう

ホワイト企業の定義(見分け方)

  • 「平均残業時間」が少ない
  • 「新卒社員や女性社員の離職率」が低い
  • 「有休消化率」「待遇面の満足度」「法令順守意識」「男性社員の育休取得率」「障碍(がい)者法定雇用率」などが高い
  • 「福利厚生」「研修・教育制度」が充実している
  • 「勤務地」「勤務時間」などで多様かつ柔軟な制度を導入している(副業OK)

などの項目を達成している企業ですが、

案内人

言い換えると優秀な人材(人財)を採用して活用するために、働き方改革に真剣に取り組み
「社員を大切にする会社」ともいえます

ホワイト企業への就活・転職を目指すべき4つの理由とは?

このサイトをご覧になっている「あなた」を始めおそらく多くの方が

「ホワイト企業で働きたい!」

と考えているのではないでしょうか。

なぜ皆さんはホワイト企業を目指しているのでしょうか?

まずは、ホワイト企業への就活・転職を目指すべき4つの理由を解説していきます。

  • 成功のチャンスが多い

    通常、ホワイト企業では事業が拡大・成長していきますので、成果を上げるチャンスが増えます。

    また仕事にやりがいを感じる可能性も高まって、結果的に成功するチャンスが多くなります。

  • 待遇(年収・福利厚生・研修制度など)が良い

    普通の企業よりもホワイト企業の方が一般的には平均年収も高くなります。

    そして企業年金・社宅などをはじめ柔軟な勤務体系や各種休暇制度などの福利厚生や研修制度・人材育成システムなどが充実しています。

  • 自分自身を向上させる機会が増える

    ホワイト企業には比較的優秀な人材が集まってくることから、仕事を通じて一流の仕事の仕方や考え方を吸収でき、自らのレベルを向上させる機会が増えます。

  • 健康的に継続して働くことができやすい

    これはいうまでもないことですが、劣悪なブラック環境では「過度なノルマや猛烈なプレッシャー」「サービス残業の強制」「パワハラ・セクハラ」などで疲弊してしまいます。

    最悪の場合は心身の健康を害してしまうかもしれませんが、ホワイト企業ならば健康的に継続して働くことができやすくなります。

このようにキャリア形成や人生設計の点からもホワイト企業で働くことのメリットは計り知れません。

しかし当然就職人気も高く「狭き門」となるので、漠然(ばくぜん)と就活や転職活動をしていてはホワイト企業に巡り合うことは難しいでしょう。

男性

実際にホワイト企業を検索したり就職・転職したいあなたへのオススメ記事を紹介します

ホワイト企業の見分け方・見つけ方や適した転職サイト・就活サイトなどを知りたい方向けオススメ記事

ホワイト企業の見分け方
≫【転職/就活向け】ホワイト企業の見分け方・見つけ方~総まとめ~
転職活動中や就活生向けにホワイト企業の定義や見分け方、さらにはホワイト企業を見つけたいときに活用すべきランキングデータや転職サイト・就活サイトなどを詳しく解説しています。

各種ランキングでホワイト企業を探したり検索したい方向けオススメ記事

ホワイト企業ランキング
≫ホワイト企業ランキング常連企業~超まとめ~
ホワイト企業の定義・見分け方や「各種ホワイト企業ランキング」及び「複数のホワイト企業系ランキングで評価を受けている企業一覧」などを詳しく解説しています。

既卒や第二新卒からホワイト企業就職のために頑張っている方向けオススメ記事

既卒向け就活サイト
≫【既卒向け】おすすめの就活(就職)サイト比較一覧/メリットも解説
正社員を目指している既卒向けに「履歴書の作成方法」や「面接対策」を始め様々なサポートを行ってくれる専門の就活(就職)サイトを「職種別サイト」「大手就活サイト系」「既卒(第二新卒)専門系」などに分類して詳しく解説します。

ITエンジニア
≫第二新卒・既卒・フリーター(未経験)からITエンジニアを目指す方法とは?/メリットとデメリット対策も解説
第二新卒・既卒・フリーターのIT未経験者向けにITエンジニアへの研修と就職のサービスが受けられるスクールを比較検討しながらITエンジニアを目指す方法やメリット、さらにはデメリット対策などを詳しく解説しています。

ホワイト企業を目指すあなたへ



当サイトでは「ホワイト企業」について色々な角度で解説しながら、「ホワイト企業の見分け方」や「ホワイト企業就職へのヒント」となる様々な記事を発信しています。

しかしこれらの記事の中で何度も繰り返していますが、多くの優れたホワイト企業は「単に仕事が楽」な会社というわけではありません。

「ホワイト」と呼ばれる多くの企業は、優秀な人材(人財)を採用し活用するために「働き方改革」に真剣に取り組み

・ワークライフバランス(仕事と生活の調和)

・多様な働き方(テレワークやフレックスタイム制)

などで働きやすい環境を提供しており、「長く働くことができる企業」「社員を大切にする企業」へと変貌(へんぼう)を遂げています。

このような環境では日々の業務を通じて仕事にやりがいを感じられて充実度がアップするほか、待遇やスキル更には人物的にも一流になれる可能性が高まります。

読者の皆さんも「ホワイト企業で働きたい!」という気持ちが少しでも湧いてきたなら、このサイトをチェックしながらまずは第一歩を踏み出してみてください。

ホワイト業界とブラック業界について

ホワイト業界を解説

ホワイト業界かどうかを知るには

「参入障壁が高い」
「新規参入が困難」
「認可制の高いハードル」

などが目安になると言われています。

この様な業界はいずれも市場が寡占化(ごく少数の企業が独占する状態)しているのが特徴です。

寡占化状態になると企業は厳しい競争にさらされなくなるので、利益率が高くなり倒産リスクも低くなります。

また社員レベルでも「営業ノルマ不要」「平均給与が高い」など好待遇な条件となります。

一般的にこのような業界は次のような

物流業界、医薬品業界、インフラ業界(電力・ガス)、化学メーカーや素材メーカー(鉄鋼・鉱業・金属)、大学職員・公務員など

 
と紹介されています。

激変するホワイト業界

昨今のコロナ禍などを想像すれば分かるかと思いますが、現在はごく短期間で経営環境が激変する変化のスピードが非常に速い時代になっています。

先ほど紹介した「ホワイト業界」の中にも現在は経営環境の激変により厳しい競争に晒され始めている業界もあります。

・物流業界(船・飛行機・鉄道など)
キャリアと呼ばれる輸送手段(船・飛行機・鉄道など)を保有しているので巨大な資本が無いと新規参入できません。
しかし物流業界は今回のコロナウイルスの影響で「ヒト・モノ」の流れが止まったため甚大な打撃を受けており、大変厳しい経営環境となっています。

・医薬品業界
医薬品業界は研究費などが莫大にかかるため参入障壁が高く安定した業界と言われていましたが、国内の医薬品市場の縮小を背景に成長性が鈍化しており収益力に陰りが見えています。
こうした状況を打破するために大手から中小に至る各社で海外企業の買収や人員削減(リストラ)など大規模な業界再編が行われています。

・インフラ業界(電力・ガス)
一般的に電力・ガスといったインフラ業界は参入障壁が高いことからホワイト業界として知られています。
しかし、2016年電力小売り全面自由化さらには17年にはガスの小売りも全面自由化されたことによって電力・ガス事業者が入り乱れて競争が激化していますし、電力業界では原発再稼働も見通すことができず依然不透明な状況が続いています。
また地球環境問題から再生可能エネルギーの普及も進むとみられており、今後電力・ガス業界は大きく様変わりしていくとみられています。

ブラック業界を解説

「長時間労働」「休みが不規則」「低賃金」「厳しいノルマ」などの要因が複合しがちな業界を一般的にブラック業界と呼ぶケースが多いです。

・不動産・建設業界
ブラック的要素
「不動産はノルマ、建設は納期に追われがち」
不動産も建設も長時間労働や休日の少なさが問題ですが、不動産は営業ノルマを達成するために、建設の場合は納期を守るために手段を選ばなくなりがちです。

・人材サービス業界
ブラック的要素
「過酷すぎる仕事が離職率を高めている場合も」
ここ数年、有効求人倍率が右肩上がりでマーケットは活況ですが、その分競争も激化しています。
過酷な労働を強いる企業もあるよです。
離職率が高めなのもブラックと言われる要因となっています。

・IT業界
ブラック的要素
「仕事丸投げの多重的な下請け構造が問題に?」
業界の慣習として多重的な下請け構造があり、下流に行くほど利益が低く労働条件が悪くなります。
こうした事がもとになり「IT土方」と言う言葉も生まれてしまいました。

・小売り業界
ブラック的要素
「営業時間以外にも業務が発生しがち」
店舗の販売員は、営業時間中の接客に加えて営業時間外の裏方的な作業も発生するため勤務時間が長くなりがちです。
土日に休めないのもイメージを悪くしています。

・卸売業界
ブラック的要素
「従来の顧客が競争相手になってしまった」
物流革命によって生産者と小売りの直接取引が盛んになったため、商材によっては競争が激化し営業の負担などが増えています。

・飲食業界
ブラック的要素
「人手不足などから労働時間が長くなりがち」
店舗では営業時間外にも準備や片付け等があるほか、慢性的な人手不足から労働時間が長くなりがちです。

結論

ホワイト業界とブラック業界について代表的な例を挙げましたが、いわゆるブラック業界の一部の企業では「ブラック」との指摘を受けたことから、働き方改革に真剣に取り組み「社員を大切にするホワイト企業」へと生まれ変わった例もあります。

じっくりと業界研究・企業研究をせずに
「あの業界はブラックだからやめておこう」
「ホワイト業界しか就職したくない」
と言った先入観はあまり持たないようにして、様々な情報を得ながらあなた自身が飛躍できる可能性を探るようにしましょう。

ブラック企業とは?

 
案内人

当サイトでは「ブラック企業を見抜くポイント」もまとめています

ブラック企業の定義

ブラック企業とは
膨大な業務量や猛烈なプレッシャーや上司からのパワハラなどで冷静な判断力を失わせ、逃げ場がない状態で長時間社員働せざるをえない状況に社員を追い詰める組織の在り方
男性

「労働条件が過酷で、過度な労働搾取が行われている企業」という言い方もできます

ブラック企業の見分け方一覧

    • 募集内容に残業代が「固定」と記載
    • 残業時間に上限がある
    • 給与が業界他社に比べて高すぎる
    • 入社3年以内に裁量労働制
    • 新卒入社3年後離職率
    • 従業員数と採用実績数の比率
    • 離職率や有休消化率が非公開
    • 休日数が少ない
    • 社員の平均年齢が30歳前後
    • 福利厚生が充実していない
    • 「働き方改革」や「女性社員活用」などに関連する制度改革を積極的に取り組んでいない
    • 社歴が浅いにもかかわらず積極的に人材募集をしたり頻繁に社名変更を繰り返している
    • その他
      • 過去に重大な労災事故(過労死・過労死自殺など)を起こしている
      • 赤字経営が続いている
      • 過去に希望退職やリストラを実施している
      • 障碍(がい)者者雇用が法定雇用率以下(法定雇用率=平成30年4月1日より2.2%)
などもブラック企業であるかどうかを見極める目安になります。

オススメのブラック企業対策記事

ブラック企業見極め
≫ブラック企業を見極めるポイントとは?/対策手順や脱出方法も解説します
「ブラック企業を見極めるポイントとは?」「働いている会社がブラック企業だと分かった場合はどうしたらいいの?」ブラックな環境での対策手順やブラック企業からの脱出方法などを詳しく解説しています。