ホワイト企業ランキング常連企業~超まとめ~

真のホワイト企業とは?

近年「パワハラ」「ブラック企業」「過労死」などが大きな社会問題として取り上げられたり出生率の低下による生産年齢人口(15~64歳)の減少などが問題視され始めたことから「ワークライフバランス(仕事と生活の調和)」「ダイバーシティー(多様な人材の積極的活用)」など働き方を見直す取り組みが始まりました。

その中で、労働力は「人財」であり希少な「経営資源」であることに気付いた企業は、優秀な人材(人財)を採用し活用するために働き方改革に真剣に取り組み「社員を大切にする会社」へと変貌を遂げました。

そうした企業が「ホワイト企業」と呼ばれるようになったのです。

しかしホワイト企業とは単に「ホワイト=仕事が楽」ということではありません。

ホワイト企業とは

ホワイト企業とは一般的に「人事制度が整備されている」「コンプライアンスがしっかりしている」「ワークライフバランスが取れている」などの基準を満たす企業と言われています

この記事では

就活生Aさん就活生Aさん

現在就活中なのでホワイト企業の一覧を参考にしたいです

新入社員Dさん新入社員Dさん

職種・報酬・勤務地など自分の希望に合致したホワイト企業でワークライフバランス(仕事と生活の調和)を実現しながらやりがいのある仕事に取り組みたい!

などホワイト企業への就職・転職・再就職などを考えていたり準備を始めている方向けへ

  • ホワイト企業の定義(見分け方)
  • 「各種ホワイト企業ランキング」及び「複数のホワイト企業系ランキングで評価を受けている企業一覧」
  • ホワイト企業を効率よく探しだして就職に結びつけるための「転職サイト」「就活サイト」はどのようにして選べばよいのか?

などを解説しています。

この記事を参考にして是非仕事選びや就職サイト選びのヒントにしてください。

ホワイト企業の見分け方~総まとめ~

当サイトでは過去に発信した内容を基に「ホワイト企業の見分け方」をまとめていますのでご紹介します。

ホワイト企業の定義(見分け方)

  • 「平均残業時間」が少ない
  • 「新卒社員や女性社員の離職率」※「3年後離職率」などが低い

※「3年後離職率」でみると、厚生労働省が毎年公表している大学新卒者の平均値は30%前後なので、これを基準に各企業の離職率の高さが判断できます。

  • 「有休消化率」「待遇面の満足度」「法令順守(コンプライアンス)意識」「男性社員の育休取得率」などが高い
  • 「福利厚生」「研修・教育制度」が充実している
  • 「勤務地」「勤務時間」などで多様かつ柔軟な制度を導入している(「フレックス」「テレワーク」「ワークシェアリング」など)
  • ユニークかつ機能的なオフィス環境を整備している
  • 法定雇用率以上の障がい者を雇用している

※障がい者雇用の「法定雇用率」=平成30年4月1日より2.2%

  • 女性社員育児支援に積極的である(「育児復帰支援」「社内託児所設置」「男性の育休取得促進」など)

以上のような項目を多く取り入れている企業は、働き方改革により様々な働き方を促進することで、生産性を高めて長時間労働削減に努めながら多様な人材を活用することを真剣に取り組んでいる「ホワイト企業」といえるでしょう。

◆その他

  • 過去に希望退職も含めて「リストラ」を行っていない
  • 重大な労災事故を起こしていない
  • 黒字経営

など

案内人

さらに興味深いところでは「トイレの便器」がキレイな会社もホワイト企業であるかどうかを見極めるひとつの目安になるそうですよ。一説によると、会社の姿勢が最も表れるのは「トイレの便器」なので、ここがキレイな会社は経営者の目が細部まで行き届いている証拠であり社員への思いやりもきめ細かい会社が多いとのことです。実際に志望企業を訪れた際には「正面玄関」や「受付」などの表面的なところばかりではなく、「トイレ」も是非チェックしてみましょう。

複数のホワイト企業系ランキングで評価を受けている企業一覧(業種別)

最近では様々な視点から各種メディアで「ホワイト企業のランキング」が発表され、多数の企業が名を連ねていわゆるホワイト企業が「過剰状態」気味で「真のホワイト企業」が絞り込みにくい状況になっているようです。

そこで、

「各ホワイト系企業ランキングで複数高い評価を受けている企業」

「より理想のホワイト企業である可能性高」

と考えて、各ランキング記事を横断的に比較して複数該当する企業を一覧表にまとめてみました。

この一覧表をみれば様々なホワイト企業系ランキングで多角的に評価されている「真のホワイト企業はどの企業か?」が見えてくるのではないでしょうか。

この「ホワイト企業一覧表」をご覧になった皆さんがご自身の就職活動や転職活動に役立てていただければ幸いです。

ホワイト企業ランキング常連企業(メーカー)

ホワイト系ランキング①~⑲⇒⇒⇒ ←←←ホワイト系ランキング①~⑲
カルビー カルビー
トヨタ自動車 トヨタ自動車
ダイキン工業 ダイキン工業
花王 花王
日産 日産
P&Gジャパン P&Gジャパン
味の素 味の素
TOTO TOTO
アサヒグループHD アサヒグループHD
キリンHD キリンHD
資生堂 資生堂
日本たばこ産業 日本たばこ産業
コニカミノルタ コニカミノルタ
キャノン キャノン
リコー リコー
リコーリース リコーリース
ホンダ ホンダ
トヨタ自動織機 トヨタ自動織機
ショーワ ショーワ
アイシン精機 アイシン精機
コマツ コマツ
東亜合成 東亜合成
ワコール ワコール
デンソー デンソー
JFEホールディングス JFEホールディングス
キャノンマーケティングジャパン キャノンマーケティングジャパン
サントリーHD サントリーHD
パナソニック パナソニック

ホワイト企業ランキング常連企業(金融系)

ホワイト系ランキング①~⑲⇒⇒⇒ ←←←ホワイト系ランキング①~⑲
MS&ADインシュアランスグループHD MS&ADインシュアランスグループHD
大和証券 大和証券
ゆうちょ銀行 ゆうちょ銀行
日本生命保険 日本生命保険
三菱UFJ銀行(FG) 三菱UFJ銀行(FG)
みずほFG みずほFG
SOMPO(HD) SOMPO(HD)
東京海上HD 東京海上HD

ホワイト企業ランキング常連企業(IT・通信系)

ホワイト系ランキング①~⑲⇒⇒⇒ ←←←ホワイト系ランキング①~⑲
SCSK SCSK
グーグル グーグル
メルカリ メルカリ
ミクシィ ミクシィ
ヤフー ヤフー
ソフトバンク ソフトバンク
楽天 楽天
ディー・エヌ・エー ディー・エヌ・エー
日本電信電話(NTT) 日本電信電話(NTT)
KDDI KDDI
NTTデータ NTTデータ
NTTドコモ NTTドコモ

ホワイト企業ランキング常連企業(その他※商社、エネルギー、運輸、不動産、サービスなど

ホワイト系ランキング①~⑲⇒⇒⇒ ←←←ホワイト系ランキング①~⑲
伊藤忠商事 伊藤忠商事
日本航空 日本航空
ローソン ローソン
JXTGホールディングス JXTGホールディングス
住友商事 住友商事
JR西日本 JR西日本
JR東日本 JR東日本
リクルート住まいカンパニー リクルート住まいカンパニー
リクルートマーケティングパートナーズ リクルートマーケティングパートナーズ
三井不動産 三井不動産
三菱地所 三菱地所
フジ住宅 フジ住宅
丸井 丸井
三井物産 三井物産
ANA(HD) ANA(HD)
イオン イオン
案内人

いかがでしたでしょうか?個々の内容について更に詳しく確認したい方は下の各記事も参考にしてみてください。

ホワイト系企業ランキング記事特集一覧

ホワイト系①…≫新卒20代社員限定ホワイト企業ランキング2017
ホワイト系②…≫業界別ホワイト企業ランキング2017
ホワイト系③…≫ホワイト企業ランキング-トップ10-(人材活用・少残業時間・有休取得・育休取得率)
ホワイト系④…≫「幸せな会社」ランキング-TOP30-(2017年版)
ホワイト系⑤…≫3年後定着率の高い会社
ホワイト系⑥…≫社会人がオフィスに憧れる企業
ホワイト系⑦…≫働き方改革を実現するために先進的な働き方を実践している企業
ホワイト系⑧…≫健康経営銘柄2017
ホワイト系⑨…≫健康経営銘柄2018
ホワイト系⑩…≫投資家から注目されている働き方改革注目銘柄
ホワイト系⑪…≫働き方改革を実践するために副業OK(副業可能)な制度を導入している企業リスト
ホワイト系⑫…≫自由な働き方で社員のモチベーションが高い企業ランキングTOP20
ホワイト系⑬…≫「働きやすさ」の視点でまとめた「スマートワーク経営調査2018」総合格付け上位企業
ホワイト系⑭…≫「営業職」及び「技術職」で残業が少ない企業ランキング
ホワイト系⑮…≫「有給休暇」の取得率が高い会社-TOP20-
ホワイト系⑯…≫健康経営銘柄2019
ホワイト系⑰…≫ランスタッドアワード2018(ワークライフバランス、安定雇用、職場環境、給与・福利厚生)
ホワイト系⑱…≫新卒入社してよかった会社ランキング 2019
ホワイト系⑲…≫「働きやすさ」の視点でまとめた「スマートワーク経営調査2019」総合格付け上位企業

ホワイト企業への就活・転職を目指すべき4つの理由

多くの方が「ホワイト企業へ就職したい」と希望するのはなぜでしょうか?

ここではホワイト企業への就活・転職を目指すべき4つの理由を解説していきます。

  • 成功のチャンスが多い

    通常、ホワイト企業では事業が拡大・成長していきますので、成果を上げるチャンスが増えるほか仕事にやりがいを感じる可能性も高まって、結果的に成功するチャンスが多くなります。

  • 待遇(年収・福利厚生・研修制度など)が良い

    普通の企業よりもホワイト企業の方が一般的には平均年収も高くなるほか、企業年金・社宅などをはじめ柔軟な勤務体系や各種休暇制度などの福利厚生や研修制度・人材育成システムなどが充実しています。

  • 自分自身を向上させる機会が増える

    ホワイト企業には比較的優秀な人材が集まってくることから、仕事を通じて一流の仕事の仕方や考え方を吸収して自らのレベルを向上させる機会が増えます。

  • 健康的に継続して働くことができやすい

    これはいうまでもないことですが、劣悪なブラック環境では「過度なノルマや猛烈なプレッシャー」「サービス残業の強制」「パワハラ・セクハラ」などで疲弊してしまい、最悪の場合は心身の健康を害してしまうかもしれませんが、ホワイト企業ならば健康的に継続して働くことができやすくなります。

このようにキャリア形成や人生設計の点からもホワイト企業で働くことのメリットは計り知れませんが、当然就職人気も高く「狭き門」となるので、漠然(ばくぜん)と就活や転職活動をしていてはホワイト企業に巡り合うことは難しいでしょう。

案内人

次にホワイト企業への就職を目指す方へ「ホワイト企業を効率よく探しだして就職に結びつけるためのポイント」を解説していきます

ホワイト企業の見つけ方・見分け方【ヒント:2種類のサイトを活用】

案内人

普通に就活サイトや転職サイトに登録して就職活動をするだけではホワイト企業に巡り合うことは難しいといわれています。

男性

じゃあどうすればいいのかな?

案内人

ホワイト企業を効率よく探しだして就職に結びつけるためのポイントは次の2つです。

①「口コミ」サイトをチェックする
②エージェントサイトを活用する

案内人

最後にホワイト企業への就職を目指す際にぜひ活用したい就活・転職サイトをご紹介していますので、具体的にまだ就職したいホワイト企業が見つかっていない方はこれから紹介するサイトを試してみてください!

①「口コミ(リアルな生の声)」サイトをチェックする

口コミ」サイトを利用して実際に企業で働いている人の「生の声」やいわゆる「口コミ(クチコミ)」情報などを集めることで、希望している企業は「ホワイト(ブラック)企業なのか?」などを分析することができます。

また現在働いている方は「今の職場と比べて希望している会社の職場環境はホワイト系なのか?ブラック系なのか?」などを比較・検討することもできます。

案内人

ホワイト企業を探すためには、実際に企業で働いている人の「生の声」やいわゆる「口コミ(クチコミ)」情報などを集めて分析することがとても有効になります。

ホワイト企業を探す際に活用したい「口コミ就活サイト」一覧

口コミ就活サイト特徴
≫みん就(みんなの就職活動日記)就活生同士で企業研究や選考情報などの交換ができる口コミ就職サイト
≫ギガ就活学生によるガクセイ目線の就活クチコミサイト。ES情報・面接での質問や先輩の失敗談など良質な就活体験談が閲覧可能
≫就活ノート就活生が就活において体験したことがリアルな情報全てが記事として掲載

ホワイト企業を探す際に活用したい「口コミ転職サイト」一覧

口コミ転職サイト特徴
≫転職会議口コミ登録企業数は80万件以上と圧倒的な掲載数を誇る国内最大級の口コミ転職サイト
≫カイシャの評判社員・元社員による会社のリアルな口コミが100万件以上掲載されている日本最大級の転職口コミサイト
≫OpenWork(オープンワーク)20代~30代の若手社員をターゲットにした口コミ転職サイト。社員による会社評価スコアの項目にも「20代成長環境」「人材の長期育成」など若手社員向きの情報が掲載
≫キャリコネ年収・給与レポート、口コミ・評判レポート、面接体験レポートなどの情報サービスに定評がある転職支援サイト。
≫キャリドア転職活動に必須の3大情報「企業情報」・「口コミ」・「求人情報」がまとめてチェックできる他「適職診断」サービスも利用できる新感覚の転職サイト。

②「エージェント」サイトを活用する

「エージェント」サイトには企業の採用・人事担当者と連絡を密にして積極的に情報を得ている「専任のキャリアアドバイザー」が在籍していますので、「自分が目指している企業・業界はホワイト系なのか?」「自分が勤務している会社はブラック企業なのか?」などを相談することができます。

またキャリアアドバイザーと対話を進めていく中で、更に詳しく知りたいことがあってもその場ですぐに解決できる他、自分自身の強みや特性などを改めて再発見できることが多々あります。

このようなアドバイスを受けたうえで「その人の強みや特性にマッチした企業が厳選して紹介」されますので就職活動や転職活動においてスピーディーかつ客観的な意思決定・行動が可能になります。

案内人

「エージェント」サイトには企業の採用・人事担当者と連絡を密にして積極的に情報を得ている「専任のキャリアアドバイザー」が在籍していますので、「自分が目指している企業・業界はホワイト系なのか?」などの相談をすることができます。


男性

またキャリアアドバイザーと対話を進めていく中で、更に詳しく知りたいことがあってもその場ですぐに解決できる他、自分自身の強みや特性などを改めて再発見できることが多々あります。


案内人

このようなアドバイスを受けたうえで「その人の強みや特性にマッチした企業が厳選して紹介」されますので就職活動や転職活動においてスピーディーかつ客観的な意思決定・行動が可能になります。

ホワイト企業を探す際に活用したい「就活向けエージェント」一覧

就職エージェント型一覧特徴
≫ハローナビ就活
座談スタイルで企業担当者と直接交流が可能、専任のキャリアアドバイザーが就活をしっかりフォロー
≫キャリアチケット約60,000名の就職支援経験を持つ専任アドバイザーが内定獲得まで「受かるES」「グループディスカッション」「面接ノウハウ」等をきめ細かく個別サポート
≫JobSpring経験豊富なエージェントが学生にマッチした企業を厳選して紹介。自己分析から面接・内定まで就職活動を総合的にバックアップ
≫キャリセン就活エージェント採用コンサルタントがじっくり1時間の個別面談を実施して就活生一人ひとりに合った納得内定獲得を徹底的にサポート。非公開で採用している企業にも応募でき、企業ごとの選考・面接対策も行われるのでスピード内定も可能
≫MeetsCompany最大8社の優良企業と出会える「座談会」形式の合同説明会に参加可能。プロの就活アドバイザーによる無料面談サービスも好評
≫CareerTripベンチャー企業、スタートアップ企業などに強みを持つ就活エージェント。専門リクルーターがマンツーマンで内定までサポート

ホワイト企業を探す際に活用したい「転職向けエージェント」一覧

転職エージェント名特徴
≫リクルートエージェント一般公開している求人はもちろん、業界最大級の「10万件以上」の非公開求人を取り揃えている転職支援実績NO.1サイト。
≫doda転職希望者と企業を多岐にわたる手段でマッチングするサービスが人気です。転職のプロがユーザーの希望に合った非公開求人を紹介する[エージェントサービス]と企業から直接オファーが届く[スカウトサービス]に定評があります。
≫パソナキャリア
専任キャリアアドバイザーの能力の高さと徹底した一貫サポートが充実の転職エージェント。女性のキャリアアップを全力でサポート。
≫マイナビエージェント
業界職種に精通したキャリアアドバイザーからの転職活動情報や転職ノウハウなどの情報提供を受けられる転職エージェント(若手転職に強み)
≫アイデムスマートエージェント40年以上になる人材業界の老舗で500名超の法人営業部隊が仕事情報を開拓
≫ビズリーチ管理職・グローバル人材向け国内最大級の会員制転職サイト
≫キャリアカーバー(CAREERCARVER)ヘッドハンター数600名、年収600万円以上の求人数6000件以上。ハイクラス専門の転職エージェント
≫ランスタッド世界最大級の総合人材サービス会社。日本国内に117拠点、IターンUターン歓迎の求人も多数。経験豊富なプロのコンサルタントが多数在籍して初めての転職にも親身なサポートを提供。
≫JAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)1988年設立、東証1部上場で豊富な支援実績を持つグローバル転職エージェント会社です。
管理・専門職、ミドル・ハイクラス向けの高年収層向け転職サービスに定評があります。

【参考】「現役転職コンサルタントが転職エージェントに登録してみた!」(YouTube動画)

現役の転職コンサルタントの方が転職エージェント(リクルートエージェント)へ登録した感想のYouTube動画です。転職エージェントの登録に不安を抱いたり迷われている方は是非参考にしてみてください。

まとめ

記事をまとめます。

案内人

「ホワイト企業に入社して、ワークライフバランス(仕事と生活の調和)を実現しながらやりがいのある仕事に取り組みたい!」そのためには…

  • 「ホワイト企業の見分け方(定義)」を参考にして「ホワイト企業ランキング」をじっくり分析すること
  • 口コミ」サイトを活用すること
  • 様々な相談をしたり、随時アドバイスを受けることができる専門のエージェントサイトを利用すること

結局、「企業分析」や「情報収集」を十分に行ったうえで、様々なノウハウを持つ「就職サービス」を最大限活用することがホワイト企業へ近づく王道になるでしょう。

最後に

当サイトでは何度でも述べていますが、多くの優れたホワイト企業は「単に仕事が楽」な会社というわけではありません。

優秀な人材(人財)を採用し活用するために「働き方改革」に真剣に取り組みワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)や多様な働き方(テレワークやフレックスタイム制)などで働きやすい環境を提供しており、「長く働くことができる企業」「社員を大切にする企業」へと変貌(へんぼう)を遂げています。

このような環境では日々の業務を通じて仕事にやりがいを感じられて充実度がアップするほか、待遇やスキル更には人物的にも一流になれる可能性が高まります。

「ホワイト企業で働きたい!」という気持ちが少しでもあるなら、まずは第一歩を踏み出してみてください。

動き出した人から人生は少しずつ変わってきます。