新入社員・第二新卒向/入社直後に就活再開・就活やり直しをするには?

入社直後に就活再開・就活やり直しをする若手社員が急増

2019年10月9日付日本経済新聞の記事によりますと、若手の転職市場が急拡大しているとのことです。

記事のポイントは

  • 「卒業後3年以内の転職サービス登録者数は前年に比べ3割増
  • 「2019年新入社員1か月後の意識調査で「就活をやり直したいか」の問いに半数以上が思う(強く思う~少しだけ思う)と回答」

早めにキャリアアップ・キャリアチェンジしたいと考える人は入社直後から就職活動を再開しています。

案内人

苦労して入社した会社を早々に見切りをつけて就職活動を再開する人が増えている理由は何なのでしょうか?

これは近年好景気による人手不足で転職しやすい環境が続いているうえに、就活当時は「勝ち組」就職先だったにもかかわらず、AI(人工知能)・RPA(業務自動化ロボット)の導入などで経営環境が激変し店舗統廃合(リストラ)が加速している金融業界など、大量採用された若手社員が将来の行く末を案じて早々と見切りをつけるケースがみられます。

また希望を持って意気揚々と入社してみたものの実情は「ブラック企業」「ブラック職場」だったので、いわゆる「ホワイト企業」へ転職したいと考える人も増え続けています。

このように「複数の会社を経験して早めにキャリアを積みたい」や「今の会社に見切りをつけて新天地で頑張りたい」「ワークライフバランス(仕事と生活の調和)を実現できる職場で働きたい」などを考えている新入社員・第二新卒者向け(入社直後~入社3年前後)に就活再開・就活やり直しの現状とノウハウをわかりやすく解説します。

就活再開・就活やり直しのリスクとは?

新入社員Dさん新入社員Dさん

就活をやり直したいと思っていますが簡単に決断してもいいのでしょうか?

案内人

ではここで入社直後に会社を辞めてしまうリスクについて整理しておきましょう

  • 入社3年未満の早期退職をネガティブにとらわれがち

    就職して3年くらいはひとつの会社に腰を据えて働くものだと考えている会社や採用担当者はいぜん多く、あまりに早く退職をしていると、忍耐力がない、諦めが早いなど判断され、「うちに来ても結局仕事が長続きしないのでは?」と思われてしまう可能性があります。

  • 今後景気が悪くなると転職活動が長期化する可能性がある

    若手の転職はしばらく「売り手市場」が続いていますが、今後景気の足取りが危うくなれば、当然転職環境も悪化して求人数が減少に転じる可能性があります。現に「米中貿易摩擦の長期化」など日本経済の先行きを不安視させるサインも灯って(ともって)いますので経済ニュースは常にチェックしておくべきでしょう。

  • 超大手企業への転職の可能性は極めて低い

    いわゆる超大手企業・人気企業といわれる会社は「売り手市場」の現在でも新卒採用でさえ非常に狭き門となっていますので大手志向の転職者は不利となりますが、一方でキャリアアップに適した「ベンチャー企業」「スタートアップ企業」やワークライフバランスを実現できるBtoB企業など、隠れた就職人気の「ホワイト企業」に出会える可能性があります。

案内人

まずは現在の自分の「将来のキャリア計画、仕事内容・職場環境」などと「入社直後に会社を辞めた場合のリスク」を冷静に分析することから始めてみましょう

就活再開・就活やり直しを行動に移す前に会社内でやるべきこと3つ

男性

就活再開・就活やり直しを行動に移す前にまずは会社内でできることを実践してみましょう

  • 信頼できる先輩社員に相談してみる
  • 上司や人事部に希望を申し出る
  • 異動届を提出する

会社自体は若手社員のキャリアアップを重視したりワークライフバランスを大切にする企業体質なのに上司や所属する部署が理解・実行できていないというケースが実は結構あるのです。

このような会社の一個人や一部門に原因があるケースは、きちんとアピールしていけばわざわざ会社を辞めて転職活動をしなくてもよい場合がありますので、まずは社内のしかるべき決裁権限を持つ責任者の方や人事部・労働組合などに相談してみてください。

本人からの希望・申し出が正当なものでかつ人材育成ビジョンやガバナンス(=企業統治)がキチンとした会社であれば、社内人事異動などが検討されますが、入社3年目前後でまだ実績に乏しい若手社員がすぐに希望の仕事・ポジションにつける可能性は高くないことも現実として承知しておきましょう。

男性

いずれにせよ「今勤めている会社で希望する職場環境を得られるか?目指すキャリアアップへの道を掴むことができるか?」といった可能性を探ったうえで、難しいと判断したならばグズグズせずに退職手続きや転職準備を計画的かつ速やかに進めていくことが大切です。

おすすめ第二新卒・既卒向け就職サイト一覧

就活再開・就活やり直しで「第二新卒専門の転職サイト」を利用すべき理由とは?

第二新卒の場合は「短期間で退職する」という人生初の経験をして転職活動を行うので、様々な不安を抱えている人が多いようです。

また前述の「就活再開・就活やり直しのリスクとは?」で解説した通りネガティブにみられがちな早期退職の理由を「どのようにポジティブな理由に変えて面接官にアピールするか?」など新卒の就活とは全く違う就職活動のノウハウが必要となってきます。

さらには「退職準備」と「転職活動」を並行して行う場合もあることから新卒時の就活より時間的・精神的に負担が大きくなりがちです。

そこで正社員を目指している第二新卒・既卒やフリーターの方向けに「履歴書の作成方法」や「面接対策」を始め様々なサポートを行ってくれる専門の転職サイトを活用することが転職成功への近道となります。

案内人

次に紹介する転職サイトには大きく分けて新卒の就活時に利用して馴染みのある「新卒就活系の転職サイト」と「第二新卒(既卒)に特化した専門のサイト」があります。

大手就活サイト系の第二新卒向け転職サイト一覧

【大手就活サイト系】第二新卒・既卒就職サイト特徴
就職Shop『リクナビ』『リクルートエージェント』で有名なリクルートキャリアが運営する既卒・フリーター向けの就職相談(求人紹介)サービス。担当者が企業のことや仕事内容を直接丁寧に取材しており、給与や職種のような基本の情報に加えて職場の雰囲気や具体的な働き方など、実際に働く風景が想像できるような情報を集めているのが特徴。
マイナビジョブ20's『マイナビ』唯一の20代に特化した転職支援(人材紹介)サービスです。20代の転職市場を熟知したキャリアアドバイザーが、一人一人の求職者を担当し、入社までをサポート。
第二新卒.com日本経済新聞社・日経HR協力のもと『DISCO』が運営する第二新卒向け転職サポートサービス(人材紹介)。
Re就活「あさがくナビ」の株式会社『学情』が運営する20代・第二新卒・既卒のための転職サイト。未経験・キャリアチェンジ歓迎といった「これからの可能性」に期待する企業からの求人が多数掲載されています。また選考前に社風が分かる「転職博」「就職博」といったイベントも好評です。
第二新卒エージェントneo
『就職エージェントneo』(ネオキャリア)が提供する既卒,フリーター,第二新卒, 20代の方向けの無料就職支援サービスです。 プロの就職アドバイザーによる個別の就職相談、履歴書・職務経歴書の添削、 未経験OKの正社員求人の紹介など、 正社員で就職・転職したい方を経歴不問で内定までサポート。

第二新卒特化型の転職サイト一覧

【第二新卒特化型】第二新卒・既卒就職サイト特徴
DYM就職
既卒・第二新卒向けの就職サービス。100%正社員求人・書類選考スキップで最短1週間で入社も!フリーターでもOK!
いい就職.com
登録者17万人で日本最大級、既卒・第二新卒専門正社員就職支援サイト。いい就職プラザは全国4拠点「東京・大阪・名古屋・横浜」にあります。
ハタラクティブ
ハタラクティブでしか紹介できない非公開求人が多数あります。紹介される求人募集はコンサルタントが実際に足を運んだことのある職場なので、適切な求人を紹介してもらえます。
20代の転職相談所
5,000件以上の正社員限定求人を用意し、第二新卒専門のキャリアコーディネーターが求職者とカウンセリングし一人一人に合った企業を紹介。また20代のための適性・適職検査システム「Job-Fit20's」が受検できます。
ウズウズカレッジ
20代の既卒、第二新卒、フリーターに対して完全無料でビジネスマナーや実務に直結する体験をしながらも4週間以内に内定を獲得できる画期的なサービス
キャリアスタートスピーディな対応、手厚いサポートが特徴になっており、決定率が高い第二新卒・フリーター専門エージェント。リクルート社のエージェントランキングでも上位表彰され、個人部門では3年の間に2位~4位、6位表彰のコンサルタントが在籍しています。
JAIC(ジェイック)未経験から正社員での就職成功率 80.3% !!/ 就職後の定着率94.3% / 企業選びから就職後までずっと安心の個別サポート体制
ウズキャリ既卒・第二新卒・フリーター、ニートの内定率83%以上。キャリアカウンセラー全員が元第二新卒・既卒。ブラック企業を徹底排除しています。
《特徴》
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策を無制限に実施
・ウズキャリ利用者の声を元に入社後の働き方や満足度も伝えるので、入社後のイメージが湧きやすい
・個別サポートとスクール形式を選べる (※どちらも完全無料)

【3大大手就活サイト系】第二新卒・既卒向け就職サイト徹底解説

  1. 就職ショップ
    就職Shop

    リクルートキャリアが運営する対面型の就職・転職活動支援サービスです。
    経験豊富な専任のキャリアコーディネーターが就職活動を無料でサポート。
    担当者が企業のことや仕事内容を直接丁寧に取材しており、給与や職種のような基本の情報に加えて職場の雰囲気や具体的な働き方など、実際に働く風景が想像できるような情報を集めているのが特徴です。

    詳しく見る

  2. マイナビジョブ20's
    マイナビジョブ20’s

    マイナビジョブ20’s(トゥエンティーズ)』は、関東・東海・関西を中心にサービス展開をしている20代に特化した20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントです。
    20代の転職市場を熟知したキャリアアドバイザーが、一人一人の求職者を担当して入社までサポートしてくれます。

    詳しく見る

  3. Re就活
    Re就活

    「あさがくナビ」の株式会社『学情』が運営する20代・第二新卒・既卒のための転職サイト。
    未経験・キャリアチェンジ歓迎といった「これからの可能性」に期待する企業からの求人が多数掲載されています。
    また選考前に社風が分かる「転職博」「就職博」イベントも好評です。

    詳しく見る

【第二新卒特化型】第二新卒・既卒就職サイト徹底解説

  1. 20代の転職相談所
    20代の転職相談所

    担当者が取材訪問をして「若手が成長できる企業」として選んだ5,000件以上の正社員限定求人の中から、第二新卒専門のキャリアコーディネーター(エージェント)が求職者とカウンセリングして一人一人に合った企業を紹介、転職成功へと強力にバックアップします。
    またキャリア・アンカー理論をベースに開発された適性診断コンテンツ「キャリア適性診断」は簡単な質問に答えるだけで転職希望者の深層心理を分析し「どのように働きたい」と考えているのかを分析・診断、今後のキャリア形成や仕事選びのアドバイスが表示されます。>>キャリア適性診断を受けてみる

    詳しく見る

  2. ウズキャリ
    ウズキャリ

    既卒・第二新卒・フリーター、ニートの内定率83%以上。
    個別サポートとスクール形式を選べる (※どちらも完全無料)他、キャリアカウンセラーは全員「元第二新卒(既卒)」なので転職者と同じ目線でサポートを受けることができます。

    詳しく見る

  3. DYM就職
    DYM就職

    業界に精通した転職エージェントが無料で就職までサポートしてくれますので初めての就職や就活でも安心して活動できます。
    一部上場企業・トップベンチャー企業等、厳選した約2,000社の優良求人の中から求職者とのマッチングを考えた上で厳選して企業を紹介してくれます。

    詳しく見る

まとめ

記事の内容をまとめます。

  • 転職しやすい環境を背景に入社直後に就活再開・就活やり直しをする若手社員が急増している
  • 就活再開・就活やり直しのリスクを認識しておく
  • 就活再開・就活やり直しを行動に移す前に会社内でやるべきこと3つを行ってみる
  • 「就活再開・就活やり直しを行動に移す場合」→様々なサポートを行ってくれる「第二新卒専門」の転職サイトを活用することが転職成功への近道となる

転職が成功すれば環境を一気に変えることができますし、「今の自分には転職することが必要」と判断した場合はすぐに動かないとズルズルと時間ばかりが過ぎていき長期的にみて損をするケースがほとんどです。

就活再開・就活やり直しを決断した方は、まずは気になった転職サイトに登録してみて「転職カウンセリング」「転職イベント参加」などから始めてみましょう!

当サイトで紹介した【3大大手就活サイト系】第二新卒・既卒向け就職サイト

>>就職Shop

>>マイナビジョブ20’s

>>Re就活

当サイトで紹介した【第二新卒特化型】第二新卒・既卒就職サイト

>>20代の転職相談所
>>キャリア適性診断はコチラ!

>>ウズキャリ

>>DYM就職

関連記事~ホワイト企業を探す際に活用したい「口コミ転職サイト」一覧~

関連記事~ブラック企業の見分け方~総まとめ~【+退職代行サービス徹底解説】~