【20代転職】不安な点・気になる点とその解消方法とは?/おすすめの転職サイトも紹介

20代転職者 転職を考える中での不安な点・気になる点トップ3

転職支援サービス「エン転職」が行ったアンケートによると

20代の転職者が「転職を考える中での不安な点・気になる点トップ3」は

  • ①希望する転職先の有無
  • ②転職先になじめるか?
  • ③面接や選考で上手く話ができるか?

となっています。

案内人

この記事では20代転職者の不安や気になる点とやそれらの解消法などについて解説します。

転職経験者に聞く不安な点・気になる点の解消方法とは?

・今抱えている不安や心配を紙に書いて明確にする
→体験談によると、紙に書き出して不安点を可視化(見える化)したうえで自分自身の考え方をまとめていった、とのことです

男性

適性診断や自己分析などには転職サイトの無料ツールも活用してみましょう!

≪適性診断・自己分析が使える転職サイト一覧≫

転職向け(リクナビNEXT)
≫グッドポイント診断を受けてみる
※診断に答えるとあなたの強みが判明してその診断結果は自己分析にも活用できます!

転職向け(転職サイトtype)
≫仕事探しAIコンシェル「キャリボ」の診断を受けてみる
※ヒアリング結果をもとにあなたに合った仕事の求人とおすすめ理由を「キャリボ」が教えてくれます!

転職向け(ミイダス)
≫市場価値診断ならミイダス
※経歴や経験・スキル情報から市場価値をデータ分析、更にはあなたを求める企業から直接オファーが届きます!

転職向け(キャリドア→※クチコミ活用型キャリア情報サイト)
≫キャリドアで適職診断を受けてみる
※AI+脳科学の分析により目に見えないパーソナリティや潜在的な能力を視覚化して「どんな職場環境や働き方・職業」に向いているのかをアドバイスしてくれます!

・応募や面接などの転職活動を実際にしてみる
→面接の経験を蓄積しつつ「転職に慣れて」いくことで不安が解消されていきます

・転職活動の進め方について調べる
→転職サイトや転職エージェントをフル活用しましょう

案内人

転職エージェントについての解説記事です

転職エージェント
≫【徹底比較】ホワイト企業に出会うためのおすすめ転職エージェントを解説
「未公開」の求人を紹介や会社との条件面交渉を始め、履歴書や職務経歴書等の選考書類作成時のアドバイス、面接日の調整、採用条件・入社日のすり合わせまで無料でサポートして転職活動の強い味方になる転職エージェントについて詳しく解説しています。

20代で転職するメリットとデメリット

20代で転職するメリット

20代の転職は一長一短があるといわれています。

まずメリットについて確認しておきましょう。

メリット

大きな実績が無くても転職できる
20代のうちは小さな実績でもそこに至るまでにどのようなプロセスを踏んだのか?が重要視されます。
そのため面接では、今までの仕事の中で「どんな課題設定をして行動し→最終結果はどうだったのか?」を伝えることができるようにしておくことが大切です。
全くの異業種でも転職しやすい
社会人経験が浅い人材は、一般的に「会社の色に染まりやすく順応性や吸収力がある」とみられてます。
また20代は現場でどれだけ活躍できるかを考えると今後の伸びしろも加味してもらいやすいです。
転職エージェントに登録しやすい
エージェントは、専門スキルや前職での実績があまりない30代以降の人材を企業に紹介しづらいものです。
一方、20代はスキルが多少未熟でも他のポテンシャルが高ければ採用可と判断され斡旋しやすいと考えられますので転職市場で有利となります。

男性

20代転職者におススメの転職エージェントです

≫リクルートエージェント
求人数(※非公開求人数20万件以上)・転職実績ともにトップクラスの最大手エージェント。受け入れる年齢層も20~50代までと幅広く、様々なキャリアを持つ人材の転職ニーズにも柔軟に対応できる安心のエージェントサービスです

20代で転職するデメリット

20代転職のデメリットについても併せて確認しておきましょう。

デメリット

再び短期で転職してしまう可能性を疑われる
面接でよく聞かれる「なぜ転職したいのか?」という質問に対し、「上司とそりが合わない」や「希望職種につかせてもらえない」などの原因を伝えると、また同じようなことで辞めてしまうと思われがちです。後ろ向きな理由は注意が必要です。
仕事に対する熱意を軽く見られる
明確な退職理由がないと、当事者意識を持って仕事をする人だと思われにくくなります。面接では「自分の能力を使って実現したい目標があり転職を決意しました」といった切り口で臨みましょう。
仕事からの逃げ癖がつきやすくなる
採用面接が通っても「何かあればまた転職」という思考グセがつきやくくなります。30代になってもアピールできる実績が無い人材になってしまうと、以降は転職することが難しくなってしまいます。

デメリットの対策方法とは?

デメリットの内容を見ていくともうお分かりだと思いますが、

「デメリットの対策方法」と「転職を考える中での不安な点・気になる点→③面接や選考で上手く話ができるか?」

はどちらも「いかに面接をうまく乗り切るか?」に尽きます。

男性

20代転職者におススメの転職エージェントです

≫リクルートエージェント
求人数(※非公開求人数20万件以上)・転職実績ともにトップクラスの最大手エージェント。受け入れる年齢層も20~50代までと幅広く、様々なキャリアを持つ人材の転職ニーズにも柔軟に対応できる安心のエージェントサービスです

20代の転職者にオススメの転職エージェントとは?~

繰り返しますが20代の転職では、「面接をどのように上手に乗り切るか?」に尽きますので、いかに信頼できるエージェントに相談できるか?が大切になってきます。

 ≪心強い!エージェント≫

転職エージェントに相談すると面接対策だけではなく、キャリアプランも組み立ててくれます。
エージェントは転職のプロなので、キャリアアップのために現状のスキルを加味してどの企業に転職することが転職者にとって得策なのか(メリットがあるのか?)をアドバイスしてくれます。

おすすめの転職エージェント

≫リクルートエージェント
求人数(※非公開求人数20万件以上)・転職実績ともにトップクラスの最大手エージェント。受け入れる年齢層も20~50代までと幅広く、様々なキャリアを持つ人材の転職ニーズにも柔軟に対応できる安心のエージェントサービスです

まとめ

20代転職 不安点の解消方法とは?

・今抱えている不安や心配を紙に書いて明確にする
→体験談によると、紙に書き出して不安点を可視化(見える化)したうえで自分自身の考え方をまとめていった、とのことです
・応募や面接などの転職活動を実際にしてみる
→面接の経験を蓄積しつつ「転職に慣れて」いくことで不安が解消されていきます
・転職活動の進め方について調べる
→転職サイトや転職エージェントをフル活用しましょう

20代で転職するメリットとデメリット

メリット

・大きな実績が無くても転職できる
・全くの異業種でも転職しやすい
・転職エージェントに登録しやすい

メリット

・再び短期で転職してしまう可能性を疑われる
・仕事に対する熱意を軽く見られる
・仕事からの逃げ癖がつきやすくなる

20代の転職者にオススメの転職エージェントとは?

≫リクルートエージェント
求人数(※非公開求人数20万件以上)・転職実績ともにトップクラスの最大手エージェント。受け入れる年齢層も20~50代までと幅広く、様々なキャリアを持つ人材の転職ニーズにも柔軟に対応できる安心のエージェントサービスです

最後に

20代転職の不安点やデメリットなどをみてきましたが、この記事でその解消方法や対策方法がわかったことと思います。

新たな転職先で新しい仕事にやりがいを感じて充実度も良くなれば、結果的に待遇やスキルが向上するする可能性が高まります。

新天地で実力を発揮したい!という気持ちが少しでも芽生えていながら、前から気になっていた不安点が今回解消された方は、まず第一歩を踏み出してみてください。

動き出した人から人生は少しずつ変わってきます。

記事で紹介した20代転職にオススメのエージェントサイト

・リクルートエージェント


一般公開している求人はもちろん、業界最大級の「10万件以上」の非公開求人を取り揃えている転職支援実績NO.1サイトです。
各業界・各業種に精通したキャリアアドバイザーが、求職者の希望やスキルに沿った求人を厳選して紹介しています。
またキャリアアドバイザーは求人紹介をするだけではなく、職務経歴書・履歴書などの書類の添削や独自に分析した業界・企業情報の提供、志望企業への推薦など様々な転職活動をトータルでサポートしてくれます。

こんな方にオススメ!

・エージェント初心者の20~50代男女
・最初にどこのエージェントへ登録しようか迷っている方
・営業職・事務職・エンジニア系など
・非公開求人が豊富なエージェントサービスを利用したい方

詳細検索  クチコミ  非公開求人