自己分析/適性診断が無料で利用できる就活サイト・転職サイトまとめ

自己分析(適性診断)とは?

就活/転職を成功させるには自分自身を客観的に見つめて、どの部分をアピールするかを突き詰めることが欠かせません。

やりたい仕事を見つけるためには「自分を知ることができている」ことが絶対条件となります。

そのためには自己分析(適性診断)就活/転職において最も重要なアクション(行動)となってきます。

一般的に社会に出てからは自分の評価は他の人が行いますので、自己分析は他人が自分に対してするであろう評価を自分で先取りしておく、という考え方もできるでしょう。

これは口で言うのは容易い(たやすい)ですが、実行するとなるとなかなか簡単なことではありません。

しかし自己分析ができているとその人は自分を客観的に見ることができて、自分の欠点や失敗に対しても真摯に向き合うことができる人と評価されます。

また自己分析ができている人は自分に関する問いかけに対してブレがなく明快な回答をすることができますので、結果として面接にも強くなり内定も取りやすくなるというメリットがあります。

案内人

自己分析(適性診断)とは、自分が「何が好き」で「どうなりたいか」「なぜそうなのか」を自分に問いかけて自分を知ることです

案内人

「何がしたいのかわからない…」「志望動機に説得がない…」という人は積極的に自己分析(適性診断)を行ってみましょう

男性

自己分析(適性診断)を行って分析結果とじっくり向き合うことで「自分らしさ」や「自分の強み・弱み」を発見して、「自分のやりたいこと」「自分の将来・キャリアビジョン」などに結び付けていってください

自己分析(適性診断)のメリット

ここで自己分析(適性診断)のメリットをまとめます。

  • 自分自身の「タイプ」「考え方」「強み・弱み」などが客観的に分かるようになります
  • どのような職場環境・働き方・職業に向いているのかがわかるようになります
  • 「自分のやりたいこと」「自分の将来・キャリアビジョン」が明確になるので「自己PR文章」や「面接」での説得力が増します
  • 分析結果の強みの部分を「自己PR文章」や「面接」などでアピールすることができます
就活生Bさん就活生Bさん

自己分析(適性診断)が就活/転職に必須なのはよくわかったけど具体的にどのようにすればいいんですか?

自己分析(適性診断)のやり方

男性

自己分析(適性診断)のツールとしては書き込み式ワークシートがある書籍などに書き込んでいくことが一般的ですが、自分だけで進めていくと「ネガティブ(消極的)」になったり「独りよがり」になったりする場合があるので、各種セミナーや就活サイト/転職サイトの「自己分析(適性診断)ツール」も併せて利用していくことをおすすめします

自己分析(適性診断)で人気の書籍

【就活向け】

マイナビ2021 オフィシャル就活BOOK 内定獲得のメソッド 自己分析 適職へ導く書き込み式ワークシート [ 岡 茂信 ]
created by Rinker
¥1,430 (2019/12/10 12:33:25時点 楽天市場調べ-詳細)

【転職向け】
マイナビ転職2021オフィシャルBOOK 採用獲得のメソッド 転職者のための自己分析 (マイナビ転職オフィシャルBOOK) [ 谷所健一郎 ]
created by Rinker
¥1,430 (2019/12/10 12:33:25時点 楽天市場調べ-詳細)

自己分析(適性診断)ツールが無料で利用できるおすすめのサイト

【就活向け】

  1. オファーボックス
    オファーボックス
    ・2019卒の登録学生数は約10万人、利用企業数は大手から外資・ベンチャーなど約4500社で業界最大手
    →独自の機能としてオファーの送信数に制限を設けているので本当に採用したい学生だけに厳選した「本気」のスカウトメールが届きます
    ・自分の強みや弱みを客観的に分析できる自己分析ツールが人気
    →自己分析ツール「適性診断AnalyzeU+」は経済産業省が定めた「社会人基礎力」と「次世代リーダー力」という社会人必須能力25項目をどれだけ満たしているか診断、また診断結果のアドバイスから自己PR文が作成可能です
    ・自分らしさを最大限に表現できる多彩なプロフィール作成機能
    →プロフィールは写真や動画・研究スライドなどを使って自分を自由に表現することが可能で、しっかりと作りこんでいけばオファー獲得の可能性が高まります
    ・就活に役立つイベントを多数開催
    →「自己PR作成講座」「業界研究ワークショップ」「合宿型社会体験プログラム」などの各種イベントに参加可能です
    >>適性診断AnalyzeU+

    詳しく見る

【第二新卒向け】

  1. 20代の転職相談所
    20代の転職相談所

    担当者が取材訪問をして「若手が成長できる企業」として選んだ5,000件以上の正社員限定求人の中から、第二新卒専門のキャリアコーディネーター(エージェント)が求職者とカウンセリングして一人一人に合った企業を紹介、転職成功へと強力にバックアップします。
    またキャリア・アンカー理論をベースに開発された適性診断コンテンツ「キャリア適性診断」は簡単な質問に答えるだけで転職希望者の深層心理を分析し「どのように働きたい」と考えているのかを分析・診断、今後のキャリア形成や仕事選びのアドバイスが表示されます。
    >>キャリア適性診断を受けてみる

    詳しく見る

【転職向け】

  1. リクナビNEXT
    リクナビNEXT

    【就活サイトでも人気の「実績No1」求人/転職サイト】
    株式会社リクルートキャリアが運営する業界No1の転職サイトです。実際に転職した人の約8割がリクナビNEXTを利用しています。リクナビNEXTだけの限定求人が約85%と圧倒的な求人数を誇り、地域・職種問わずあらゆる転職者にマッチする求人を探すことができます。
    ①「グッドポイント診断」(リクナビNEXT会員限定の無料サービス)
    「グッドポイント診断」を使えば、自分の強みを判定して自己分析に活用することができます。リクルートキャリアが持つ独自のノウハウを活かして開発した約30分でできる本格診断サービスです。
    ②スカウト登録することで、企業や転職エージェントから直接オファーが届きます!
    職務経歴や希望条件を登録しておくだけで、企業側から直接のオファー(アプローチ)を受けることが可能です。今は未だ転職意向が低いユーザーでも自分の可能性を広げる機会として活用することが可能です。
    >>グッドポイント診断を受けてみる

    詳しく見る

  1. キャリドア
    キャリドア

    株式会社パソナが運営するクチコミ活用型キャリア情報サイトです。転職活動に必須の3大情報「企業情報」・「口コミ」・「求人情報」がまとめてチェックできます。また400万人のデータをAIと脳科学で分析し、目に見えないパーソナリティや潜在的な能力を視覚化して、どのような「職場環境」「働き方」「職業」に向いているのかアドバイスが表示される「適職診断」サービスが好評です。
    >>キャリドアで適職診断を受けてみる

    詳しく見る

まとめ

自己分析(適性診断)を深く進めていくと、過去を振り返って自分自身の「強み・弱み」や「やりたいこと」「キャリアプラン」などを認識するだけでなく、今後「自分がどんな人間でありたいか?」ということに「気づき」を得た方も多いと思います。

今回の自己分析(適性診断)で得た分析結果(自分の軸)は、就活/転職活動だけにとどまらずその後の人生においてもきっと重要な役割を果たすこととなるでしょう。

しかし言い換えると自己分析(適性診断)をおろそかにいい加減にしたまま、就活/転職をすすめていくと内定獲得は厳しくなる可能性が高まってしまいます。

先ほど紹介した

自己分析(適性診断)のメリット

  • 自分自身の「タイプ」「考え方」「強み・弱み」などが客観的に分かるようになります
  • どのような職場環境・働き方・職業に向いているのかがわかるようになります
  • 「自分のやりたいこと」「自分の将来・キャリアビジョン」が明確になるので「自己PR文章」や「面接」での説得力が増します
  • 分析結果の強みの部分を「自己PR文章」や「面接」などでアピールすることができます

でも確認した通り自己分析(適性診断)は、就活/転職活動において非常に大切なプロセスとなりますので

  • 書き込み式ワークシートがある書籍
  • 各種セミナー
  • 就活サイト/転職サイトの「自己分析(適性診断)ツール」

などを最大限活用して、就活/転職活動を有利に導いてください。