【転職者/就活生におすすめ】女性向けホワイト企業ランキング~女性が働きやすいのはどの会社?~

女性の就職・転職・再就職について~女性活躍推進の時代~

政府の打ち出した「働き方改革」では女性の活躍促進を打ち出していることや、近年人手不足が急速に深刻化していることから、働き手としての女性の存在感が高まってきました。

 

そして各企業でも今後は女性の活躍が不可欠という認識が広がっています。

 

解説:女性活躍推進
女性活躍推進とは働く場面で活躍したいという希望を持つすべての女性が、その個性と能力を十分に発揮できる社会を実現するための一連の施策のこと(Wikipediaより)

 

この記事では転職・就活などを考えていたり準備を始めている女性向け

 

  • ホワイト企業の見分け方
  • 女性が転職や就活する時の3つの注意点
  • 働く女性のためのホワイト企業ランキング

 

などの情報を解説していますのでこの記事を読めば

 

  • 女性が活き活きと活躍できる職場はどのような環境なのか?
  • 「女性に優しい会社」や「女性向けホワイト企業」とはどのような会社なのか?
  • 女性向けの「転職サイト」「就活サイト」はどのようにして選べばよいのか?

 

などがわかります。

 

是非あなたの仕事選びサイト選びのヒントにしてください。

 

▼気になるところまで移動▼

ホワイト企業の見分け方~総まとめ~

 

案内人

最初に「どのような会社が女性にとって働きやすい会社なのか?」など知りたい方へ向けに「ホワイト企業の見分け方」から解説します

 

ホワイト企業の見分け方一覧

  • 「平均残業時間」が少ない

  • 「新卒社員や女性社員の離職率」※「3年後離職率」などが低い

ポイント
※「3年後離職率」でみると、厚生労働省が毎年公表している大学新卒者の平均値は30%前後なので、これを基準に各企業の離職率の高さが判断できます。

 

  • 「有休消化率」「待遇面の満足度」「法令順守(コンプライアンス)意識」「男性社員の育休取得率」などが高い

  • 「福利厚生」「研修・教育制度」が充実している

  • 「勤務地」「勤務時間」などで多様かつ柔軟な制度を導入している(「フレックス」「リモートワーク・テレワーク」「ワークシェアリング」など)

(リモートワークに特化した転職サイト:»リモートビズ※エンジニア・デザイナー向け、≫ReWorks(リワークス)※幅広い仕事有り、»ママワークス※主婦・ママ向け)

  • ユニークかつ機能的なオフィス環境を整備している

  • 法定雇用率以上の障がい者を雇用している

参考
※障がい者雇用の「法定雇用率」=平成30年4月1日より2.2%→令和3年3月1日から2.3%へ

 

(障がい者のための転職・就職支援サービス:»dodaチャレンジ»障害者雇用バンク»障がい者転職エージェント【Agent-Sana】

  • 女性社員育児支援に積極的である(「育児復帰支援」「社内託児所設置」「男性の育休取得促進」など)


以上のような項目を多く取り入れている企業は、働き方改革により様々な働き方を促進することで、生産性を高めて長時間労働削減に努めながら多様な人材を活用することを真剣に取り組んでいる「ホワイト企業」といえるでしょう。

 

また、その他に参考にしたい項目としては

 

  • 過去に希望退職も含めて「リストラ」を行っていない
  • 重大な労災事故を起こしていない
  • 黒字経営

 

などがあります。

 

案内人

という視点に立てば
「平均残業時間」「有休消化率」「男性社員の育休取得率」「女性社員育児支援」「フレックス」「テレワーク」「ワークシェアリング」など働き方改革ワークライフバランス関連の項目に注目しましょう

ホワイト企業への就活・転職を目指すべき4つの理由

解説:ホワイト企業への就活・転職を目指すべき4つの理由とは?

  • 成功のチャンスが多い

    通常、ホワイト企業では事業が拡大・成長していきますので、成果を上げるチャンスが増えるほか仕事にやりがいを感じる可能性も高まって、結果的に成功するチャンスが多くなります。

  • 待遇(年収・福利厚生・研修制度など)が良い

    普通の企業よりもホワイト企業の方が一般的には平均年収も高くなるほか、企業年金・社宅などをはじめ柔軟な勤務体系や各種休暇制度などの福利厚生や研修制度・人材育成システムなどが充実しています。

  • 自分自身を向上させる機会が増える

    ホワイト企業には比較的優秀な人材が集まってくることから、仕事を通じて一流の仕事の仕方や考え方を吸収して自らのレベルを向上させる機会が増えます。

  • 健康的に継続して働くことができやすい

    劣悪なブラック環境では「過度なノルマや猛烈なプレッシャー」「サービス残業の強制」「パワハラ・セクハラ」などで疲弊してしまい、最悪の場合は心身の健康を害してしまうかもしれませんが、ホワイト企業ならば健康的に継続して働くことができやすくなります。


キャリア形成や人生設計またワークライフバランス実現などの点からもホワイト企業で働くことのメリットは計り知れません。

 

しかし当然就職人気も高く「狭き門」なので(ばくぜん)と転職活動や就活をしていればホワイト企業への入社は困難です。

 

そこで転職サイト(【例】≫リクナビNEXT≫ミイダス≫キャリトレ≫キャリアインデックス)の検索機能を活用してホワイト企業を効率よく探しだしたり、エージェントから適切なアドバイスをもらったり、口コミサイトの情報をチェックするなどしてあなたの希望する就職に結びつけることがとても重要になります。

女性が就職・転職・再就職する時の3つの注意点

①ライフイベントのタイミング

女性の場合は特に「結婚」「出産」「育児」といった人生のライフイベントをキャリアの中にどのように織り込んで(おりこんで)いくか?が大切になります。

 

例えば就職先の育児支援制度の充実度合(産休・育休・時短勤務制度など)は事前に確認しておくべきです。

 

また、出産を機に離職して仕事のブランクがある方は研修制度がしっかりしている再就職先を紹介してもらうことが望ましいでしょう。

 

男性

育児支援制度の充実度合(産休・育休・時短勤務制度など)や研修制度などはあとで解説する「詳細な検索機能」が使える転職サイト(【例】≫リクナビNEXT)で確認できます

 

②自己PR・面接対策や服装・メイクなど

  1. 自己PR出産を機に前職を退職してからブランクがある場合の自己PR文章の書き方
  2. 面接対策「いざとなったら専業主婦になればいい」といったような仕事に対する甘さが透けて出てしまわないような面接の受け答え方
  3. 服装・メイク就活・転職活動・再就職活動時に気を付けたい服装やメイクの仕方

など女性ならではの注意点があります。

 

男性

自己PR・面接対策や服装・メイクなどのアドバイスはあとで解説する「エージェントサイト」で受けることができます


(【転職エージェントの例】≫リクルートエージェント≫マイナビエージェント≫パソナキャリア≫dodaなど)
(【就活エージェントの例】≫Meets Company(エージェント)≫ハローナビ就活≫キャリアチケット≫キャリセン就活エージェントなど)

 

③いわゆるハラスメントから自分を守ること

職場上での

  • パワハラ(上の立場を利用して精神的・身体的苦痛を与える言動)
  • セクハラ(性的嫌がらせ)
  • モラハラ(言葉や態度による精神的な暴力)

 

などの「ハラスメント行為」が横行する職場(=ブラック職場)は避けなければなりません。

 

女性、非正規雇用などの方はどうしてもこのようなハラスメントの被害を受けやすい状況になりますので事前の情報収集が大切になります。

 

男性

「ハラスメント行為」が横行する職場(=ブラック職場)を避けるにはあとで解説する「口コミサイト」でチェックしてみましょう


(【口コミサイトの例】≫転職会議≫Lighthouse(ライトハウス)≫OpenWork(オープンワーク)など)

 

女性が働きやすい会社を目指して転職活動や就活を始めるときには、これらの注意点を頭に入れながらアクション(活動)をおこしていきましょう。

 

【女性が働きやすい会社を探している向け】おすすめの転職・就活サイト選びのポイントについて

 

案内人

次に女性向け転職・就活サイト選びのポイントをコンパクトに説明しますので、あなたに合ったサイトを見つけるときの参考にしてください

 

ホワイト企業を効率よく探し出して転職・就活へ結び付けたい場合は次の3つのコツをおさえておきましょう。

 

  1. 「詳細な検索機能」が使えるサイト
  2. エージェントサイト
  3. 口コミサイト

 

では順番に解説していきます。

ホワイト企業を効率よく探しだして就職に結びつける3つのコツを解説

①「詳細な検索機能」が使えるサイトを利用する

転職・就活サイトを活用すると、ホワイト企業の条件である

 

  • 離職率
  • 月平均残業時間
  • 有休消化率
  • 育休取得率
  • フレックスタイム制

 

などを満たすホワイトな会社の情報を手に入れることができます。

 

さらにほとんどのサイトでは「適職診断」「自己分析」などの便利なツールも利用できます。

 

【例】オススメの転職サイト≫リクナビNEXT

 

男性

リクナビNEXTの詳細な検索条件機能「人気のこだわり条件」の検索画面サンプルを解説します

 

「月平均残業時間20時間以内」「フレックス勤務OK」

↓クリックで拡大

 

「離職率5%以下」

↓クリックで拡大

 

このような感じでホワイト企業の条件である様々な項目をチェックして気になる会社を選び出すことができます。

 

▶日本最大級の求人データベース!転職を考えたら先ず登録すべき「業界No1」求人サイト
リクナビNEXT


自分の強みを分析できる「グッドポイント診断」
・グッドポイント診断はリクルートが持つ独自のノウハウを活かして開発した約30分でできる本格診断サービスです。
・診断結果はリクナビNEXTでの応募時に添付できるので、応募時に自分の強みを伝えることが可能です。
・面接対策用のセルフチェックに使ったり、診断結果に絡めて自分らしい強みが伝わる経験談を話すなど様々な面接前の準備に活用して好印象を得る転職者も多いです。


詳細な検索条件機能「人気のこだわり条件」
豊富な検索条件が使えるので自分にあった条件や希望する条件(例えば「リモートワーク」「女性が活躍中」など)で求人を絞り込むことが可能です。さらに検索して魅力を感じた企業を「気になる」(※会員限定機能)に登録すればその企業からあなたの元に連絡がくる場合があります。

求人のオファーが転職の可能性を広げる
2万社以上のオファー利用企業や400社以上の転職エージェントから掲載求人だけでなく非公開求人の紹介オファーも受け取ることができます。

特長①特長②特長③
独自の高精度AIによるオススメ求人新着情報を逃さないリクナビNEXTアプリ豊富な求人特集(地方・女性・第二新卒など)
  • わずか5分で登録
  • 簡単3ステップ


無料
会員登録はこちら

リンク先:https://next.rikunabi.com/

求人・転職情報満載!【毎週水・金曜更新】会員限定サービスで転職を強力にサポート

【人気の転職サイト一覧】

転職支援サイト特徴
≫リクナビNEXT
全国の求人情報を勤務地や職種、スキルや資格などから検索でき、転職ノウハウや転職活動体験談等、転職成功のヒント満載の「実績No1」求人/転職サイト。
≫ミイダス優良企業7000社にユーザーのキャリア(価値)を公開して、自分の市場価値が高い時の転職が可能。
≫キャリトレサイトを使い込んでいくと人工知能がより精度の高い求人をオススメしてくれたり(レコメンド精度向上)、経歴情報を充実させるとプラチナスカウトを受け取ることができる20代向け転職サイト。
≫キャリアインデックス有名大手転職サイトや人材紹介会社、ハローワークの求人など国内の求人をまとめて掲載している日本最大級の転職サイト。WEB履歴書作成や年収査定などの転職に役立つコンテンツも豊富です。

【えるぼしとくるみんについて】

最近注目されている「えるぼし」(女性の活躍推進)と「くるみん」(仕事と子育ての両立支援)の認定企業も検索できるサイトも増えてきています。

【えるぼしマークとくるみんマーク】

 

≫「えるぼし」(女性の活躍推進)と「くるみん」(仕事と子育ての両立支援)の解説記事はコチラ

 

②エージェントサイトの専任キャリアアドバイザーに相談したりアドバイスをもらう

エージェントサイトには企業の採用・人事担当者と連絡を密にして積極的に情報を得ている「専任のキャリアアドバイザー」が在籍していますので、あなたが目指している企業・業界は

 

  • 女性が活き活きと活躍できるの?
  • ワークライフバランスを実現できるの?
  • 女性に優しい会社?

 

などの疑問点を相談できます。

 

キャリアアドバイザーが在籍しているサイトを利用すれば面接ノウハウやキャリア・職場環境のことなどを事前に相談できるので安心です。

また女性のアドバイザーならメイクや服装などで面接時に気を付けておきたいポイントなども確認できてより就職活動に集中することができるでしょう。

 

案内人

転職エージェントや就活エージェントを利用してみたいと考えている方はコチラの記事をどうぞ

 

【転職向け】
≫【総合型/ハイクラス/第二新卒】おすすめ転職エージェント比較一覧/メリット・デメリットも解説

【就活向け】
≫【就活エージェントの仕組みとは?】サービスのメリットやデメリットの対処方法を解説

 

男性

有料のキャリア相談を活用して第三者の立場から将来のキャリアに関するアドバイスをもらいながら、従来の転職エージェントサービスを利用するのも大変有効な転職活動のやり方になります。有料のキャリア相談を検討している方はコチラの記事もチェックしてみてください

 

【有料キャリア相談】
≫有料のキャリア相談・転職相談が注目されている理由とは?/メリットやデメリット、選び方やおすすめのサービスを解説

<有料キャリア相談サービスの例>

【キャリア相談サービス】特徴
【短期集中型】
»ポジウィルキャリアマンツーマンで転職活動を支援するコンサルティングサービスです。自分自身の転職軸をトレーナーと整理し、転職市場で評価される履歴書、職務経歴書の指導から、面接対策までしっかりとトレーニングします。担当者も、キャリアカウンセラーや、企業の採用担当、起業家など、採用に関わる人から指導を受けることができます。
【中長期メンター】
»mentors(メンターズ)あなたが抱えている悩みや課題感に合わせてカウンセリングやコーチング、ティーチング、コンサルティングといった手法を織り交ぜながら、悩みの解決まで一緒に向き合い解決までフォローしてくれます。
【多彩なカウンセラー】
»転職・キャリアの相談【ココナラ】転職・キャリアのエージェントに今すぐ相談できるスキルマーケットの「ココナラ」。職種選びを始め履歴書作成や面接対策など転職・キャリアアップでの様々な悩みに対して、自分の相談内容に一番合いそうなカウンセラーをプロフィールの中から比較・検討して選ぶことができます。
【キャリア体験談】
»キャリーナ(旧称 CREEDO)さまざまな職種・企業の社員からキャリアナレッジを直接聞けるオンライン社員訪問サービス。幅広い業種、職種の経験談を網羅。「大企業からベンチャー企業への転職」「新規事業の立ち上げノウハウ」「ワーキングマザーのキャリア」など、特定のテーマで経験談を聞くことも可能。ユーザー登録は無料で、一部のキャリア経験談への申し込みは有料。

③口コミサイトもチェックする

ホワイト企業の目安となる

 

  • 離職率
  • 月平均残業時間
  • 有休消化率
  • 育休取得率
  • フレックスタイム制

 

などに注目して口コミ=リアルな生の声をはじめ、「ハラスメント行為」があるブラックな職場ではないか?などにも注意しながら細かくチェックしていきましょう。

 

口コミ転職サイト特徴
≫転職会議口コミ登録企業数は80万件以上と圧倒的な掲載数を誇る国内最大級の口コミ転職サイト
≫Lighthouse(ライトハウス)社員・元社員による会社のリアルな口コミが100万件以上掲載されている日本最大級の転職口コミサイト
≫OpenWork(オープンワーク)20代~30代の若手社員をターゲットにした口コミ転職サイト
男性

口コミは偏った情報を鵜呑みにしないよう複数のサイトを登録して、ある程度の量の口コミを見比べて参考していくのがベターです

働く女性のためのホワイト企業ランキング~総まとめ~

 

男性

ここでは、「働く女性のためのホワイト企業ランキング」を5つまとめていまのでチェックしてみてください
※それぞれ目次(タブ)(左から①女性が働きやすい会社BEST10、②【育児休業取得率】トップ10、③女性が働きやすい企業ランキング、④【ワークライフバランス】ランキング、⑤女性が本当に安心して働けるホワイト企業25社)をクリックしてください

 

  • ①女性が働きやすい会社BEST10
  • ②【育児休業取得率】トップ10
  • ③女性が働きやすい企業ランキング
  • ④【ワークライフバランス】ランキング
  • ⑤女性が本当に安心して働けるホワイト企業25社
  • 女性が働きやすい会社BEST10(2017東洋経済)※1
    1位富士通
    2位三越伊勢丹ホールディングス
    3位富士フイルムホールディングス
    SOMPOホールディングス
    東京海上ホールディングス
    6位高島屋
    7位ソニー
    8位花王
    9位三菱ケミカルホールディングス
    SCSK

    ※1:ランキングは「女性の活躍」「育児・介護」「働きやすさ」の3分野、合計37項目(100点満点)を評価して作成

    (ランキング出展:東洋経済:最新!「女性が働きやすい会社」ベスト100より一部抜粋)

  • 【育児休業取得率】ホワイト企業ランキングトップ10(「週刊東洋経済2017/7/1号」より)
    順位社名育児休業取得率(女性・男性)
    1位ハウス オブ ローゼ100.0%( - ・ - )
    日本生命保険100.0%(100.0・100.0)
    3位T&D HD98.4%(100.0・97.2)
    4位明治安田生命保険95.6%(95.9・94.4)
    5位シーボン94.0%(93.0・100.0)
    6位第一生命HD91.7%(92.6・85.5)
    7位大和証券グループ本社90.6%(100.0・73.1)
    8位朝日生命保険88.3%(94.9・81.6)
    9位東京海上HD85.4%(99.7・44.4)
    10位アサヒグループHD84.4%(100.0・80.0)
  • 女性が働きやすい企業ランキング(2018キャリコネ)※2
    1位野村證券
    2位かんぽ生命保険
    3位スターバックスコーヒージャパン
    4位リクルートホールディングス
    5位東京海上日動火災保険
    6位ソフトバンク
    7位サイバーエージェント
    8位SMBC日興証券
    9位アクセンチュア
    10位三井住友銀行

    ※2:ランキングは対象期間中(17/04-18/03)に「キャリコネ」に女性社員のユーザーから10件以上の評価が寄せられた企業

    (ランキング出展:キャリコネニュース:女性が働きやすい企業1位は野村證券「育児・介護休暇制度が充実。復帰後も問題なく元の職種に戻れている」より一部抜粋)

  • ワークライフバランスが実現しやすいホワイト企業ランキング(「ランスタッドアワード2018」指標別ランキングより)
    1位資生堂
    2位花王
    3位味の素
    4位アイシン精機
    5位豊田自動織機
    6位トヨタ紡織
    7位楽天
    8位パナソニック
    9位JXTGホールディングス
    10位明治ホールディングス
  • 女性が本当に安心して働けるホワイト企業25社(「ホワイト企業-女性が本当に安心して働ける会社-」文芸春秋(2013年出版〉より抜粋)
    会社名女性社員が活躍できる社風・特長 ※表記は2013年現在のデータ
    資生堂充実した両立支援制度、女性管理職率30%も間近
    サントリーHD両立支援に加えてワークスタイル革新も推進、女性社員が次々とヒット商品を開発
    日産自動車盤石の両立支援はビジネスに勝つため、課長級以上の女性は約170人
    りそなHD優秀な女子学生を呼ぶ先進的なワーク制度、社員もパートナー社員も同一労働同一賃金
    NTTデータ総合職と一般職の区分なし、女性にチャンスをどんどん与える
    東芝女性リーダー養成塾や上司のサポートも、世界初 裸眼3Dディスプレイを女性が開発
    第一生命保険効率よく働くかわりに残業はなし、子どもの看護休暇は年に12日
    グリーンライフ産業残業時や休日出勤は子連れでもOK、女性のガーデンプランナーや店長が輩出
    重松建設男性中心の建築現場を改革し女性技術者の権限を拡大
    六花亭海外お菓子視察から保育士資格を取得まで「ライフ」を「ワーク」に還元できる制度も
    マイスター(切削工具研削業)自分たちで選んだ作業服にきれいな作業場、未経験者の女性でも一人前に育成してもらえる
    金子製作所(医療機器メーカー)ひとりの経理女性が会社を甦らせ海外展開への道を開く
    三州製菓助け合いの雰囲気のある職場、「一人三役制度」も
    花王男性の育休制度も奨励する多様性を尊重したグローバル企業
    キリンHD上からと下からの改革が功を奏し企画開発も営業も女性パワーが席巻
    サトーHD父親休暇・有給看護休暇・病児保育制度・育児休業早期復職支援制度もあり
    日立製作所女性でもダイナミックな仕事ができる、女性技術者の積極採用でも有名
    富士電機社員の意見を反映し女性の活躍の輪を広げるよう支援
    リコー男女の勤続年数がほぼ同じ、インドの女性のためのBPOプロジェクトも
    TOTO経営トップの啓蒙が功を奏す、女性開発者も安心して活躍
    NECソフト全社員への意識調査を実行、時短勤務でも成果で評価される
    モーハウス(授乳服ビジネス)子連れ出勤もOK、制約のあるスタッフ同士で助け合う社風
    天彦産業(特殊鋼加工・販売)40人中女性は11人、社員のモチベーションが高い会社
    きものブレイン着物も社員も大事にする精神のもと8人のシングルマザーも活躍中
    サポート行政書士法人社員全員に業務日誌を送るユニークな評価制度、残業禁止ルールのおかげで育児社員も安心

 

案内人

いかがでしょうか?5つの女性向けホワイト企業ランキングをみてきましたが、なかでも「資生堂」、「第一生命保険(HD)」、「東京海上ホールディングス」、「花王」などは複数ランクインしており、特に「女性が働きやすい会社」といえそうです。

 

【お役立ちサイト紹介】
女性の活躍推進企業データベース
求職者が企業の「女性の活躍状況に関する情報」を閲覧することができるデータベースサイト(厚労省委託)です。
月平均残業時間や育休取得率など気になる会社の「働き方」の情報や「えるぼし」などの認定を受けた企業情報を確認できます。

 

まとめ

 

ホワイト企業を効率よく探し出して就職へ結び付けたい場合は、女性が就職・転職・再就職する時に注意すべき3点を頭に入れながら複数のサイトを組み合わせて利用することがオススメです。

 

 

現在は、女性が仕事と育児を無理なく両立しながら長く働くことができる環境づくりだけではなく、「男性の育児休暇取得」「多様な人々への配慮」など、誰もが働きやすい社会が求められる時代になりつつあります。

 

人手不足が深刻化するなかで「働き方改革」「女性活躍推進」などに対して真剣に取り組まない企業はいずれ淘汰(とうた)されることになるでしょう。

 

是非今回紹介した情報を就活・転職・再就職活動に活用して、ワークライフバランス(仕事と生活の調和)を重視した生き方を目指しつつ、あなたの個性・能力が十分に発揮できる会社選びに役立ててください。

 

そしてあなたが今の環境を変えたいと思ったなら勇気を出してぜひ第一歩を踏み出してみましょう。

【最後に】女性の就職に役立つ「転職サイト」「就活サイト」「有料キャリア相談」解説記事

商品3
≫【大手総合/キャリア系/ワーママ向】女性向け転職サイトの選び方やおすすめサイトを解説
女性向けサイトの種類・タイプや自分にマッチした転職サイトの選び方と注意点さらにはおすすめサイトなどについて解説しています。

商品3
»【22卒・23卒向け最新版】人気の就職サイト徹底比較まとめ/おすすめ就活サイトを厳選して解説
就活に役立つ新卒向け就活サイトを必須アクション別(インターンシップ、自己分析、企業研究(OB・OG訪問、合説・就活イベント、口コミ)、GD対策、ES・面接対策)で比較表にまとめて解説しています。

有料キャリア相談
»有料のキャリア相談・転職相談が注目されている理由とは?/メリットやデメリット、選び方やおすすめのサービスを解説
新たなキャリア形成を目指す転職希望者に対してフラット(第三者的)な立場からキャリア全般のアドバイスを提供できることで注目されている「有料のキャリア相談サービス」について詳しく解説しています。