【第二新卒(新入社員)向け転職サイトとは?】入社直後に就活再開・やり直しする方法を解説

第二新卒(新入社員)向け転職サイトと入社直後に就活再開・やり直しする方法を解説

この記事では

 

「複数の会社を経験して早めにキャリアを積みたい」

 

「目指すキャリアアップへの道を掴むために今の会社に見切りをつけて新天地で頑張りたい」

 

「ワークライフバランス(仕事と生活の調和)を実現できる職場で働きたい」

 

などを考えている新入社員・第二新卒者(入社直後~入社3年前後)向けにおすすめの第二新卒向け転職サイト就活再開・就活やり直しの現状成功を引き寄せるためのノウハウ、さらには就活再開・就活やり直しのリスクなどをわかりやすく解説します。

おすすめの第二新卒向け転職サイト徹底比較

就活再開・就活やり直しで「第二新卒専門の転職サイト」も活用すべき?

第二新卒の場合は「短期間で退職する」という人生初の経験をして転職活動を行うので、就活よりもさらに様々な不安を抱えている人が多いようです。

 

また前述の「就活再開・就活やり直しのリスクとは?」で解説した通りネガティブにみられがちな早期退職の理由を「どのようにポジティブな理由に変えて面接官にアピールするか?」など新卒の就活とは全く違うノウハウが必要です。

 

さらには「退職準備」「転職活動」を並行して行うケースもあるので新卒時の就活より時間的・精神的に負担が大きくなりがちです。

 

このような不安や負担を減らすためには正社員を目指す第二新卒向けに「履歴書の作成方法」や「面接対策」を始め様々なサポートを行ってくれる専門の転職サイトの活用も検討してみましょう。

 

案内人

第二新卒向け転職サイトには大きく分けて新卒の就活時に利用して馴染みのある「新卒就活系の転職サイト」「第二新卒(既卒)に特化した専門のサイト」があります。

【解説】第二新卒向け転職サイト徹底比較

 

【大手就活サイト系】第二新卒・既卒就職サイト特徴
≫就職Shop『リクナビ』『リクルートエージェント』で有名なリクルートが運営する既卒・フリーター・第二新卒向けの就職相談(求人紹介)サービス。担当者が企業のことや仕事内容を直接丁寧に取材しており、給与や職種のような基本の情報に加えて職場の雰囲気や具体的な働き方など、実際に働く風景が想像できるような情報を集めているのが特徴。
≫マイナビジョブ20's『マイナビ』唯一の20代に特化した転職支援(人材紹介)サービスです。20代の転職市場を熟知したキャリアアドバイザーが、一人一人の求職者を担当し、入社までをサポート。あなたに興味を持った企業からのスカウトオファーも受けられます。

▶リクルートが運営する対面型の20代の若者向け就職支援サービス
就職Shop

「自分が活躍できる仕事を探す若者」と「将来ある若者を採用したい企業」のマッチングを支援するリクルートの就職支援サービスです。
経験豊富な専任のキャリアコーディネーターが就職活動を全て無料でサポートしてくれます。
求人先は担当者が直接訪問・取材した「未経験や若手育成に多くの実績がある企業」を中心に紹介されます。

特長①特長②特長③
登録企業数10000社突破※全て未経験歓迎100%直接訪問して
取材した安心の求人
利用者の9割が20代
  • 書類選考なしで面接へ
  • アクセス便利(店舗は主要駅チカ)


無料
面談予約はこちら

リンク先:https://www.ss-shop.jp/

経験の少ない20代歓迎・社会人未経験でも大丈夫

 

▶株式会社マイナビワークスが運営する20代に特化した転職エージェント
マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20's

 

マイナビが提供する20代若手社会人のための無料転職支援サービス
マイナビジョブ20’s(トゥエンティーズ)』は、関東・東海・関西を中心にサービス展開をしている20代に特化した20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントです。
転職経験を持つキャリアアドバイザー
「20代の転職市場」を熟知した専任キャリアアドバイザーからマンツーマンでリアルなアドバイスを受けたり、悩み・相談を聞いてもらったりすることができます。
適性診断で客観的に自分を分析
毎年世界中で年間数千万人が受検する信頼性の高い適性診断を受けることができます。自分でも気づかなかった隠れた強みを発見することで、自身にどのような仕事が合うのか今一度捉えなおすことができます。

特長①特長②特長③
面接対策・書類添削サポート職種・業種未経験OK求人が50%以上スカウトメール機能あり
  • 3分で登録完了
  • オフィスは全て駅から徒歩5分以内


無料
新規登録はこちら

リンク先:https://mynavi-job20s.jp/

若手のキャリアに強いマイナビグループがもつ豊富なノウハウで20代の転職をフルサポート


 

【第二新卒・既卒専門】第二新卒・既卒就職サイト特徴
≫UZUZ第二新卒・既卒・フリーター向けに充実した中身の就活サポートがあります。同じ境遇の仲間と就活する「集団形式」とじっくり自分のペースで就活する「個別形式」から自分に合ったサポートを選ぶことが可能!
≫DYM就職既卒・第二新卒向けの就職サービス。100%正社員求人・書類選考スキップで最短1週間で入社も!フリーターでもOK!業界に精通した転職エージェントが応募書類の添削・面接対策等一人ひとりに合わせた無料の徹底サポートで就職までフォローしますので初めての就職や転職でも安心して活動できます。

▶内定率86%超、入社後の定着率95%を叩き出す就活サポート
UZUZ(ウズウズ)

 

第二新卒・既卒・フリーター向けに充実した中身の就活サポートで、選考企業毎にカスタマイズされた面接対策を内定獲得まで無制限に実施します。
同じ境遇の仲間と就活する「集団形式」とじっくり自分のペースで就活する「個別形式」から自分に合ったサポートを選ぶことが可能です。
紹介企業は離職率/労働時間/社会保険の有無/雇用形態などで独自に厳しい基準を設けており徹底的にブラック企業を排除しています。

「UZUZ(ウズウズ)」よくある質問(公式サイトより一部抜粋)

どんな人がウズウズを利用していますか?
20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートの方を中心にご利用いただいております。「新卒でやりたいことが見つからず既卒になってしまった」「1社目を短期離職してしまった」「大学卒業後はバンド活動をやっていた」など、経歴は人によって様々です。20代の方であればどなたでもご登録いただけますので、まずはお気軽にご相談ください。
サービスを使うのにお金ってかかりますか?
お金は一切かかりません。皆様には全てのサービスを無料でお使いいただけます。運営にかかる費用は、ご紹介している企業の採用費用によってまかなわれておりますのでご安心ください。
どのくらいで内定が取れるのか知りたいです。
平均すると1ヶ月程度で内定を獲得する方が多いですが、早い方ですと1週間かからない方もいらっしゃいます。一方で半年以上時間をかけて就職活動を行う方もいますので、皆さんの状況に合わせた就活スケジュールを組んでいきましょう。
まだ就職(転職)活動するか決めたわけじゃないんですけど、利用してもいいんでしょうか……
もちろん大丈夫です。「自分の進路を相談したい」「今の自分が受けられる求人が知りたい」など、情報収集の一環としてエージェントに登録される方はたくさんいらっしゃいます。どうか安心してご登録ください。
ほかの就職サービスを使っているのですが、登録しても大丈夫ですか?
こちらも問題ございません。より効率的に就職活動を進めるために、また、自分の希望する企業に出会うために、複数のサービスを利用することをおすすめしています。いくつか併用しその中から自分に一番合った就活サービスを選びましょう。
地方に住んでいてもサポートは受けられますか?
もちろん可能です。お電話・メール・Skypeなどでもサポートを行っております。弊社では名古屋/大阪/福岡の求人を多数取り揃えていますが、東京の企業を希望する場合、都内までお越しいただく場合がございます。事前サポート(スケジューリングや面接対策)は万全に行いますので、ご安心ください。
特長①特長②特長③
就職内定率86% 入社後定着率95%ブラック企業を徹底排除
  • 登録はかんたん30秒!
  • 個別カウンセリングはオンライン可


無料
会員登録はこちら

リンク先:https://uzuz.jp/

第二新卒・既卒・フリーター・ニートなど20代の就職を徹底サポート!

 

▶あなたに合った企業への就職を徹底サポートする第二新卒・既卒・フリーター向け就職支援サービス
DYM就職

 

DYM就職では、第二新卒・既卒はもちろんフリーターやニートの方向けの正社員求人を多数紹介、経歴や学歴に不安があっても正社員に転職・就職ができて最短1週間でのスピード入社も可能です。
一部上場企業・トップベンチャー企業等、厳選した約2,000社の優良求人の中から求職者とのマッチングを考えた上で厳選して企業を紹介します。
業界に精通した転職エージェントが応募書類の添削・面接対策等一人ひとりに合わせた無料の徹底サポートで就職までフォローしますので初めての就職や転職でも安心して活動できます。

特長①特長②特長③
就職成功者:14,000人取扱い企業:2,500社サービス満足度:90%
  • わずか60秒でカンタン登録
  • オンラインでも面談実施中


無料
会員登録はこちら

リンク先:https://www.dshu.jp/

第二新卒・既卒・フリーター・ニートの方を大手優良企業の正社員に。

 

スカウト型「第二新卒・既卒」サイト特徴
「第二新卒・既卒」専門
»いい就職ドットコム
登録者20万人! 日本最大級!既卒・第二新卒専門「正社員」就職支援サイトです。「»アッテミオファー」は趣味などのあなたの登録情報をみて企業からオファーがあれば社長や採用担当と気軽に直接会うことができます。
「20代・第二新卒」向け
»マイナビジョブ20's『マイナビ』唯一の20代に特化した転職支援(人材紹介)サービスです。20代の転職市場を熟知したキャリアアドバイザーが、一人一人の求職者を担当し、入社までをサポート。あなたに興味を持った企業からのスカウトオファーも受けられます。
»Re就活(適職診断)「あさがくナビ」の『学情』が運営する20代・第二新卒向け転職サイト。未経験・キャリアチェンジ歓迎など「これからの可能性」に期待する企業の求人を多数掲載。また、転職イベント「転職博」を始め、「適職診断テスト」「スカウトサービス」などが人気です。
»キャリトレサイトを使い込んでいくと人工知能がより精度の高い求人をオススメしてくれたり(レコメンド精度向上)、経歴情報を充実させるとプラチナスカウトを受け取ることができる20代向け転職サイト。

 

▶登録者20万人! 日本最大級の既卒・第二新卒専門「正社員就職支援サイト」
いい就職ドットコム

「20代のキャリア適性診断」

簡単な質問に答えるだけで、あなた自身の深層心理を分析し転職者自身が「どのように働きたい」と考えているのかを分析・診断してくれる人気のツール

»「20代のキャリア適性診断」を受けてみる

 

「アッテミオファー」

趣味・特技などの個性を選択して登録するだけで「いい就職ドットコム」に求人登録する企業からオファーが届くのでそのなかから興味のある求人を選びましょう

»アッテミオファーに登録してみる
※20代なら既卒(大学卒業後、社会人経験のない方)・第二新卒(新卒就職後、3年未満で離職)誰でも利用可能!

「いい就職プラザ」
面接力をアップするセミナーや、職種・業界を理解する個別相談会などのイベントが開催される「いい就職プラザ」は全国4拠点(東京・大阪・名古屋・横浜)にあります。≪WEB就職相談も可≫

 

「いい就職ドットコム」よくある質問(いい就職ドットコム公式サイトより一部抜粋)

いい就職ドットコムには社会人経験のない既卒者も登録できるのですか?
もちろん登録いただけます。いい就職ドットコムに掲載されている企業のほとんどが既卒者の応募も積極的に受け付けており、公務員試験や司法試験へチャレンジしていた人が、進路を民間企業への就職に切り替え、就職し、ビジネスマンとして数多くの人が活躍しています。
いい就職ドットコムに登録し、サービスを受けるとお金がかかるの?
費用は一切必要ありません。全てのサービスは無料でご利用いただけます。運営にかかる費用は、登録企業の採用予算によってまかなわれていますので、安心してご利用ください。
いい就職ドットコムにはどんな企業の求人情報が掲載されているの?
誰もが知ってる大手有名企業から、設立されたばかりのベンチャー企業まで、いい就職ドットコムにはさまざまな企業の採用情報が掲載されています。掲載企業に共通する点は「未経験であっても意欲の高い若者を採用し、しっかりと育てていきたい」と考えているという点。なかでも、ここ数年以内に株式公開を目論んでいるミドルステージにあるベンチャー企業が多く、新卒・既卒・第二新卒者のみなさんにとってチャンスのある企業が多いのが特徴です。
いい就職ドットコムが正社員としての就職にこだわるのはなぜ?
弊社ではあくまでも『未経験者を正社員として採用し、じっくり育てていく』という姿勢を持った企業をみなさんに紹介していきたいと考えています。紹介予定派遣をはじめとする人材派遣のしくみは、企業にとっては大きなメリットがあるものの、求職者(特に新卒者や既卒者、第二新卒者といった未経験者)にとっては必ずしもよい制度であるとはいえません。ヨチヨチ歩きの赤ん坊は、親の愛情を一身に受けスクスクと育っていくように、求職者と採用企業の関係もそうであるべきだと弊社では考えています。『未経験者をしっかりと育てていこう』というそんな姿勢を持った企業の紹介にこだわった結果、あくまでも正社員としての就職紹介にこだわるという形になりました。
インターンシップ後の正社員としての採用確率は?
おおよそ75%~85%程度です。事前に正社員採用時と同様の選考が行われるため、採用確率はきわめて高いのが特徴です。実際に社員採用にならなかったケースにおいてはその半数以上が、「日々働く環境が自分には合わないと感じた」「入社前のイメージとギャップがあった」という、求職者からの入社辞退によるものです。
地方在住でなかなか東京までいくことができない。メールや電話による企業紹介は可能?
はい、可能です。必要書類等は郵送でお送りいただくことになりますが、通話料無料のフリーダイヤルで企業詳細情報や応募書類の記入などのポイントについてアドバイスいたします。ただし、書類審査通過後の希望企業の面接選考の場合は、直接企業に訪問する必要があります。それまでのステップについては遠隔地にお住いの場合については、電話やメール、郵送によって就職活動をサポートします。また、大阪にも「いい就職プラザ」がございますので、お近くでしたら、そちらもご利用下さい。
特長①特長②特長③
5千件を超える正社員限定求人専門家が内定まで全力でフォローサポート完全無料
  • かんたん!60秒で登録完了
  • 会社研究セミナーやインターンもあり!


無料
会員登録はこちら

リンク先:https://iishuusyoku.com/

登録者20万人!日本最大級!
既卒・第二新卒専門 正社員就職支援サイト

 

▶「あさがくナビ」の株式会社『学情』が運営する20代・第二新卒・既卒のための転職サイト
Re就活

未経験者歓迎・キャリアチェンジの求人多数!
「業界」×「適合性」という新しい切り口で、企業を探すことができる就活サイトです。あなたの特性と合っている、会社を適合性の数値を基に、探して選ぶことができます。
ポテンシャルに期待する企業から「スカウト」が届く!
登録するだけで、自分にあった企業にスカウトしてもらえます。自己PRに自信がないという人でも、「特性」という軸で、人事があなたを見つけて特別オファーをくれるかもしれません。
「自分らしさ」を活かせる仕事が分かる!
適性診断結果を基に、自己分析を深めることができるツールもあります。自身の特性や過去の経験から、自己PRや志望動機の作成が可能。登録するだけで、面接力も向上します。

 

≫会員登録して適職診断を受けてみる

 

「Re就活」よくある質問(公式サイトより一部抜粋)

就業経験が全くないのですが、登録できますか?
問題なくご利用いただけます。
『Re就活』は、“これまでの就業経験”よりも“今後の可能性”に対して期待を持ち、採用をしたいと考える企業の求人情報を掲載していますので、安心してご利用ください。
既卒者専用ページには、就業経験を一切問わない求人のみが掲載されているので是非ご活用ください。
アルバイト、契約社員、派遣社員の経験しかないのですが、登録できますか?
問題なくご利用いただけます。
『Re就活』は、“これまでの就業経験”よりも“今後の可能性”に対して期待を持ち、採用をしたいと考える企業の求人情報を掲載していますので、安心してご利用ください。
既卒者専用ページには、正社員としての就業経験を一切問わない求人のみが掲載されているので是非ご活用ください。
20代以外、学生も登録できますか?
『Re就活』のコンセプトにご賛同いただける方なら、どなたでもご利用いただけます。
新卒学生の方は学情が運営する新卒就活サイト「あさがくナビ」も是非ご活用ください。
在職中の企業や、以前に勤めていた企業に登録情報を公開したくないです。
指定の企業のみ閲覧制限をかけることはできませんが、
Web履歴書にご登録いただいております鍵マークが表示されている項目については、
未応募の企業からは閲覧できない仕様となっております。
また、就業中や就業された企業を公開したくない場合には、
「職務経歴書」にて、 企業名を「非公開」に設定いただき、
ひとことPRや職務内容などのフリー入力欄には、
企業を特定できるような情報の記載を控えていただければと存じます。
就職・転職活動は、何から着手すればいいのでしょうか。
就職・転職活動をサポートするためのやることリスト機能がございますので、是非ご活用ください。
※やることリストの利用にはRe就活へのログインが必要になります。
特長①特長②特長③
企業からオファーが届く(スカウト)企業に直接チャットで質問(気になる)求人との相性が一目で分かる(マッチ度)
  • 診断は3分で完了
  • 日本最大級の転職イベント情報満載!


無料
会員登録はこちら

適職診断リンク先:https://re-katsu.jp/career/enia/?toppg

他サイトID(Facebook・Yahoo!JapanID・Apple)を使って会員登録も可能

 

▶ビズリーチ運営の20代/若手社員向け転職サイト
キャリトレ

 

気になる企業に自分からアプローチ
1日5分、レコメンドされる求人に対して「興味がある」を選択することで、自分の本当の価値や新しい可能性を発見できる転職サイトです。
マッチしたら企業と直接やり取り可能
自分から企業へのアプローチはもちろん、企業から直接スカウトを受け取ることもできるサービスで、マッチング後は企業と直接やりとりできます。
アプリで可能なスキマ時間の転職
企業へのアプローチはアプリから気軽に「1タップ」で可能なので、通勤時間・ランチタイム・寝る前などちょっとしたスキマ時間を利用して転職活動することができます。

 

「キャリトレ」よくある質問(キャリトレ公式サイトより一部抜粋)

キャリトレの利用にお金はかかりますか?
キャリトレのご利用に料金は一切かかりませんので、ご安心ください。
求人情報をリストに保存して、あとで検討してから応募することはできますか?
できます。
アプリでは、「興味がある 」をした求人は「求人」画面右上の「ハート」アイコンを押すことで一覧表示できます。
ブラウザーでは、スマホの場合は画面下部メニューの「興味がある」、PCの場合は画面左メニューの「興味がある」より確認できます。
なお、「興味がある」をしたことは企業に伝わります。
在籍している企業に職務経歴書を見られたくありません。
キャリトレでは、プロフィールや履歴書に登録された企業は、経歴非公開企業として、自動的にブロック設定されます。
しかし、ご登録の企業名がキャリトレのデータベースとマッチングせず、ブロック設定が正しく行われない場合もあるため、「経歴非公開・スカウトNG企業設定」のページで、設定をご確認ください。
なお、経歴非公開企業を追加したい場合は、「非公開・スカウトNG企業設定を追加する」ボタンより該当の企業を選択のうえ、設定してください。
※ブロック設定をしている企業の求人に応募された場合は、通常通りすべての登録情報が企業に開示されますので、ご注意ください。
ドリブン診断とは何ですか?
「ドリブン診断」は、質問に答えることで、あなたのキャリア観や何に突き動かされて行動を起こすのかなどを分析する、キャリトレ独自の機能です。ドリブン診断の結果を反映し、よりあなたにマッチした求人がレコメンドされるようになるため、ご活用をおすすめします。(アプリのみ対応)
特長①特長②特長③
転職ノウハウ満載の動画や記事企業とチャットで直接やりとり可レコメンド機能で効率的な転職
  • 仕事に対する自分の価値観がわかるドリブン診断
  • 経歴非公開・スカウトNG企業設定も可


無料
新規会員登録はこちら

リンク先:https://www.careertrek.com/

気になる企業へアプローチ!「本気で転職したい20代向け」転職サイト


【参考】キャリトレ第二新卒・ポテンシャル求人特集(公式Twitterより)

 

»キャリトレ※20代・第二新卒・ポテンシャル採用などの求人が豊富な若手向け転職サイト

入社直後に就活再開・就活やり直しをする若手社員が急増している理由とは?

2019年10月9日付日本経済新聞の記事によると、若手の転職市場が急拡大しているとのことです。

 

 

記事のポイント

  • 「卒業後3年以内の転職サービス登録者数は前年に比べ3割増
  • 「2019年新入社員1か月後の意識調査で「就活をやり直したいか」の問いに半数以上が思う(強く思う~少しだけ思う)と回答」

 

また2021年6月10日配信のITmedia ビジネスオンライン記事でも、2021年卒の新社会人のうち退職を検討している人の割合は50%となっています。

 

 

早めにキャリアアップ・キャリアチェンジしたいと考える人は入社直後から就職活動を再開しています。

 

案内人

苦労して入社した会社を早々に見切りをつけて就職活動を再開する人が増えている理由は何なのでしょうか?

 

解説
これは近年好景気による人手不足で転職しやすい環境が続いているうえに、就活当時は「勝ち組」就職先だったにもかかわらず、AI(人工知能)・RPA(業務自動化ロボット)の導入などで経営環境が激変し店舗統廃合(リストラ)が加速している金融業界など、大量採用された若手社員が将来の行く末を案じて早々と見切りをつけるケースがみられます。

 

また

 

  • 希望を持って意気揚々と入社してみたものの実情は「ブラック企業」「ブラック職場」だったので、いわゆる「ホワイト企業」へ転職したいと考える人
  • コロナ禍以降ではWEB面接が主流なため入社後の人間関係にギャップや戸惑いを感じて転職に踏み来るケース

 

なども増え続けています。

新卒やキャリア転職との違い

厚生労働省は2010年に青少年雇用機会確保指針を改正し、「卒業して3年以内の既卒者は新卒枠で応募扱いする(=新卒扱いとする)」ことを定めました。

 

しかし実際は多くの企業でいまだに新卒枠の就活では通常の新卒を優遇しているのが現状です。

 

またキャリア採用の転職市場においても実務経験・ノウハウ・知識などで一般的な転職者にどうしても見劣りしてしまうため、圧倒的に不利な転職活動となってしまいます。

 

つまり、第二新卒になっても新卒の就活と同じように大手就職サイト(リクナビ・マイナビなど)や大手転職サイト(リクナビNEXT・dodaなど)だけを利用することは全く得策ではありません。

 

男性

通常の新卒者や転職者のように就職活動を始めてしまうと、新卒・転職者と同じ土俵で比較されてしまい、内定をもらえない日々が続き精神的・肉体的に疲弊(ひへい)してしまうことにもなりかねません。

 

このような状態に陥らないためにも若手向けの転職サービスや第二新卒者専門の転職サービスも活用することがポイントになってきます。

就活再開・就活やり直しの手順を徹底解説

就活再開・就活やり直しのリスクとは?

 

新入社員Dさん新入社員Dさん

やりたい仕事内容と違っていたので就活をやり直したいと思っていますが簡単に決断してもいいのでしょうか?

 

ここでは入社直後に会社を辞めてしまうリスクについて4つのポイントを解説します。

 

  • [1]「短期離職」の経歴がついてしまう

    短期間で転職を繰り返す人たちを「ジョブホッパー」などと呼んだりしますが、ITやコンサルなどの一部の業界を除いて一般的な企業からはあまりよく思われないことがほとんどです。つまり、入社直後の就活やり直し・第二新卒では転職活動の大前提として「20代最後の転職」といった覚悟を持って自分に合う会社を選び抜いていくことが大切になります。今回の短期離職は2社目の経歴で取り返して、(様々な経験や着実なキャリアを積める)10年くらいのスパンで就業するつもりで取り組んでみてください。

  • [2]入社3年未満の早期退職はネガティブにみられがち

    就職して3年くらいはひとつの会社に腰を据えて働くものだと考えている会社や採用担当者はいぜん多く、あまりに早く退職をしていると、忍耐力がない、諦めが早いなど判断され、「うちに来ても結局仕事が長続きしないのでは?」と思われてしまう可能性があります。

  • [3]今後景気が悪くなると転職活動が長期化する恐れがある

    若手の転職はしばらく「売り手市場」が続いていますが、今後景気の足取りが危うくなれば、当然転職環境も悪化して求人数が減少に転じる可能性があります。現に「米中貿易摩擦の長期化」など日本経済の先行きを不安視させるサインも灯って(ともって)いますので経済ニュースは常にチェックしておくべきでしょう。

  • [4]超大手企業への転職の可能性は極めて低い

    いわゆる超大手企業・人気企業といわれる会社は「売り手市場」の現在でも新卒採用でさえ非常に狭き門となっていますので大手志向の転職者は不利となりますが、一方でキャリアアップに適した「ベンチャー企業」「スタートアップ企業」やワークライフバランスを実現できるBtoB企業など、隠れた就職人気の「ホワイト企業」に出会える可能性があります。

 

案内人

就活やり直しを考え始めたらまずは「将来のキャリア計画、仕事内容・職場環境」「入社直後に会社を辞めた場合のリスク」などの分析から始めてみましょう

就活再開・就活やり直しを行動に移す前に会社内でやるべきこと3つ

「複数の会社を経験して早めにキャリアを積みたい」と考えて計画的に転職活動する人は別ですが

「目指すキャリアアップへの道をつかむために今の会社に見切りをつけて新天地で頑張りたい」「ワークライフバランス(仕事と生活の調和)を実現できる職場で働きたい」

 

と考えている方に向けて「就活再開・就活やり直し」を行動に移す前に今の会社内でできる3つのことをご紹介します。

 

  1. 信頼できる先輩社員に相談してみる
  2. 上司や人事部に希望を申し出る
  3. 異動届を提出する

会社自体は若手社員のキャリアアップを重視したりワークライフバランスを大切にする社風・企業体質なのにもかかわらず、「上司や所属部署が理解・実行できていない」というケースが実は少なからずあるのです。

 

このような会社の一個人や一部門に原因があるケースは、きちんとアピールしていけばわざわざ会社を辞めて転職活動をしなくてもよい場合がありますので、まずは社内のしかるべき決裁権限を持つ責任者の方や人事部・労働組合などに一度相談してみてください。

 

本人からの希望・申し出が正当なものでかつ人材育成ビジョンやガバナンス(=企業統治)がキチンとした会社であれば、社内人事異動などが検討されますが、入社3年目前後でまだ実績に乏しい若手社員がすぐに希望の仕事・ポジションにつける可能性はそれほど高くないことも現実として承知しておきましょう。

 

いずれにせよ

 

「今勤めている会社で希望する職場環境を得られるか?」
「目指すキャリアアップへの道をつかむことができるか?」

 

といった可能性を探ったうえで「今のままでは難しい」と判断したならば、迷ったりためらったりせずに退職手続きや転職準備を計画的かつ速やかに進めていくことが必要になります。

就活再開・就活やり直しの転職活動を「素早く」スタートしたほうがいいケース

  • 会社が違法行為まがいをしている場合
  • 会社が倒産しそうな場合
  • ハラスメントや長時間労働が横行している会社
  • 今の会社の環境(ストレス過多)で体調を崩しはじめている場合

 

また上記チェックリストのケース以外にも

「今の職種と異なる職種を目指しているが(目指そうと決めたけれど)今の会社では実現困難な場合

なども迷ったりためらったりせず、すぐに転職活動のアクションに移りましょう。

 

男性

例えば海外とのやり取りを行うグローバルな職種を目指そうと決めたのにもかかわらず、今の会社には海外部門が無い、などのケースが当てはまりますね

まとめ

 

記事の内容をまとめます。

 

  • 転職しやすい環境を背景に入社直後に就活再開・就活やり直しをする若手社員が急増している
  • 就活再開・就活やり直しのリスクを認識しておく
  • 就活再開・就活やり直しを行動に移す前に会社内でやるべきこと3つを行ってみる
  • 就活再開・就活やり直しで素早く転職活動をスタートすべきケースかどうかを見極める
  • 最終的に就活再開・就活やり直し(=転職)を決断したなら、様々なサポートを行ってくれる「第二新卒専門」の転職サイトを活用することも検討してみる

 

転職が成功すれば環境を一気に変えることができますし、「今の自分には転職することが必要」と判断した場合はすぐに動かないとズルズルと時間ばかりが過ぎていき長期的にみて損をするケースがほとんどです。

 

就活再開・就活やり直しを決断した方は、まずは気になった転職サイトに登録してみて「転職カウンセリング」「転職イベント参加」「スカウト登録」など気になったアクションからとりあえず始めてみましょう。

 

動き出した人から人生は少しずつ変わってきます。

【最後に】記事内で紹介した第二新卒向け転職サイト一覧

【大手就活サイト系】第二新卒・既卒就職サイト特徴
≫就職Shop『リクナビ』『リクルートエージェント』で有名なリクルートが運営する既卒・フリーター・第二新卒向けの就職相談(求人紹介)サービス。担当者が企業のことや仕事内容を直接丁寧に取材しており、給与や職種のような基本の情報に加えて職場の雰囲気や具体的な働き方など、実際に働く風景が想像できるような情報を集めているのが特徴。
≫マイナビジョブ20's『マイナビ』唯一の20代に特化した転職支援(人材紹介)サービスです。20代の転職市場を熟知したキャリアアドバイザーが、一人一人の求職者を担当し、入社までをサポート。あなたに興味を持った企業からのスカウトオファーも受けられます。

【第二新卒・既卒専門】第二新卒・既卒就職サイト特徴
≫UZUZ第二新卒・既卒・フリーター向けに充実した中身の就活サポートがあります。同じ境遇の仲間と就活する「集団形式」とじっくり自分のペースで就活する「個別形式」から自分に合ったサポートを選ぶことが可能!
≫DYM就職既卒・第二新卒向けの就職サービス。100%正社員求人・書類選考スキップで最短1週間で入社も!フリーターでもOK!業界に精通した転職エージェントが応募書類の添削・面接対策等一人ひとりに合わせた無料の徹底サポートで就職までフォローしますので初めての就職や転職でも安心して活動できます。

スカウト型「第二新卒・既卒」サイト特徴
「第二新卒・既卒」専門
»いい就職ドットコム
登録者20万人! 日本最大級!既卒・第二新卒専門「正社員」就職支援サイトです。「»アッテミオファー」は趣味などのあなたの登録情報をみて企業からオファーがあれば社長や採用担当と気軽に直接会うことができます。
「20代・第二新卒」向け
»マイナビジョブ20's『マイナビ』唯一の20代に特化した転職支援(人材紹介)サービスです。20代の転職市場を熟知したキャリアアドバイザーが、一人一人の求職者を担当し、入社までをサポート。あなたに興味を持った企業からのスカウトオファーも受けられます。
»Re就活(適職診断)「あさがくナビ」の『学情』が運営する20代・第二新卒向け転職サイト。未経験・キャリアチェンジ歓迎など「これからの可能性」に期待する企業の求人を多数掲載。また、転職イベント「転職博」を始め、「適職診断テスト」「スカウトサービス」などが人気です。
»キャリトレサイトを使い込んでいくと人工知能がより精度の高い求人をオススメしてくれたり(レコメンド精度向上)、経歴情報を充実させるとプラチナスカウトを受け取ることができる20代向け転職サイト。