コロナ禍にできる就活・転職活動とは?/対策とアドバイス【まとめ】

コロナ禍にできる就活・転職活動とは?

新型コロナウイルスが日常生活に大きな影響を及ぼし、4月時点で収束の気配が未だ見えない状況で「就活」や「転職活動」を始めている(始めようと考えていた)皆さんは、急速な環境の変化で不安を感じている方も多いと思います。

そこでコロナ禍(ころなか:新型コロナウイルスが招いた災い・被害)の中でもできる就活・転職活動について、転職サイトや各メディアなどで報じられた「対策」や「アドバイス」、この時期の「心構え」などをまとめていますので参考にしてみてください。

コロナ禍での就活生向けアドバイスまとめ

就活生向けアドバイス①
自ら行動し、選択肢を増やすことが大切だ。
例えば、電話で多くの社会人と話すこともできる。
企業は現状に不平をこぼす学生より、今できることををやる学生を求めている。
家にいる時間を有意義に使えば、社会人になってからの時間の使い方も変わってくるだろう。
(2020/4/21読売新聞「就活ON!」より抜粋)
就活生向けアドバイス②
これほど様々な企業が業績に不安を抱えるとは、年明けには誰も想像しなかった。
「先々を見通し、将来性のある企業を選びたい」と考え始めた学生も多いが、企業の将来は誰にも予想できない。
「ファーストキャリア(最初の仕事)を選ぼう」ぐらいの気持ちで臨んでほしい。
(2020/4/21読売新聞「就活ON!」より抜粋)
就活生向けアドバイス③
今回の就職活動では、「企業とのリアル接点が減る」ことはほぼ確定的です。
これはすなわち、「企業研究の難易度が上がる」ことに直結します。
なぜなら、実際に各社の社員と会って話を聞くことで得られる情報は、WEB記事や書籍などから得られない情報も少なくないからです。
「人柄や社風といった言語化が難しい情報」や「対面でなければ話しにくい情報」があるということを前提に、今できる情報収集・会社研究に取り組んでください。
理系ナビ2022「コロナウイルス 就活への影響」より抜粋)

コロナ禍での転職活動者向けアドバイスまとめ

転職活動者向けアドバイス①
■アフターコロナのキャリア計画
企業が人材に求めることが明確になっていく転職市場を見越して、何に備えるべきか。
それは、あなたが提供できる価値を明確にしておくことである。
そのために転職をするかどうかの判断は別にして、転職活動は今すぐにでも始めるべきだ。
ここでいう転職活動とは、やみくもに求人に応募するということではなく、働き方をしっかり生き方に重ねていくための活動を指す。
今までは会社がキャリア設計をしてきた側面が強かったが、終身雇用や年功序列といった制度が崩壊した今、キャリアを設計するのは自分である。
働き方改革の掛け声がかかっても、残業時間や休み方など、各論で話が終わってしまっていた。
その文脈の中で新型コロナは改革のスピードを非常に早めた感がある。
企業は先行きの不透明感から、採用失敗のリスクを減らして、変化に強い組織をつくるように変わっている一方、働く側も変化に強い働き方の設計をしていくという考え方が必要となる。
(47NEWS「コロナ後では遅い、転職活動の真実 「就社」の時代ついに終止符」より抜粋)
転職活動者向けアドバイス②
 未曽有の事態の中で、社会は急な変化を余儀なくされています。
わたしたちの生活も大きく変化する中で、改めて自分が仕事とどう向き合っていくか、考え直している方も多いでしょう。
今、転職する・しないを決断するのは難しいと思われる方が多いのも当然と言えます。
ただ、今までの社会人経験の棚卸し、企業の情報収集、職務経歴書の作成など、今できることを進めてみると仕事に対する迷いや悩みがクリアになるかもしれません。
自己の内省をしながら、未来へ一歩踏み出すことに時間をあててみてはいかがでしょうか。
もちろん、慣れない日々の中で体も気持ちも健康であることが第一。
くれぐれも無理はせずに、取り組んでみてください。
(転職サイトdoda「新型コロナで不安な今、始められる転職活動とは。」より抜粋)
転職活動者向けアドバイス③
転職というのは大きな決断です。
転職前と転職後では、職場や仕事内容、人間関係が一変します。
それは「人生が変わる」といっても差し支えない変化です。
だからこそ、「今の仕事を辞めたい」と思っても、なかなか踏み出せません。
こうした時にまず必要なのは転職情報ではなく、自分の過去にある「誰かに心を揺さぶられた体験」です。
そしてそうした体験は、自分のこれまでを振り返ることで見つかります。
(日刊SPA!「新型コロナで外出できない今だからこそできる自己啓発とは?」より抜粋)

まとめ

こうしてアドバイスをまとめてみると「就活」でも「転職活動」でもこのコロナ禍で行うべき行動は結局同じで、以下の様な項目に集約されることが分かると思います。

  • 今できることを行うこと(WEB・テレビ電話などの活用、情報収集、家でできることをやっておく…など)
  • 自己分析、キャリア・スキルなどの棚卸
  • 慣れない環境の中ではまず身体と心の健康を保つこと

最後に当サイトで紹介している「コロナ禍の時に活用したい就活&転職サイト」をご紹介しますので活用してみてください。

コロナ禍の時に活用したい就活&転職サイト

スカウト型就活サイト

≫OfferBox(オファーボックス)※自己分析ツール「AnalyzeU+」やしっかり作りこめる多彩なプロフィール作成機能が人気のサイト
≫キミスカ※早期内定も可能!特別選考のスカウトがもらえる就活逆求人サイト

新卒向け口コミサイト

≫みん就(みんなの就職活動日記)※就活生同士で企業研究や選考情報などの交換ができる口コミ就職サイト
≫ギガ就活※学生によるガクセイ目線の就活クチコミサイト
≫就活ノート※企業の選考情報の口コミや通過エントリーシートなどが見放題

キャリア・適性診断・自己分析ができる就活サイト

≫適性診断AnalyzeU+※OfferBox(オファーボックス)
≫心理統計学に基づく就職特化型の診断エンジン※Future Finder

OB/OG訪問ネットワーク就活サイト

≫ビズリーチ・キャンパス※同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク(オンラインでOB/OG訪問も可能)

 

スカウト型転職サイト

≫リクナビNEXT※自己分析に役立つ「グッドポイント診断」や詳細な検索機能を活用できる実績No1の転職サイト

転職向け口コミサイト

≫転職会議※口コミ登録企業数は80万件以上と圧倒的な掲載数を誇る国内最大級の口コミ転職サイト
≫OpenWork(オープンワーク)※20代~30代の若手社員をターゲットにした口コミ転職サイト
≫キャリドア※「企業情報」・「口コミ」・「求人情報」や「適職診断」サービスが利用できる新感覚転職サイト

キャリア・適性診断・自己分析ができる転職サイト

≫転職力診断テスト※type(タイプ)
≫グッドポイント診断※リクナビNEXT
≫市場価値診断※MIIDAS(ミイダス)
≫キャリドア適職診断※キャリドア
≫キャリア適性診断※20代の転職相談所(第二新卒・既卒向け)

※この記事は今後も順次追記(追加)していく予定です。