真のホワイト企業とは?

日本企業は1991年のバブル景気崩壊から2008年のリーマンショックを乗り切る過程で様々な経営革新を行ってきましたが、多くの企業が「コスト削減」に比重を置く経営方針を選択してきました。

その結果、一部の企業ではコスト削減のためにリストラ(希望退職・早期退職・解雇など)を始め強引に人件費を減らそうとする企業風土が生まれ、社員にサービス残業で長時間労働・過重労を強いたりハラスメント(嫌がらせ・いじめ)が横行するいわゆる「ブラック企業※1」が登場したのです。(※1…ブラック企業とは膨大な業務量や猛烈なプレッシャーや上司からのパワハラなどで冷静な判断力を失わせ、逃げ場がない状態で長時間社員働せざるをえない状況に社員を追い詰める組織の在り方)

しかし一方で、過労死が大きな社会問題として取り上げられたり出生率の低下による生産年齢人口(15~64歳)の減少などが問題視され始めたことから「ワークライフバランス(仕事と生活の調和)」「ダイバーシティー(多様な人材の積極的活用)」など働き方を見直す取り組みが始まりました。

そして最近では長時間労働の是正が経済成長につながり少子化対策にもなるとの考えから、2016年8月第3次安倍第2次改造内閣で「働き方改革担当大臣」が新設され、いよいよ国を挙げて長時間労働是正の動きが加速し始めました。

こうした時代背景の中で労働力は人財であり希少な経営資源であることに気付いた企業は、優秀な人材(人財)を採用し活用するために働き方改革に真剣に取り組み「社員を大切にする会社」へと変貌を遂げました。そうした企業が「ホワイト企業」と呼ばれるようになったのです。

ただしホワイト企業とは単に「ホワイト=仕事」が楽ということではありません。真のホワイト企業とは

  • 「平均残業時間」が少ない
  • 「新卒社員や女性社員の離職率」が低い
  • 「有休消化率」「待遇面の満足度」「法令順守意識」「男性社員の育休取得率」などが高い
  • 「福利厚生」「研修・教育制度」が充実している
  • 「勤務地」「勤務時間」などで多様かつ柔軟な制度を導入している

などの項目を達成している企業といえるでしょう。

しかしこれらの項目を達成するためには、企業として生産性の向上が不可欠となりますので、当然社員一人一人が集中して短時間で効率よく業務をこなすことが求められますし、企業側はコーポレートガバナンス(企業統治)を強化して社員の役割分担を明確にし多様な働き方で会社に貢献できる環境作りが必要となります。

このように真のホワイト企業への変革に取り組むことにより、結果的にグローバル市場において高い競争力を持ちつつ働き方改革の最前線を走る業界のトップランナーとなり得ますし、これこそが多くの日本企業とそこで働く社員が目指すべき道ともいえるのです。

このサイトではホワイト企業(ホワイト業界)への就職・転職を目指しそして自分なりの働く意義を見出したり自分なりの働き方改革を実現しようとする全ての方々へ、「ホワイト企業・業界」「ブラック企業・業界」関連情報や「就活・転職」情報を始め、近年政府主導で推進されている「ワークライフバランス」「働き方改革」など労働関連の情報に加え「法制度・行政関連ニュース」「働き方のノウハウ」など「働く」に関する様々な情報を発信していきます。

ホワイト企業ランキング常連企業~超まとめ~

ホワイト系企業ランキング記事特集一覧

ホワイト系①…新卒20代社員限定ホワイト企業ランキング2017
ホワイト系②…業界別ホワイト企業ランキング2017
ホワイト系③…ホワイト企業ランキング-トップ10-(人材活用・少残業時間・有休取得・育休取得率)
ホワイト系④…「幸せな会社」ランキング-TOP30-(2017年版)
ホワイト系⑤…3年後定着率の高い会社
ホワイト系⑥…社会人がオフィスに憧れる企業
ホワイト系⑦…働き方改革を実現するために先進的な働き方を実践している企業
ホワイト系⑧…健康経営銘柄2017
ホワイト系⑨…健康経営銘柄2018
ホワイト系⑩…投資家から注目されている働き方改革注目銘柄

各種ホワイト企業ランキング記事内で複数のランキングから高い評価を受けている企業は、より理想のホワイト企業である可能性が高いと考えて横断的に比較しながら一覧表にまとめています。

この一覧表をみれば様々なホワイト企業ランキングで多角的に評価されている「真のホワイト企業はどの企業か?」が見えてくるのではないでしょうか。

複数のホワイト企業系ランキングで評価を受けている企業一覧表

ホワイト系① ホワイト系② ホワイト系③ ホワイト系④ ホワイト系⑤ ホワイト系⑥ ホワイト系⑦ ホワイト系⑧ ホワイト系⑨ ホワイト系⑩
SCSK
伊藤忠商事
カルビー
ヤフー
ソフトバンク
トヨタ自動車
ダイキン工業
日本航空
ローソン
大和証券
グーグル
案内人

いかがでしたでしょうか?更に詳しい内容について確認したい方は下の各記事も参考にしてみてください。

ホワイト系①…新卒20代社員限定ホワイト企業ランキング2017
ホワイト系②…業界別ホワイト企業ランキング2017
ホワイト系③…ホワイト企業ランキング-トップ10-(人材活用・少残業時間・有休取得・育休取得率)
ホワイト系④…「幸せな会社」ランキング-TOP30-(2017年版)
ホワイト系⑤…3年後定着率の高い会社
ホワイト系⑥…社会人がオフィスに憧れる企業
ホワイト系⑦…働き方改革を実現するために先進的な働き方を実践している企業
ホワイト系⑧…健康経営銘柄2017
ホワイト系⑨…健康経営銘柄2018
ホワイト系⑩…投資家から注目されている働き方改革注目銘柄

ブラック企業を見抜くポイント~総まとめ~

案内人

当サイトで今までに調べた「ブラック企業を見抜くポイント」をまとめてみましたので参考にしてみてください

◆募集内容に残業代が固定と記載

固定残業代制を採用している企業(中堅・中小ベンチャー系企業に多い)は超過分残業代の支払いを回避して見かけ上の給与を水増しして長時間労働させる可能性があります。

◆残業時間に上限がある

月の残業時間上限を設けている場合、上限を超過した残業分は申告できないと勘違いさせるケースがあります。

◆給与が業界他社に比べて高すぎる

高い給与を支払わないと従業員が定着しない業務実態である可能性があります。

◆入社3年以内に裁量労働制

これは専門性の高い特殊な職種を除くと入社間もない若手社員が裁量のある業務につくケースはほとんどないため、事実上の固定残業代制と同じことになります。このパターンは大企業に比較的多い傾向があります。
(裁量労働制…実際に働いた時間ではなく成果が重視し報酬を決める働き方)

◆新卒入社3年後離職率

平均は30%前後なのでそれ以上なら要注意といえます。

◆従業員数と採用実績数の比率

従業員数の割に採用実績数が多い企業は、離職を前提にして大量採用している可能性があります。

◆離職率や有休消化率が未公開

このような情報開示を不利と考え非公開にする企業はブラック企業である可能性があります。

◆休日数が少ない

法定上の休日は「週に1日または4週間に4日」であれば問題ないとされていますが、同じ給与額でも年間休日が120日の会社と100日の会社で働くのでは時給換算すると大きな差額が発生しますので、会社の「年間休日数」は是非ともチェックすべきでしょう。

◆社員の平均年齢が30歳前後

特に企業の歴史が比較的長いのにもかかわらず社員の平均年齢が若い場合は注意が必要です。中堅社員のリストラが何度も行われている可能性や、また社員の年齢構成がいびつになり若手社員に過度な負荷がかかったりすることも考えられます。逆に若手の従業員がほとんどいない場合は若い従業員が定着しない何らかの理由があることがあります。

◆福利厚生が充実していない

「法定福利」(雇用保険・労災保険・健康保険・厚生年金保険・介護保険など)はもちろんですが、「法定外福利」(社宅、住宅手当、育児支援、社員食堂、社員優待など)の充実度も一つの目安になります。これらを疎か(おろそか)にする企業は「社員を大切にしない企業」=「ブラック企業」ともいえます。

◆「働き方改革」や「女性社員活用」などに関連する制度改革を積極的に取り組んでいない

短時間勤務制度・フレックスタイム制度(勤務時間を柔軟に変更できる)・テレワーク(会社外での仕事を認める)などの多様な働き方を可能にする制度が整っていない、男性社員の育休取得率が低い、女性管理職の割合が低い、などに該当する企業は人材活用に対する意識が希薄(きはく)といえます。

◆社歴が浅いにもかかわらず積極的に人材募集をしたり頻繁に社名変更を繰り返している

違法もしくは非倫理的な内容の商品やサービスを提供していて、その規制から逃れたりイメージダウンを避けるため、頻繁に社名変更をするケースがあります。

◆その他

  • 過去に重大な労災事故(過労死・過労死自殺など)を起こしている
  • 赤字経営が続いている
  • 過去に希望退職やリストラを実施している
  • 障害者雇用が法定雇用率以下(法定雇用率=平成30年4月1日より2.2%)

などもブラック企業であるかどうかを見極める目安になります。

案内人

いかがでしたか?以上のような項目のデータは『就職四季報』(東洋経済新報社)である程度調べることができますので、応募を検討している企業・興味のある企業は一度調べてみるとよいでしょう

就職四季報 総合版

欲しいのは「宣伝」じゃない、「ホント」の情報!
掲載料をもらわず客観・中立的な立場で制作しているので、
会社が出したがらない「離職率」や「有休取得状況」なども掲載。
イメージだけでは見えてこない会社の全容がわかります。

採用実績、有休取得状況、離職率、待遇など人事に直接聞きづらい情報が盛りだくさん。
インターンシップを含む最新の選考情報から採用人数・配属先まで徹底調査。
業界・企業選びから選考対策まで、「企業研究」はこの1冊でバッチリ!
すべての就活生に送る先輩イチオシの「就活バイブル」です。

おすすめ就活サイト一覧

就職サイト(総合型)

就職サイトの中で最も定番で利用されるのが総合型の就職サイトです。あらゆる業界で大手企業や優良企業が多く掲載されているのが魅力です。合同説明会やフェアなどにもエントリーできるので複数のサイトへ登録しておくのがベターです。

就職サイト(総合型)特徴
リクナビ2019業界最大級の27000社以上を掲載
マイナビ2019業界最大級の20000社以上を掲載
キャリタス就活201915000社以上掲載、就活情報が充実
朝日学情ナビ20192500社以上掲載、適職診断テスト(エニアグラム)が好評

就職エージェント

就職エージェントは就職活動をトータルで支援してくれるサービスです。就職サイトの場合は就活生と企業が直接やり取りを行いますが、就職エージェントの場合は就活生と企業との間に人材サービス会社が仲介し、「キャリアカウンセリング」「企業紹介」「履歴書やエントリーシートの添削」「面接対策や模擬面接実施」までを無料でプロのキャリアコンサルタント(アドバイザー)にサポートしてもらうことができます。

就職エージェント型特徴
type就活エージェント情報誌・イベント・個人向け就職支援サービスを展開
リクナビ就職エージェント専任のアドバイザーがキャリア相談を通して直接求人を紹介
就職エージェント就職相談から履歴書・志望動機・添削など内定獲得まで全面サポート
meets company(19卒)プロのリクルーターによる企業と学生のマッチングを重視した紹介や各種イベントを開催
キャリアチケット約60,000名の就職支援経験を持つ専任アドバイザーが内定獲得まで個別サポート(※対象エリア…東京、神奈川、埼玉、千葉)
キャリセン就活エージェント10年の採用コンサル歴をほこり企業のホンネを熟知した業界屈指のエージェント型就活サイト

就活の情報収集、新しい就活支援サービスのサイト

就職活動は、自己分析・業界研究・会社研究・ES作成・面接対策などやるべきことが沢山あります。しかも新卒での就職はやり直しがきかないので、様々な就活支援サービスを活用して限られた時間内で効率的に情報やノウハウを集めて活動していくことが重要となってきます。

就活支援サイト特徴
就活オンライン業界・職種をきめ細かく管理して「適合性が高く」「満足して働ける」就職先を提供
みんなの就職活動日記
掲載企業数29000社以上の日本最大級クチコミ就職サイト
Future Finder心理統計学に基づく就職特化型の診断サイト
クチコミ就職活動会社のリアルな評判が満載で注目の就活クチコミサイト
キャリアパーク就活・転職・ビジネススキル・ビジネスマナーなど様々なコツが詰まった日本最大級の情報サイト
ビズリーチ・キャンパス
同じ大学出身の先輩に話を聞ける大学別OB・OG訪問ネットワークサイト
就活ノート就活生が就活において体験したことがリアルな情報全てが記事として掲載
俺の就職活動会社のリアルな評判満載!No.1就活クチコミサイト
ねっとで合説
動画で始める新しい就活の形!動画で企業の雰囲気が理解でき、合同説明会にいかなくても企業のことがわかるお手軽就活ナビサイト
キミスカ

就活生のプロフィールを企業の人事採用担当者が確認して気になった学生にスカウトのアプローチをする「逆求人型」の就活サービスサイト

おすすめ転職サイト一覧

転職エージェント

転職エージェントは転職活動をトータルで支援してくれるサービスです。転職エージェントだと、求人情報の紹介から履歴書や職務経歴書等の選考書類作成時のアドバイス、面接日の調整、採用条件・入社日のすり合わせまで無料でサポートしてくれるアドバイザー(キャリアコンサルタント)がつくので、転職活動に専念できる大きなメリットがあります。

転職エージェント名特徴
リクルートエージェント一般公開している求人はもちろん、業界最大級の「10万件以上」の非公開求人を取り揃えている転職支援実績NO.1サイト。
DODA
転職希望者と企業を多岐にわたる手段でマッチングするサービスが人気です。転職のプロがユーザーの希望に合った非公開求人を紹介する[エージェントサービス]と企業から直接オファーが届く[スカウトサービス]に定評があります。
パソナキャリア
専任キャリアアドバイザーの能力の高さと徹底した一貫サポートが充実の転職エージェント
マイナビエージェント業界職種に精通したキャリアアドバイザーからの転職活動情報や転職ノウハウなどの情報提供を受けられる転職エージェント(若手転職に強み)
GEEKLYIT・WEB・ソーシャルゲーム業界を専門とした転職支援サービス
ビズリーチ管理職・グローバル人材向け国内最大級の会員制転職サイト
アイデムスマートエージェント40年以上になる人材業界の老舗で500名超の法人営業部隊が仕事情報を開拓
キャリアカーバー(CAREERCARVER)ヘッドハンター数600名、年収600万円以上の求人数6000件以上。ハイクラス専門の転職エージェント
ランウェイ完全女性向けの求人情報、お仕事探しのプロ(コンシェルジュ)が面接~入社後まで全面サポート
クライス&カンパニー米国CCE認定GCDFキャリアカウンセラー資格を持つプロのキャリアコサルタントが転職を支援。マネージャークラス以上の非公開求人多数。
ランスタッド世界最大級の総合人材サービス会社。日本国内に117拠点、IターンUターン歓迎の求人も多数。経験豊富なプロのコンサルタントが多数在籍して初めての転職にも親身なサポートを提供。
ワークポート転職相談実績25万人、常時15000件以上の求人を保有した総合転職エージェント。「IT業界」「ゲーム業界」「エンジニア」「クリエイター」に強みあり。

転職サイト

転職サイトは一般的にWEBサイトを通じたサービスで、様々な業界・職種の求人が掲載されており、自由に検索や閲覧が可能です。また独自の特色ある支援サービスを利用して限られた時間内で効率的に情報やノウハウを集めることもできます。このようなサービスを活用したうえで求人情報を比較・検討し手軽に求人へ応募することができます。

転職支援サイト特徴
リクナビNEXT

全国の求人情報を勤務地や職種、スキルや資格などから検索でき、転職ノウハウや転職活動体験談等、転職成功のヒント満載の「実績No1」求人/転職サイト。
MIIDAS(ミーダス)
インテリジェンスの新しい人材サービス。優良企業7000社にユーザーのキャリア(価値)を公開して、自分の市場価値が高い時の転職が可能。
ワークゲート
スピーディな採用を実現を支援する総合求人サイト。全国10万件以上の正社員・バイト・派遣の求人情報を掲載。
キャリコネ年収・給与レポート、口コミ・評判レポート、面接体験レポートなどの情報サービスに定評がある転職支援サイト。
転職ならシゴト.in「大手求人情報サイト」から「ハローワーク」まで、登録件数40万件超!で様々な業種、職種、エリアの求人情報が探せるメガ転職サイト。
無料!転職力診断テスト@type@type会員約13万人分の転職データをもとにtype転職エージェントのクアリアアドバイザー監修のもと開発された無料の転職力診断プログラムです。内定社数・適正年収などを転職力を無料で診断してくれます。

おすすめ第二新卒・既卒向け就職サイト一覧

第二新卒・既卒・フリーター専門就職サイト

既卒・第二新卒・フリーターの方は短期離職の経験を持つ方が多いことから次の就職活動への不安が大きいこともあり、新卒の就活とは全く違うノウハウが必要となります。そこで正社員を目指している第二新卒・既卒やフリーターの方向けに「履歴書の作成方法」や「面接対策」を始め様々ななサポートを行ってくれる専門の就職サイトを活用することが就職成功への近道となります。

第二新卒就職サイト特徴
DYM就職
既卒・第二新卒向けの就職サービス。100%正社員求人・書類選考スキップで最短1週間で入社も!フリーターでもOK!
いい就職.com
登録者17万人で日本最大級、既卒・第二新卒専門正社員就職支援サイト。いい就職プラザは全国4拠点「東京・大阪・名古屋・横浜」にあります。
マイナビジョブ20's20代に特化した転職支援(人材紹介)サービスです。20代の転職市場を熟知したキャリアアドバイザーが、一人一人の求職者を担当し、入社までをサポート。
第二新卒エージェントneo
1人あたり平均10時間の手厚いサポートが特長です。
スタッフは全員第二新卒。豊富な経験を持つキャリアアドバイザーが就職・転職希望者の将来像や希望・適性を踏まえた上で最適の求人を紹介してくれます。
ハタラクティブ
ハタラクティブでしか紹介できない非公開求人が多数あります。紹介される求人募集はコンサルタントが実際に足を運んだことのある職場なので、適切な求人を紹介してもらえます。
Aidem Smart Agent
25万社以上との取引実績がある求人広告専門会社アイデムが運営するエージェント。他社にはない独自案件が多数あるのが強みです!
ウズウズカレッジ
20代の既卒、第二新卒、フリーターに対して完全無料でビジネスマナーや実務に直結する体験をしながらも4週
間以内に内定を獲得できる画期的なサービス
ウズキャリ第二新卒既卒・第二新卒・フリーター、ニートの内定率83%以上。キャリアカウンセラー全員が元第二新卒・既卒・フリーター。ブラック企業を徹底排除しています。

おすすめの資格取得サイト一覧

オンライン英会話

スクール名特徴
ネイティブキャンプ
◆業界初の定額レッスン無制限(レッスン単価最安値!)
◆オンライン英会話で1番面倒な「予約」が不要
◆いま登録すれば1週間すべてのレッスンが無料!
◆専用アプリ(iOS)でスマホ・タブレットからもレッスン可、またSkypeのインストールは不要
Bizmates(ビズメイツ)
◆ビジネス英会話特化型で生きたビジネス英語が学べる
◆「ビジネス経験者」のハイレベルなトレーナー
◆オンライン英会話に最適化された「独自メソッド」
◆日本人ビジネスパーソンのために開発された「オリジナル教材」による高品質なレッスン
産経オンライン英会話
◆約1,200種のレベル別・目的別オリジナルテキストが《無料》で利用可能。
◆中級までのテキストはすべて日本語訳併記で初心者の方も安心。
◆「日常英会話」「ビジネス英会話」の他、「中学校教科書準拠テキスト」、接客業向け「職業別英会話テキスト」もご用意。
◆「発音自習教材」ネイティブスピーカーによる、カリキュラムテキストの音声ファイルも追加料金なしで利用可。