【徹底解説】おすすめ就活サイト比較表まとめ(新卒向け最新版)

就活サイトの現状と人気急上昇中のサイトとは?

現在の就職活動は「就活サイトに登録することからスタートする」と言われており、多くの皆さんがまずはリクナビ・マイナビなどの総合型就職サイトを利用していると思います。

中でも二大大手就活サイトといわれるリクナビ・マイナビは「エントリーに必要」「アプリが充実していて使いやすい」「企業数が多い」「情報量が豊富で分かりやすく信頼できる」などの理由で多くの支持を集めています。

案内人

ところが2・3年前から就活サイト「二強」の状態が少しずつ様変わりしてきています。

HR総研が楽天みん就と共同で行った「就職活動動向調査」(出典:HR総研)によると

「年間を通して最も活用した就職サイト」(いずれも2019年卒→2020年卒)
【文系】マイナビ:46%→38%(▲8%)、リクナビ:33%→27%(▲6%)
【理系】マイナビ:41%→38%(▲3%)、リクナビ:37%→29%(▲8%)

とリクナビ・マイナビとも大きくポイントを落としています。

これは今まで画一的でどこの企業もほぼ同じような流れだった新卒就活の仕組みが急速に変わり始めており、リクナビ・マイナビなどの大手サイトから得られる情報では不足気味で物足りなくなってきているためと考えられています。

また最近では「ワーク・ライフ・バランス」「働き方改革」と言った視点から企業を判断したい就活生が増えていますが、大手サイトではそのような情報が満足に得られないと感じて「口コミサイト」「OB・OG訪問サイト」などが注目されています。

さらには「逆求人型スカウトサイト」のような就活生と企業とのミスマッチを解消する仕組みのサイトを利用して、満足のいく働き方が実現できる就活を目指す学生も急増しています。

これらのように今の就活サービスには、多様化した就活生の希望やニーズに応えてくれる個性的なサイトが多数あるので、それぞれのサイトの特長をうまく組み合わせて利用することが重要です。

そこでこの記事では皆さんの就職活動に役立つ新卒向け就活サイトを就活の必須アクション別(インターンシップ、自己分析、企業研究(OB・OG訪問、合説・就活イベント、口コミ)、GD対策、ES・面接対策)で比較表にまとめています。

それら複数のサイトの中から「自分が特に対策しておきたい」と思ったり、気になったりしたサイトへ幾つか登録してみて、自分に合ったサービスを見つけだして上手に活用していくことが満足のいく就活をやり遂げる近道となります。

おすすめ就活サイト比較表まとめ

総合型大手就活サイト

就活サイトの中で最も定番で利用されるのが総合型の就職サイトです。

あらゆる業界で大手企業や優良企業が多く掲載されているのが魅力です。

インターンシップを始め合同説明会やフェアなどにもエントリーできるので複数のサイトへ登録しておくのがベターです。

就職サイト(総合型)特徴
≫リクナビ業界最大級の企業掲載数を誇る超定番就活サイトです。インターンシップを始め企業検索・説明会検索・企業研究・自己分析・ES作成支援ツールなどの就活に役立つ情報が満載の総合メガサイトです。
≫マイナビ就活イベントに強いマイナビが運営する総合就活ナビサイトです。インターンシップや企業説明会、企業検索や無料適職診断・就活Q&Aなどが充実した人気の最大手就活サイトです。
≫ONE CAREER(ワンキャリア)ワンランク上のキャリアを目指す就活サイトです。本選考・インターンシップ選考のES・ 面接・GD対策や自己分析のコツ、インターン等の就活イベントのクチコミ、説明会のスケジュール、業界・企業研究コラムまでが揃っていて、新しい形の就職活動を提案する人気急上昇のサイトです。
≫キャリタス就活インターンシップ・就活イベントなど就活の軸探しに役立つ大手就活サイトです。就活に役立つ日経のニュースや企業研究コンテンツなど質の高い情報発信で定評があります。
≫あさがくナビ優良企業や中堅・中小・ベンチャー企業など成長企業への就職に強いことで有名な大手就活サイトです。就活イベント「就職博」や「就活サポートmeeting」適職診断テスト(エニアグラム)などが好評です。
≫キャリアパーク会員は「自己分析・面接・ES・SPI」などの資料が無料で見れる他、就活力診断や就活イベント・就活セミナーまで利用できる総合就活サイト

インターンシップ向け就活サイト

インターンシップは企業側にとって早期に学生と接点を持つことができるイベントですし、学生側も興味のある企業の実際の仕事内容や業界の状況などを知る絶好の機会となります。

ある調査では「半数以上の学生がインターンシップ先から内定を取得」という結果がでています。

このデータからもわかるようにインターンシップは、今や企業側・学生側のどちらもが一番重要視する就職活動となっています。

現在ではインターンシップの形態はワンデータイプが主流となっており、時期も夏期休暇や春期休暇だけでなく学期中にも実施されています。

インターンシップ向け就活サイト特徴
【総合型大手】
≫リクナビ業界最大級の企業掲載数を誇る超定番就活サイトです。インターンシップを始め企業検索・説明会検索・企業研究・自己分析・ES作成支援ツールなどの就活に役立つ情報が満載の総合メガサイトです。
≫マイナビ就活イベントに強いマイナビが運営する総合就活ナビサイトです。インターンシップや企業説明会、企業検索や無料適職診断・就活Q&Aなどが充実した人気の最大手就活サイトです。
≫ONE CAREER(ワンキャリア)ワンランク上のキャリアを目指す就活サイトです。本選考・インターンシップ選考のES・ 面接・GD対策や自己分析のコツ、インターン等の就活イベントのクチコミ、説明会のスケジュール、業界・企業研究コラムまでが揃っていて、新しい形の就職活動を提案する人気急上昇のサイトです。
【インターン特化型】
≫JEEKインターン日本最大級のインターンシップ情報サイトです。インターン通じて成長したい・社会経験を積みたい学生向けにハイレベルなインターン求人情報を提供しています。
≫インターンシップガイド全国のインターンシップ情報を掲載している総合サイトです。長期や夏のインターンシップだけではなく、就活イベント情報も数多く掲載されていることが特長です。
【その他独自サイト】
≫OfferBox(オファーボックス)人気の逆求人(スカウト)型就活サイトですが、登録しておけば企業から直接自分の志望などに合ったインターンシップの紹介を貰えるチャンスがあります。
WTI(インターンシップ専用WEBテスト)大手や人気企業のインターンシップではWebテストを実施するケースがあります。このサイトではインターンシップで実施されるメインのテスト(SPI WEBテスティング・玉手箱・TG-WEB)の3種対策ツールが利用できます。(無料体験後→有料版は税込み1,500円)

自己分析向け就活サイト

就活を成功させるには自分自身を客観的に見つめて、どの部分をアピールするかを突き詰めることが欠かせません。

やりたい仕事を見つけるためには「自分を知ることができている」ことが絶対条件となります。

そのためには自己分析(適性診断)は就活において最も重要なアクション(行動)となってきます。

自己分析向け就活サイト一覧特徴
≫OfferBox(オファーボックス)人気の逆求人(スカウト)型就活サイトですが、自己分析ツール「AnalyzeU+」は経済産業省が定めた「社会人基礎力」と「次世代リーダー力」という社会人必須能力25項目をどれだけ満たしているか診断、また診断結果のアドバイスから自己PR文が作成可能です。
≫FutureFinder2021
心理統計学に基づく自己分析で適職が見つかる「新・就活支援サイト」です。登録時に適合診断を受けると自分自身の特性を知ることができるので就活の自己分析で活用が可能です。また自分自身と適合している会社から直接スカウトをもらうこともできます。
≫就活力診断20の質問に答えると就活力を点数化して6つの分野で総合診断してくれます!

企業研究(OB・OG訪問、合説・就活イベント、口コミなど)向け就活サイト

企業研究を行う目的は企業の特徴・特色を把握し自分の志望動機を明確にすることです。

仕事の内容・企業の将来性・女性の活躍度など企業選びに何を重視するかは人それぞれですが、自分に合った企業を選ぶためにも企業研究はしっかりしましょう。

企業研究向け就活サイト一覧特徴
【OB・OG訪問】
≫ビズリーチ・キャンパス
同じ大学出身の先輩に話を聞ける大学別OB・OG訪問ネットワークサイト
【合説・就活イベント】
≫MeetsCompany最大8社の優良企業と出会える「座談会」形式の合同説明会に参加可能。プロの就活アドバイザーによる無料面談サービスも好評
≫ねっとで合説
動画で始める新しい就活の形!動画で企業の雰囲気が理解でき、合同説明会にいかなくても企業のことがわかるお手軽就活ナビサイト
≫キャリアパーク会員は「自己分析・面接・ES・SPI」などの資料が無料で見れる他、就活力診断や就活イベント・就活セミナーまで利用できる総合就活サイト
【口コミ】複数の就活サイトに一括登録・管理できるサービス
≫みん就(みんなの就職活動日記)就活生同士で企業研究や選考情報などの交換ができる口コミ就職サイト
≫就活ノート
就活生が就活において体験したことがリアルな情報全てが記事として掲載
≫ギガ就活学生によるガクセイ目線の就活クチコミサイト。ES情報・面接での質問や先輩の失敗談など良質な就活体験談が閲覧可能
【企業データ検索】
≫Ullet経審企業価値検索サービスサイトです。企業の基本情報・財務データ・ニュースなどが一発検索できます。

ES・面接・GD対策向け(就職エージェント)サイト

就職エージェントサイトでは就活生と企業との間に人材サービス会社が仲介します。

そして「キャリアカウンセリング」をはじめ「企業紹介」「履歴書やエントリーシートの添削」「面接対策や模擬面接実施」までをプロのキャリアコンサルタント(エージェント)に無料でサポートしてもらうことができます。

就職エージェント型一覧特徴
≫ハローナビ就活
座談スタイルで企業担当者と直接交流が可能、専任のキャリアアドバイザーが就活をしっかりフォロー
≫キャリアチケット約60,000名の就職支援経験を持つ専任アドバイザーが内定獲得まで「受かるES」「グループディスカッション」「面接ノウハウ」等をきめ細かく個別サポート
≫JobSpring経験豊富なエージェントが学生にマッチした企業を厳選して紹介。自己分析から面接・内定まで就職活動を総合的にバックアップ
≫キャリセン就活エージェント採用コンサルタントがじっくり1時間の個別面談を実施して就活生一人ひとりに合った納得内定獲得を徹底的にサポート。非公開で採用している企業にも応募でき、企業ごとの選考・面接対策も行われるのでスピード内定も可能
≫MeetsCompany最大8社の優良企業と出会える「座談会」形式の合同説明会に参加可能。プロの就活アドバイザーによる無料面談サービスも好評
≫CareerTripベンチャー企業、スタートアップ企業などに強みを持つ就活エージェント。専門リクルーターがマンツーマンで内定までサポート
≫キャリアパークエージェントES・自己分析・面接対策・企業紹介など内定獲得までの様々な場面で専属の就活アドバイザーから徹底的にサポートを受けることができます

まとめ

  • 就活準備は早めのスタートが肝心です!
  • まずは大手の「総合型の就活サイト」へ登録しましょう!
  • 現在は個性的なサイトが多数あるのでそれぞれのサイトの特長を上手に組み合わせて活用しましょう!

別の記事で、就活・転職向けに「ホワイト企業の見分け方と見つけ方」・「ホワイト企業への就職を目指す際にぜひ活用したい就活・転職サイト」について書いていますので詳細を知りたい場合は「»【転職/就活向け】ホワイト企業の見分け方・見つけ方~総まとめ~」をチェックしてみてください。