【ホワイトな会社とは?】転職者向けホワイト企業の見分け方・見つけ方を解説

ホワイト企業への転職を目指すべき4つの理由とは?

 

このサイトをご覧になっているあなたを始め、転職を考えている人の大多数が

 

「こんなブラック企業は辞めて早くホワイト企業へ転職したい!」

 

「年収を上げてキャリアチェンジしたいができればホワイトな会社へ行きたいなあ」

 

「今の仕事に不満は無いけど、将来の出産・子育てに備えて産休制度や育休制度のしっかりしたホワイトな職場へ転職しておきたい」

 

「ホワイト企業へ行くにはどういう風に転職サイトを活用すればいいの?」

 

このように考えているのではないでしょうか?

 

ブラック企業よりもホワイト企業で働きたいと希望する人が圧倒的に多いのは当然ですが、その理由をあらためて整理してみるとおおよそ次に挙げる「ホワイト企業を目指すべき4つの理由」に当てはまるはずです。

 

解説:ホワイト企業への転職を目指すべき4つの理由

  1. 成功のチャンスが多い

    通常、ホワイト企業では事業が拡大・成長していきますので、成果を上げるチャンスが増えるほか仕事にやりがいを感じる可能性も高まって、結果的に成功するチャンスが多くなります。

  2. 待遇(年収・福利厚生・研修制度など)が良い

    普通の企業よりもホワイト企業の方が一般的には平均年収も高くなるほか、企業年金・社宅などをはじめ柔軟な勤務体系や各種休暇制度などの福利厚生や研修制度・人材育成システムなどが充実しています。

  3. 自分自身を向上させる機会が増える

    ホワイト企業には比較的優秀な人材が集まってくることから、仕事を通じて一流の仕事の仕方や考え方を吸収して自らのレベルを向上させる機会が増えます。

  4. 健康的に継続して働くことができやすい

    劣悪なブラック環境では「過度なノルマや猛烈なプレッシャー」「サービス残業の強制」「パワハラ・セクハラ」などで疲弊してしまい、最悪の場合は心身の健康を害してしまうかもしれませんが、ホワイト企業ならば健康的に継続して働くことができやすくなります。

 

もちろん、キャリア形成や人生設計またワークライフバランス(=仕事と生活の調和)実現などの点からもホワイト企業で働くことのメリットは計り知れません。

 

しかし当然転職先としては人気も高く「狭き門」なので(ばくぜん)と転職活動をしていてはホワイト企業への入社は困難です。

 

そこでこの記事ではホワイト企業への転職を希望しているあなたが参考になるような情報として

 

  • ホワイト企業の見分け方(定義)
  • ホワイト企業の見つけ方やそのコツ
  • オススメの転職サイトや転職エージェント

 

などの解説しています。

 

ホワイト企業への転職成功の可能性を高めたい方は必見なので最後までチェックしてみてください。

 

また20代未経験だけれどホワイトが多い異業種へ転職したい方や第二新卒の方向けにも「ホワイト業界とブラック業界」に関する情報も発信していますので参考にしてください。

 

ホワイト企業の見分け方を解説

 

案内人

最初に「どのような会社がホワイト企業なのか?」などを知りたい方へ向けに「ホワイト企業の見分け方」から解説します

ホワイト企業の見分け方一覧

  • 「平均残業時間」が少ない

  • 「新卒社員や女性社員の離職率」※「3年後離職率」などが低い

ポイント
※「3年後離職率」でみると、厚生労働省が毎年公表している大学新卒者の平均値は30%前後なので、これを基準に各企業の離職率の高さが判断できます。

 

  • 「有休消化率」「待遇面の満足度」「法令順守(コンプライアンス)意識」「男性社員の育休取得率」などが高い

  • 「福利厚生」「研修・教育制度」が充実している

  • 「勤務地」「勤務時間」などで多様かつ柔軟な制度を導入している(「フレックス」「リモートワーク・テレワーク」「ワークシェアリング」など)

(リモートワークに特化した転職サイト:»リモートビズ※エンジニア・デザイナー向け、»ReWorks(リワークス)※幅広い仕事有り、»ママワークス※主婦・ママ向け)

  • ユニークかつ機能的なオフィス環境を整備している

  • 法定雇用率以上の障がい者を雇用している

参考
※障がい者雇用の「法定雇用率」=平成30年4月1日より2.2%→令和3年3月1日から2.3%へ

 

(障がい者のための転職・就職支援サービス:»dodaチャレンジ»障害者雇用バンク»障がい者転職エージェント【Agent-Sana】

  • 女性社員育児支援に積極的である(「育児復帰支援」「社内託児所設置」「男性の育休取得促進」など)


以上のような項目を多く取り入れている企業は、働き方改革により様々な働き方を促進することで、生産性を高めて長時間労働削減に努めながら多様な人材を活用することを真剣に取り組んでいる「ホワイト企業」といえるでしょう。

 

また、その他に参考にしたい項目としては

 

  • 過去に希望退職も含めて「リストラ」を行っていない
  • 重大な労災事故を起こしていない
  • 黒字経営

 

などがあります。

ホワイト業界とブラック業界について

ホワイト業界を解説

ホワイト業界かどうかを知るには一般的には

 

  • 参入障壁が高い
  • 新規参入が困難
  • 認可制の高いハードル

 

などが目安になると言われています。

 

この様な業界はいずれも市場が(ごく少数の企業が独占する状態)しているのが特徴です。

 

寡占化状態になると企業は厳しい競争にさらされなくなるので、利益率が高くなり倒産リスクも低くなります。

 

また社員レベルでも「営業ノルマ不要」「平均給与が高い」など好待遇な条件となります。

 

一般的にこのような業界は次のような

 

物流業界、医薬品業界、インフラ業界(電力・ガス)、化学メーカーや素材メーカー(鉄鋼・鉱業・金属)、大学職員・公務員など

 

と紹介されています。

 

・激変するホワイト業界

 

昨今のコロナ禍などを想像すれば分かるかと思いますが、現在はごく短期間で経営環境が激変する変化のスピードが非常に速い時代になっています。

 

先ほど紹介した「ホワイト業界」の中にも現在は経営環境の激変により厳しい競争に晒(さら)され始めている業界もあります。

 

・物流業界(船・飛行機・鉄道など)
キャリアと呼ばれる輸送手段(船・飛行機・鉄道など)を保有しているので巨大な資本が無いと新規参入できません。
しかし物流業界は今回のコロナウイルスの影響で「ヒト・モノ」の流れが止まったため甚大な打撃を受けており、大変厳しい経営環境となっています。

 

・医薬品業界
医薬品業界は研究費などが莫大にかかるため参入障壁が高く安定した業界と言われていましたが、国内の医薬品市場の縮小を背景に成長性が鈍化しており収益力に陰りが見えています。
こうした状況を打破するために大手から中小に至る各社で海外企業の買収や人員削減(リストラ)など大規模な業界再編が行われています。

 

・インフラ業界(電力・ガス)
一般的に電力・ガスといったインフラ業界は参入障壁が高いことからホワイト業界として知られています。
しかし、2016年電力小売り全面自由化さらには17年にはガスの小売りも全面自由化されたことによって電力・ガス事業者が入り乱れて競争が激化していますし、電力業界では原発再稼働も見通すことができず依然不透明な状況が続いています。
また地球環境問題から再生可能エネルギーの普及も進むとみられており、今後電力・ガス業界は大きく様変わりしていくとみられています。

ブラック業界を解説

「長時間労働」「休みが不規則」「低賃金」「厳しいノルマ」などの要因が複合しがちな業界を一般的にブラック業界と呼ぶケースが多いです。

 

・不動産・建設業界
<ブラック的要素>
「不動産はノルマ、建設は納期に追われがち」
不動産も建設も長時間労働や休日の少なさが問題ですが、不動産は営業ノルマを達成するために、建設の場合は納期を守るために手段を選ばなくなりがちです。

 

・人材サービス業界
<ブラック的要素>
「過酷すぎる仕事が離職率を高めている場合も」
ここ数年、有効求人倍率が右肩上がりでマーケットは活況ですが、その分競争も激化しています。過酷な労働を強いる企業もあるようです。離職率が高めなのもブラックと言われる要因となっています。

 

・IT業界
<ブラック的要素>
「仕事丸投げの多重的な下請け構造が問題に?」
業界の慣習として多重的な下請け構造があり、下流に行くほど利益が低く労働条件が悪くなります。こうした事がもとになり「IT土方」と言う言葉も生まれてしまいました。

 

・小売り業界
<ブラック的要素>
「営業時間以外にも業務が発生しがち」
店舗の販売員は、営業時間中の接客に加えて営業時間外の裏方的な作業も発生するため勤務時間が長くなりがちです。土日に休めないのもイメージを悪くしています。

 

・卸売業界
<ブラック的要素>
「従来の顧客が競争相手になってしまった」
物流革命によって生産者と小売りの直接取引が盛んになったため、商材によっては競争が激化し営業の負担などが増えています。

 

・飲食業界
<ブラック的要素>
「人手不足などから労働時間が長くなりがち」
店舗では営業時間外にも準備や片付け等があるほか、慢性的な人手不足から労働時間が長くなりがちです。

 

結論

ホワイト業界とブラック業界について代表的な例を挙げましたが、いわゆるブラック業界の一部の企業では「ブラック」との指摘を受けたことから、働き方改革に真剣に取り組み「社員を大切にするホワイト企業」へと生まれ変わった例もあります。

 

じっくりと業界研究・企業研究をしないで

 

「あの業界はブラックらしいからチェックするのもやめておこう」

 

と言った先入観はあまり持たないようにして、様々な情報を得ながらあなた自身が飛躍できる可能性を探るようにしましょう。

 

ホワイト企業の見つけ方を解説

 

案内人

ホワイト企業を効率よく探しだして転職に結びつけるためのコツは次の4つです。

 

  1. 各種「ホワイト企業ランキング」をじっくり分析すること
  2. 詳細な検索機能が使える転職サイトで効率的に情報収集すること
  3. 複数の「口コミ」サイトの書き込みを見比べること
  4. 様々な相談やアドバイスを受けることができる専門のエージェントサイトを利用すること

「ホワイト企業ランキング」の分析

最近では各種メディアで「残業が少ない会社ランキング」「離職率が低い会社ランキング」など様々な切り口でホワイト企業ランキングが発表されています。

 

参考:ホワイト企業を見つける際に役に立つメディア
東洋経済オンライン
ダイヤモンドオンライン

 

ただ、最近では色々なランキングが発表されているので、数多くの企業が名を連ねていてホワイト企業が「過剰」気味になってきています。

 

そこで、当サイトではこれまでに取り上げられてきた複数の「ホワイト企業ランキング」をまとめ合わせて比較してみました。

 

これをみれば様々な「ホワイト企業ランキング」でより多く評価されている企業を」(真のホワイト企業)と考えることができるでしょう。

ホワイト企業ランキング
≫ホワイト企業ランキング常連企業~超まとめ~
ホワイト企業の定義・見分け方や「各種ホワイト企業ランキング」及び「複数のホワイト企業系ランキングで評価を受けている企業一覧」などを詳しく解説しています。

詳細な検索機能が使える転職サイトで効率的に情報収集

ホワイト企業を選び出すときに参考になる項目を転職サイトの検索条件に設定して気になる企業を効率的に選び出してみましょう。

 

ホワイト企業の項目とは具体的には「離職率」「月平均残業時間」「有休消化率」「育休取得率」「フレックスタイム制」などが転職サイトで検索できます。

 

解説:ホワイト企業の項目
・離職率
一般的に離職率が高い企業ほど社員の不満が多くて業務がきつい傾向がみられます。反対に離職率が低い企業は「長く働くことができる企業」「社員を大切にする企業」といえます。
・月平均残業時間
月平均残業時間を減らしている企業は、ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)の充実を重視するホワイトな企業といえます。逆に長時間労働が常態化している企業は、「非効率な職場環境を放置」していたり「社員を搾取」しようとしているブラック企業である可能性が高いです。
・有休消化率
有休消化率が高い企業もワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)の充実を重視するホワイトな企業といえます。特に有休消化率が高いということは単に効率的に仕事をこなせる環境というだけでなく、計画的に有休を申請~取得することができる「風通しの良い職場」といえるでしょう。
・育休取得率
育休取得率の高さはワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)に加えて、女性社員の活用に向けて真剣に取り組んでいる企業の目安となります。慢性的な人手不足で新卒採用が困難な時代に、育児や介護などで離職していく社員が多い企業は新規採用が難しくなったり離職率が高くなっていき、人手不足に苦しんでブラック企業化していくことが多いとされています。
・フレックスタイム制など
「勤務地」「勤務時間」などで多様かつ柔軟な制度を導入している企業はワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)の充実を重視する他に、家事・育児・介護などの負担を抱える社員が働きやすい環境を提供している「長く働くことができる企業」「社員を大切にする企業」といえます。

 

転職支援サイト特徴
≫リクナビNEXT
全国の求人情報を勤務地や職種、スキルや資格などから検索でき、転職ノウハウや転職活動体験談等、転職成功のヒント満載の「実績No1」求人/転職サイト。
≫ミイダス優良企業7000社にユーザーのキャリア(価値)を公開して、自分の市場価値が高い時の転職が可能。
≫キャリトレサイトを使い込んでいくと人工知能がより精度の高い求人をオススメしてくれたり(レコメンド精度向上)、経歴情報を充実させるとプラチナスカウトを受け取ることができる20代向け転職サイト。
≫キャリアインデックス有名大手転職サイトや人材紹介会社、ハローワークの求人など国内の求人をまとめて掲載している日本最大級の転職サイト。WEB履歴書作成や年収査定などの転職に役立つコンテンツも豊富です。

オススメの転職サイト:≫リクナビNEXT

 

男性

リクナビNEXTの詳細な検索条件機能「人気のこだわり条件」の検索画面サンプルを解説します

 

「月平均残業時間20時間以内」「フレックス勤務OK」

↓クリックで拡大

 

「離職率5%以下」

↓クリックで拡大

 

このような感じでホワイト企業の条件である様々な項目をチェックして気になる会社を選び出すことができます。

 

▶日本最大級の求人データベース!転職を考えたらまずは登録すべき「業界No1」求人サイト
リクナビNEXT


【レコメンド】膨大な求人情報から、自分では探せない「ぴったり」を抽出
独自の高精度AI が「あなた」をトータルに分析。その結果を元に、巨大なデータベースの中から最適な求人を選び抜いてオススメします。時には意外な業界や職種との出会いも。
詳細な検索条件機能「人気のこだわり条件」
豊富な検索条件が使えるので自分にあった条件や希望する条件(例えば「リモートワーク」「女性が活躍中」など)で求人を絞り込むことが可能です。さらに検索して魅力を感じた企業を「気になる」(※会員限定機能)に登録すればその企業からあなたの元に連絡がくる場合があります。

求人のオファーが転職の可能性を広げる
2万社以上のオファー利用企業や400社以上の転職エージェントから掲載求人だけでなく非公開求人の紹介オファーも受け取ることができます。

特長① 特長② 特長③
グッドポイント診断(会員限定) 新着情報を逃さないリクナビNEXTアプリ 豊富な求人特集(地方・女性・第二新卒など)
  • わずか5分で登録
  • 簡単3ステップ


無料
会員登録はこちら

リンク先:https://next.rikunabi.com/

求人・転職情報満載!【毎週水・金曜更新】会員限定サービスで転職を強力にサポート

 

複数の「口コミサイト」の書き込みを見比べる

「口コミ」サイトを利用して実際に企業で働いている人の「」=いわゆる口コミ情報を集めることで、希望している企業は「ホワイト(ブラック)企業なのか?」などをある程度見極めることができます。

 

memo(メモ)
現在働いている方の場合は転職希望先の職場環境が今に比べてよりホワイトよりなのか?(ブラックよりなのか?)を比較・検討することもできます。

 

・転職口コミサイトの信ぴょう性を高めるコツとは?

口コミサイトを見てチェックしている企業がホワイトか?ブラックか?を見極めたいと思っても結局のところ個人の見解もあるので簡単ではありません。

 

また、会社自体はホワイト企業でも一部ブラックな部署が存在するケースもあるので、その部署だけの口コミをみて判断するのも危険です。

 

そこで転職口コミサイトの信ぴょう性を高めるには一つの口コミサイトだけの情報を鵜呑みにせず、複数の口コミサイトに登録して内容を比較検討することがオススメです。

 

転職口コミサイトもサイトごとに特徴・強みなどがありますので次に紹介するような人気口コミサイトを色々試してみてください。

口コミ転職サイト特徴
≫転職会議口コミ登録企業数は80万件以上と圧倒的な掲載数を誇る国内最大級の口コミ転職サイト
≫Lighthouse(ライトハウス)社員・元社員による会社のリアルな口コミが100万件以上掲載されている日本最大級の転職口コミサイト
≫OpenWork(オープンワーク)20代~30代の若手社員をターゲットにした口コミ転職サイト

 

オススメの口コミサイト:転職会議

 

男性

口コミ転職サイト「転職会議」を解説します

↓クリックで拡大

 

このように、口コミ転職サイトを利用すると実際に働いていた元社員や社員の会社に対する評価や年収を始めとして、「残業時間・有給消化率」=ホワイト企業の条件に関する情報などの生の声を口コミとして見ることができます。

 

▶企業の口コミ・評判・求人が豊富な転職サイト
転職会議

国内最大級300万件以上の転職口コミ情報を掲載している国内最大級のサイトです。
実際に働いていた元社員や社員の会社に対する評価や年収、残業時間、有給消化率などを口コミとして見ることができます。(無料会員登録「要」)
求人サイトとしての機能もあるので17万件以上の中から気になる求人情報を検索可能。

特長① 特長② 特長③
初心者にも使いやすい (会員数)700万人超からの口コミ 大手転職サイトと求人連携

 

「エージェントサイト」の活用

転職エージェントサイトには企業の採用・人事担当者と連絡を密にして積極的に情報を得ている「専任のキャリアアドバイザー」が在籍していますので、

 

「自分が目指している企業・業界はホワイト系なのか?」
「自分が勤務している会社はブラック企業なのか?」

 

などを確認することが可能です。

 

またキャリアアドバイザーと対話を進めていく中で、更に詳しく知りたいことがあってもその場ですぐに解決できる他、自分自身の強みや特性などを改めて再発見することもあります。

 

このようなアドバイスを受けたうえでその人の強みや特性にマッチした企業が厳選して紹介されますので転職活動においてスピーディーかつ客観的な意思決定・行動が可能になります。

 

転職エージェント(大手総合型)特徴
≫リクルートエージェント一般公開している求人はもちろん、業界最大級の「10万件以上」の非公開求人を取り揃えている転職支援実績NO.1サイト。
≫doda転職希望者と企業を多岐にわたる手段でマッチングするサービスが人気です。転職のプロがユーザーの希望に合った非公開求人を紹介する[エージェントサービス]と企業から直接オファーが届く[スカウトサービス]に定評があります。
≫マイナビエージェント
業界職種に精通したキャリアアドバイザーからの転職活動情報や転職ノウハウなどの情報提供を受けられる転職エージェント(若手転職に強み)
≫パソナキャリア専任キャリアアドバイザーの能力の高さと徹底した一貫サポートが充実の転職エージェント。女性のキャリアアップを全力でサポート。スカウトサービスも好評です。
転職エージェント(ハイクラス)特徴
≫ビズリーチ管理職・グローバル人材向け国内最大級の会員制転職サイト
≫キャリアカーバー(CAREERCARVER)ヘッドハンター数600名、年収600万円以上の求人数6000件以上。ハイクラス専門の転職エージェント
≫ランスタッド世界最大級の総合人材サービス会社。日本国内に117拠点、IターンUターン歓迎の求人も多数。経験豊富なプロのコンサルタントが多数在籍して初めての転職にも親身なサポートを提供。
≫JAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)1988年設立、東証1部上場で豊富な支援実績を持つグローバル転職エージェント会社です。
管理・専門職、ミドル・ハイクラス向けの高年収層向け転職サービスに定評があります。
転職エージェント
≫【徹底比較】ホワイト企業に出会うためのおすすめ転職エージェントを解説
「未公開」の求人を紹介や会社との条件面交渉を始め、履歴書や職務経歴書等の選考書類作成時のアドバイス、面接日の調整、採用条件・入社日のすり合わせまで無料でサポートして転職活動の強い味方になる転職エージェントについて詳しく解説しています。

まとめ【ホワイト企業で働きたい/転職したい方へ】

 

記事をまとめます。

 

案内人

「ホワイト企業に転職して、ワークライフバランス(仕事と生活の調和)を実現しながらやりがいのある仕事に取り組みたい!」そのためには以下の4点がポイントになります

 

  1. 各種「ホワイト企業ランキング」をじっくり分析すること
  2. 詳細な検索機能が使える転職サイトで効率的に情報収集すること
  3. 複数の「口コミ」サイトの書き込みを見比べること
  4. 様々な相談やアドバイスを受けることができる専門のエージェントサイトを利用すること

 

「企業分析」「情報収集」を十分に行ったうえで、必要に応じて様々なノウハウを持つ「エージェントサイト」を最大限活用することがホワイト企業へ近づくとなります。

 

最後に

繰り返しになりますが、多くの優れたホワイト企業は「」な会社というわけではありません。

 

優秀な人材(人財)を採用し活用するために「働き方改革」に真剣に取り組みワークライフバランス(仕事と生活の調和)多様な働き方(テレワークやフレックスタイム制)などで働きやすい環境を提供しており、

 

「長く働くことができる企業」
「社員を大切にする企業」

 

へと変貌(へんぼう)を遂げています。

 

このような(ホワイトな)環境では日々の業務を通じて仕事にやりがいを感じられて充実度がアップするほか、待遇やスキル更には人物的にも一流になれる可能性が高まります。

 

「ホワイト企業で働きたい!」「ホワイト企業へ転職したい!」という気持ちが少しでもあるなら、まずは第一歩を踏み出してみてください。

 

動き出した人から人生は少しずつ変わってきます。

記事で紹介した転職サイト・口コミサイト・転職エージェントサイト一覧

転職支援サイト特徴
≫リクナビNEXT
全国の求人情報を勤務地や職種、スキルや資格などから検索でき、転職ノウハウや転職活動体験談等、転職成功のヒント満載の「実績No1」求人/転職サイト。
≫ミイダス優良企業7000社にユーザーのキャリア(価値)を公開して、自分の市場価値が高い時の転職が可能。
≫キャリトレサイトを使い込んでいくと人工知能がより精度の高い求人をオススメしてくれたり(レコメンド精度向上)、経歴情報を充実させるとプラチナスカウトを受け取ることができる20代向け転職サイト。
≫キャリアインデックス有名大手転職サイトや人材紹介会社、ハローワークの求人など国内の求人をまとめて掲載している日本最大級の転職サイト。WEB履歴書作成や年収査定などの転職に役立つコンテンツも豊富です。
口コミ転職サイト特徴
≫転職会議口コミ登録企業数は80万件以上と圧倒的な掲載数を誇る国内最大級の口コミ転職サイト
≫Lighthouse(ライトハウス)社員・元社員による会社のリアルな口コミが100万件以上掲載されている日本最大級の転職口コミサイト
≫OpenWork(オープンワーク)20代~30代の若手社員をターゲットにした口コミ転職サイト
転職エージェント(大手総合型)特徴
≫リクルートエージェント一般公開している求人はもちろん、業界最大級の「10万件以上」の非公開求人を取り揃えている転職支援実績NO.1サイト。
≫doda転職希望者と企業を多岐にわたる手段でマッチングするサービスが人気です。転職のプロがユーザーの希望に合った非公開求人を紹介する[エージェントサービス]と企業から直接オファーが届く[スカウトサービス]に定評があります。
≫マイナビエージェント
業界職種に精通したキャリアアドバイザーからの転職活動情報や転職ノウハウなどの情報提供を受けられる転職エージェント(若手転職に強み)
≫パソナキャリア専任キャリアアドバイザーの能力の高さと徹底した一貫サポートが充実の転職エージェント。女性のキャリアアップを全力でサポート。スカウトサービスも好評です。
転職エージェント(ハイクラス)特徴
≫ビズリーチ管理職・グローバル人材向け国内最大級の会員制転職サイト
≫キャリアカーバー(CAREERCARVER)ヘッドハンター数600名、年収600万円以上の求人数6000件以上。ハイクラス専門の転職エージェント
≫ランスタッド世界最大級の総合人材サービス会社。日本国内に117拠点、IターンUターン歓迎の求人も多数。経験豊富なプロのコンサルタントが多数在籍して初めての転職にも親身なサポートを提供。
≫JAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)1988年設立、東証1部上場で豊富な支援実績を持つグローバル転職エージェント会社です。
管理・専門職、ミドル・ハイクラス向けの高年収層向け転職サービスに定評があります。