新入社員・第二新卒向/入社直後に就活再開・就活やり直しをするには?

入社直後に就活再開・就活やり直しをする若手社員が急増

2019年10月9日付日本経済新聞の記事によりますと、若手の転職市場が急拡大しているとのことです。

記事のポイントは

  • 「卒業後3年以内の転職サービス登録者数は前年に比べ3割増
  • 「2019年新入社員1か月後の意識調査で「就活をやり直したいか」の問いに半数以上が思う(強く思う~少しだけ思う)と回答」

早めにキャリアアップ・キャリアチェンジしたいと考える人は入社直後から就職活動を再開しています。

案内人

苦労して入社した会社を早々に見切りをつけて就職活動を再開する人が増えている理由は何なのでしょうか?

これは近年好景気による人手不足で転職しやすい環境が続いているうえに、就活当時は「勝ち組」就職先だったにもかかわらず、AI(人工知能)・RPA(業務自動化ロボット)の導入などで経営環境が激変し店舗統廃合(リストラ)が加速している金融業界など、大量採用された若手社員が将来の行く末を案じて早々と見切りをつけるケースがみられます。

また希望を持って意気揚々と入社してみたものの実情は「ブラック企業」「ブラック職場」だったので、いわゆる「ホワイト企業」へ転職したいと考える人も増え続けています。

このように「複数の会社を経験して早めにキャリアを積みたい」や「今の会社に見切りをつけて新天地で頑張りたい」「ワークライフバランス(仕事と生活の調和)を実現できる職場で働きたい」などを考えている新入社員・第二新卒者向け(入社直後~入社3年前後)に就活再開・就活やり直しの現状とノウハウをわかりやすく解説します。

就活再開・就活やり直しのリスクとは?

新入社員Dさん新入社員Dさん

就活をやり直したいと思っていますが簡単に決断してもいいのでしょうか?

案内人

ではここで入社直後に会社を辞めてしまうリスクについて整理しておきましょう

  • 入社3年未満の早期退職をネガティブにとらわれがち

    就職して3年くらいはひとつの会社に腰を据えて働くものだと考えている会社や採用担当者はいぜん多く、あまりに早く退職をしていると、忍耐力がない、諦めが早いなど判断され、「うちに来ても結局仕事が長続きしないのでは?」と思われてしまう可能性があります。

  • 今後景気が悪くなると転職活動が長期化する可能性がある

    若手の転職はしばらく「売り手市場」が続いていますが、今後景気の足取りが危うくなれば、当然転職環境も悪化して求人数が減少に転じる可能性があります。現に「米中貿易摩擦の長期化」など日本経済の先行きを不安視させるサインも灯って(ともって)いますので経済ニュースは常にチェックしておくべきでしょう。

  • 超大手企業への転職の可能性は極めて低い

    いわゆる超大手企業・人気企業といわれる会社は「売り手市場」の現在でも新卒採用でさえ非常に狭き門となっていますので大手志向の転職者は不利となりますが、一方でキャリアアップに適した「ベンチャー企業」「スタートアップ企業」やワークライフバランスを実現できるBtoB企業など、隠れた就職人気の「ホワイト企業」に出会える可能性があります。

案内人

まずは現在の自分の「将来のキャリア計画、仕事内容・職場環境」などと「入社直後に会社を辞めた場合のリスク」を冷静に分析することから始めてみましょう

就活再開・就活やり直しを行動に移す前に会社内でやるべきこと3つ

男性

就活再開・就活やり直しを行動に移す前にまずは会社内でできることを実践してみましょう

  • 信頼できる先輩社員に相談してみる
  • 上司や人事部に希望を申し出る
  • 異動届を提出する

会社自体は若手社員のキャリアアップを重視したりワークライフバランスを大切にする企業体質なのに上司や所属する部署が理解・実行できていないというケースが実は結構あるのです。

このような会社の一個人や一部門に原因があるケースは、きちんとアピールしていけばわざわざ会社を辞めて転職活動をしなくてもよい場合がありますので、まずは社内のしかるべき決裁権限を持つ責任者の方や人事部・労働組合などに相談してみてください。

本人からの希望・申し出が正当なものでかつ人材育成ビジョンやガバナンス(=企業統治)がキチンとした会社であれば、社内人事異動などが検討されますが、入社3年目前後でまだ実績に乏しい若手社員がすぐに希望の仕事・ポジションにつける可能性は高くないことも現実として承知しておきましょう。

男性

いずれにせよ「今勤めている会社で希望する職場環境を得られるか?目指すキャリアアップへの道を掴むことができるか?」といった可能性を探ったうえで、難しいと判断したならばグズグズせずに退職手続きや転職準備を計画的かつ速やかに進めていくことが大切です。