ブラック企業の見分け方~総まとめ~【+退職代行サービス徹底解説】

目次

ブラック企業の見分け方~総まとめ~

案内人

当サイトで今までに調べた「ブラック企業を見抜くポイント」をまとめてみましたので参考にしてみてください

ブラック企業の定義

ブラック企業とは:
膨大な業務量や猛烈なプレッシャーや上司からのパワハラなどで冷静な判断力を失わせ、逃げ場がない状態で長時間社員働せざるをえない状況に社員を追い詰める組織の在り方(「労働条件が過酷で、過度な労働搾取が行われている企業」という言い方もできます)

ブラック企業の見分け方一覧

    • 募集内容に残業代が固定と記載

      固定残業代制を採用している企業(中堅・中小ベンチャー系企業に多い)は超過分残業代の支払いを回避し、見かけ上の給与を水増しして長時間労働させる可能性があります。

    • 残業時間に上限がある

      月の残業時間上限を設けている場合、上限を超過した残業分は申告できないと勘違いさせるケースがあります。

    • 給与が業界他社に比べて高すぎる

      高い給与を支払わないと従業員が定着しない業務実態である可能性があります。

    • 入社3年以内に裁量労働制

      これは専門性の高い特殊な職種を除くと入社間もない若手社員が裁量のある業務につくケースはほとんどないため、事実上の固定残業代制と同じことになります。このパターンは大企業に比較的多い傾向があります。(裁量労働制…実際に働いた時間ではなく成果が重視し報酬を決める働き方)

    • 新卒入社3年後離職率

      平均は30%前後なのでそれ以上なら要注意といえます。

    • 従業員数と採用実績数の比率

      従業員数の割に採用実績数が多い企業は、離職を前提にして大量採用している可能性があります。

    • 離職率や有休消化率が非公開

      このような情報開示を不利と考え、非公開にする企業はブラック企業である可能性があります。

    • 休日数が少ない

      法定上の休日は「週に1日または4週間に4日」であれば問題ないとされていますが、同じ給与額でも年間休日が120日の会社と100日の会社で働くのでは時給換算すると大きな差額が発生しますので、会社の「年間休日数」は是非ともチェックすべきでしょう。

    • 社員の平均年齢が30歳前後

      特に企業の歴史が比較的長いのにもかかわらず社員の平均年齢が若い場合は注意が必要です。中堅社員のリストラが何度も行われている可能性や、また社員の年齢構成がいびつになり若手社員に過度な負荷がかかったりすることも考えられます。逆に若手の従業員がほとんどいない場合は、若い従業員が定着しない何らかの理由があることがあります。

    • 福利厚生が充実していない

      「法定福利」(雇用保険・労災保険・健康保険・厚生年金保険・介護保険など)はもちろんですが、「法定外福利」(社宅、住宅手当、育児支援、社員食堂、社員優待など)の充実度も一つの目安になります。これらを疎か(おろそか)にする企業は「社員を大切にしない企業」=「ブラック企業」ともいえます。

    • 「働き方改革」や「女性社員活用」などに関連する制度改革を積極的に取り組んでいない

      短時間勤務制度・フレックスタイム制度(勤務時間を柔軟に変更できる)・テレワーク(会社外での仕事を認める)などの多様な働き方を可能にする制度が整っていない、男性社員の育休取得率が低い、女性管理職の割合が低い、などに該当する企業は人材活用に対する意識が希薄(きはく)といえます。

    • 社歴が浅いにもかかわらず積極的に人材募集をしたり頻繁に社名変更を繰り返している

      違法もしくは非倫理的な内容の商品やサービスを提供していて、その規制から逃れたりイメージダウンを避けるため、頻繁に社名変更をするケースがあります。

    • その他
      • 過去に重大な労災事故(過労死・過労死自殺など)を起こしている
      • 赤字経営が続いている
      • 過去に希望退職やリストラを実施している
      • 障害者雇用が法定雇用率以下(法定雇用率=平成30年4月1日より2.2%)

などもブラック企業であるかどうかを見極める目安になります。

働いている会社がブラック企業だと分かったら…

働いている会社がブラック企業だと分かった(感じた)場合にまず確認することとは?

会社が「ブラック企業」だと分かった(感じた)場合にまず確認すべきことがあります。

それは働いている会社の劣悪なブラック環境(=サービス残業やパワハラなど)が

  • 上司の気質や性格からくるもの=個人の問題なのか?
  • 経営者の方針や社風からくるもの=会社全体の問題なのか?

を見極めるということです。

ブラック環境が「個人の問題」の場合

会社自体は「ホワイト」な体質なのに上司が個人でブラック気質なため、部下にサービス残業を強制したり理不尽な暴言や嫌がらせなどのパワハラを行っているというケースが実は結構多いのです。

このような個人の問題のケースは、きちんとした対応をとれば会社を辞めずに済む場合がほとんどなので、まずは社内の人事部や労働組合などに直接訴えてみてください。

コンプライアンス(=法的順守)やガバナンス(=企業統治)がキチンとした会社であれば、人事責任者から訴えられた上司への直接指導などが行われてブラックな職場環境が改善されたり、必要に応じて社内人事異動が実施されるはずです。

男性

ただしここで訴えを行動に移す前に注意するポイントは、サービス残業やパワハラの「証拠」を揃えておくことです。

案内人

客観的な証拠がなく「ただパワハラをされた」「サービス残業を強制された」と伝えても結局言った・言わないのいわゆる水掛け論になってウヤムヤになる場合があります

「証拠」として有効なものの例

◆出退勤管理表のコピー
◆指示や言動などのメモ(日時、場所、発言内容などを細かく記載しておくこと)
◆サービス残業の指示やパワハラ的なメールの記録
◆サービス残業の指示やパワハラ発言などの音声データ

【ミニコラム】労働問題トラブルでのIC(ボイス)レコーダー活用

労働問題トラブルでのIC(ボイス)レコーダー活用例

・【就活トラブル】内定の代わりに他社選考の辞退を強要するオワハラ
・【ブラック企業】労働関係において精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させるパワハラ
・【ブラック企業】労働関係において相手の意に反する性的な言動を行うセクハラ
・【リストラ】不当解雇を強要するリストラ

職場や面談などでこのような不当な行為を受けた場合の対策として、やり取りをスマホやIC(ボイス)レコーダーに録音しておくことをおすすめします。音声データは労働問題トラブルを解決する際に大変有効な証拠となりますし、自分の正当性を主張するためであれば法的にも問題無い行為とされています。

人気のIC(ボイス)レコーダー(口コミサイトランキングBEST3)

【人気NO1】[オリンパス] ボイストレック VN-541PC

created by Rinker
¥4,790 (2019/07/18 23:02:23時点 楽天市場調べ-詳細)

【人気NO2】[SONY] PCM-A10

created by Rinker
¥18,639 (2019/07/19 04:25:08時点 楽天市場調べ-詳細)

【人気NO3】[パナソニック] RR-XP009-K [ブラック]

created by Rinker
¥8,771 (2019/07/19 20:28:49時点 楽天市場調べ-詳細)

ブラック環境が「会社全体の問題」の場合

「ブラック企業の見分け方」で解説したような「会社全体がブラック企業体質」の場合は、個人一人で頑張っても状況を改善することは極めて困難になると思われます。

無理をしすぎると心身に不調をきたす可能性もありますので、そうなる前にできるだけ早く転職活動の準備を始めましょう。

また先ほどのブラック企業が「個人の問題」で社内の人事部や労働組合などに訴えたのにも関わらず職場環境が改善されなかった場合も転職を検討すべきでしょう。

>>【徹底解説】おすすめ転職サービスサイト比較表まとめ(転職者、既卒・第2新卒向け最新版)

入社したころは優良企業(ホワイト企業)だったのに…

厄介なのは入社当初は恵まれた職場環境だったのに、だんだんとブラック企業になっていく会社もあるということです。

業界全体が上り調子で業績も右肩上がりなので採用人数を増やしたものの、経営環境が悪化して業績を維持できなくなり余剰人員が大きな負担になる場合があります。

その結果、経営TOPから過度なノルマを押し付けられて社内全体でサービス残業やパワハラが横行したり、最悪のケースではリストラ(人員削減)が行われたりして典型的な「ブラック企業」へと変貌してしまいます。

しかしこのようなブラック企業への予兆が見られたときには、もうあまり考えている時間的余裕はありません。

というのもほとんどの人はこのような状態になった時には、上司からの様々なプレッシャーで精神的・時間的にゆとりがなくなって冷静な行動・判断がとれなくなってしまうからです。

このように転職準備を普段から怠っていると、焦った状態で転職活動を行うことになり様々な面で不利になります。

しかし、普段から無料の転職サイトを活用して「気になる求人情報」をストックしておいたり「自分の市場価値」をチェックしておくだけでも、いざという場合に「転職準備」が十分用意できているので焦らずに転職活動を行うことができるようになります。

しかもほとんどの転職サイトでは登録を始め、「求人情報チェック」「転職ノウハウの学習」「転職フェア参加」などの充実したサービスが全て無料で利用できます。

また積極的に転職サイトを活用したい場合には、自分の求める条件にマッチした新規求人や転職可能なおすすめ求人などから転職活動を進めることができます。

ですので早めの転職を検討している人はもちろんですが、すぐに転職しなくても「ブラック企業対策」を普段から意識しているなら登録だけでもしておくことをおすすめします。

主な転職サイト一覧

転職支援サイト特徴
リクナビNEXT

全国の求人情報を勤務地や職種、スキルや資格などから検索でき、転職ノウハウや転職活動体験談等、転職成功のヒント満載の「実績No1」求人/転職サイト。
MIIDAS(ミイダス)
インテリジェンスの新しい人材サービス。優良企業7000社にユーザーのキャリア(価値)を公開して、自分の市場価値が高い時の転職が可能。
ワークゲート
スピーディな採用を実現を支援する総合求人サイト。全国10万件以上の正社員・バイト・派遣の求人情報を掲載。
キャリコネ年収・給与レポート、口コミ・評判レポート、面接体験レポートなどの情報サービスに定評がある転職支援サイト。
転職ならシゴト.in「大手求人情報サイト」から「ハローワーク」まで、登録件数40万件超!で様々な業種、職種、エリアの求人情報が探せるメガ転職サイト。
無料!転職力診断テスト@type@type会員約13万人分の転職データをもとにtype転職エージェントのクアリアアドバイザー監修のもと開発された無料の転職力診断プログラムです。内定社数・適正年収などを転職力を無料で診断してくれます。
転職会議口コミ登録企業数は80万件以上と圧倒的な掲載数を誇る国内最大級の口コミ転職サイト。
VIEW - 日本初AIキャリアシミュレーション

たったの3分で自分の選択肢や適性をキャリア診断してくれる日本初のAIキャリアシミュレーションアプリ。
キャリドア転職活動に必須の3大情報「企業情報」・「口コミ」・「求人情報」がまとめてチェックできる他「適職診断」サービスも利用できる新感覚の転職サイト。
キャリトレサイトを使い込んでいくと人工知能がより精度の高い求人をオススメしてくれたり(レコメンド精度向上)、経歴情報を充実させるとプラチナスカウトを受け取ることができる20代向け転職サイト。

転職サイトに登録しておくメリットとデメリット

転職サイトはWEB上で求人情報の提供や転職活動に関連するノウハウや企業情報を提供するサイトです。

転職活動者は基本無料で手軽に転職活動に必要な情報を得ることができることから、転職の際の必須ツールとして広く普及しています。

メリット

  • 求人情報チェックや転職ノウハウの学習、転職フェア参加などの利用だけでもOK(=すぐに転職する意思がない、マイペースで転職活動したいなどの「転職初心者向け」)
  • ほとんどのサイトで「性格診断」「自己分析診断ツール」など今後のキャリア形成に役立つツールが利用可能
  • 登録・サービス利用は無料

デメリット

  • 求人が大量に掲載されているので転職初心者が本当に自分にマッチした求人をすぐに探し出すことは難しい
  • 求人申し込み、書類作成、面接日程調整などを全て自分で行わなければならない

(→デメリットとしてあげたようなサービスが必要な場合は転職エージェントを利用すればきめ細かいサービスを受けることができます)

>>転職エージェント一覧へ

【オススメ】優良な求人と豊富なサービスで定評のある転職サイト

  1. リクナビNEXT
    リクナビNEXT

    【就活サイトでも人気の「実績No1」求人/転職サイト】
    株式会社リクルートキャリアが運営する業界No1の転職サイトです。実際に転職した人の約8割がリクナビNEXTを利用しています。リクナビNEXTだけの限定求人が約85%と圧倒的な求人数を誇り、地域・職種問わずあらゆる転職者にマッチする求人を探すことができます。
    ①「グッドポイント診断」(リクナビNEXT会員限定の無料サービス)
    「グッドポイント診断」を使えば、自分の強みを判定して自己分析に活用することができます。リクルートキャリアが持つ独自のノウハウを活かして開発した約30分でできる本格診断サービスです。
    >>グッドポイント診断を受けてみる
    ②スカウト登録することで、企業や転職エージェントから直接オファーが届きます!
    職務経歴や希望条件を登録しておくだけで、企業側から直接のオファー(アプローチ)を受けることが可能です。今は未だ転職意向が低いユーザーでも自分の可能性を広げる機会として活用することが可能です。

    詳しく見る

  2. doda
    doda

    【転職サイトとエージェントサイトが一体化したサービスが人気】
    dodaは求人情報サービス・人材紹介サービスを提供する転職サイトです。まずは自分で求人を探してみたいという方は「doda求人情報サービス」で、1人での転職活動は不安を感じるという方はdodaの専門スタッフが希望や適性に合った求人の紹介や転職活動のサポートを行う「dodaエージェントサービス」で、あまり転職活動の時間が取れないという方は登録者に興味を持った企業から直接オファーが届く「スカウトサービス」を活用して、それぞれ自分に合った求人を見つけることができます。
    ① 年収査定ツール(doda会員限定の無料サービス)
    「186万人」の転職者ビッグデータから「機械学習」で高精度に算出された自分の適正年収をわずか3分ほどで知ることができます。年収について「今の年収が、自分のキャリアの価値に見合っているか不安」「これから先の年収推移が気になる」「転職を前に、自分の市場価値を知っておきたい」といった考えを持った方に好評のサービスです。
    ②転職フェアや合同説明会などの無料イベントが多数開催
    企業担当者に直接会えるほか面接対策などの転職ノウハウやキャリアアップのヒントなどのセミナーで「転職成功のポイント」を学ぶことができます。
    >>dodaに会員登録して求人をチェックしてみる

    詳しく見る

  3. 転職サイトtype
    転職サイトtype

    【転職サイトの中でアクセス者数No1の人気サイト】
    転職サイトtypeは日本の主要転職サイトの中でアクセス者数No1の人気サイトです。ユーザビリティの高い求人検索機能や独自取材に基づく求人情報などで利用者の満足度が高い転職サービスを提供しています。また、すぐに転職活動をしなくても利用可能なコンテンツが充実!応募書類の書き方や面接のノウハウはもちろん、各種診断テストやビジネスに役立つ読み物・動画・息抜きマンガなど豊富なラインナップを取り揃えています。
    ①こだわり条件でサクサク求人検索できる!
    たくさんの求人がヒットしても「受かりやすい順」や「月給順」で簡単に並び替えることが可能!「月間の目安残業時間」などtypeだけのこだわり条件で絞り込むことも可能です。
    ②企業からのアプローチ機能
    プロフィールや経験・スキルなどを登録しておくだけで利用者に興味を持った企業からアプローチが届きます。「あなたの○○の経験を求めています!」「今すぐ面接に来ませんか?」など思いがけない企業からのオファーで転職の可能性が広がります。
    >>転職サイトtypeに会員登録して自分に合う求人を探す

    詳しく見る

転職サイト登録まとめ

繰り返しになりますが「転職活動」をスムーズに行うためには事前の準備がとても大切になります。

今から転職を意識することがブラック企業・ブラック職場への対策になるばかりでなく、同時に将来のキャリアプランを見つめ直すことにもなり、「何が自分に足りないのか」や「いま自分がすべきこと」が見えてくるでしょう。

そして自分の能力を高める行動に繋がって結果的に市場価値が高い人材になれば、今のポジションでも存在価値が高まり会社側が手放せない貴重な戦力となるのです。

これこそが最大の「ブラック企業対策」であるといえるでしょう。

そのためにもまず第一歩として転職サイトに登録することから始めてみてはいかがでしょうか?

>>リクナビNEXT 公式サイトはこちら

>>doda 公式サイトはこちら

>>転職サイトtype 公式サイトはこちら

 

退職願を提出しても会社を辞めさせてくれない場合→「退職代行サービス」を検討するのも手です

案内人

「会社全体がブラック企業体質」や人事部や労働組合などに訴えても「ブラック的な職場環境が改善されなかった」場合などは転職+退職を検討することになりますが…

「退職代行サービス」は、「退職願を提出してもなかなか会社を辞めさせてくれない」「上司に退職の話をするのが気まずくて、話を切り出せない」などの理由から会社を退職できずに困っている依頼者に代わって、退職手続きを代行してくれるというサービスです。

ハラスメントが常態化しているブラック企業においては、このようなサービスを利用しないと「自分で辞める」ことが難しい時代になってしまっています。

ただ一方で、会社と直接話さずに辞めるだけに円満退職とはなりにくいですし、当然費用も発生します。

ですから退職代行を利用する「メリット」・「デメリット」をしっかり押さえて、慎重に判断すべきですし、利用する場合でも業者によってもいろいろ取り扱いが異なるので事前に納得いくまで調べておくことが重要となります。

退職代行サービスを利用したほうがいい3つのケース

男性

退職代行サービスを利用したほうがいい3つのケースについて順番に解説していきます

ケース1 :「パワハラ上司」への恐怖から退職できない

退職代行サービスに相談へ来る事例のほとんどは、この「パワハラ上司」による退職ケースとなっています。

パワハラ上司は部下に対して「高圧的」かつ「人格否定のような叱責」を日常的に行う傾向があり、部下はこのような上司に対して嫌悪感といった感情を通り越して、恐怖すら感じて日々怯えてしまうのです。

そしてパワハラ上司の意にそぐわないことを言えばきつく叱責されることがわかりきっているので、部下は退職を切り出したくても自分では切り出すことができない状況になってしまいます。

ケース2:色々理由をつけて辞めさせない場合

会社が色々理由をつけて辞めさせないケースでよくみられるのが「業務の引き継ぎ」に関するものです。

引き継ぎのマニュアルが無かったり退職者一人で業務を担当している場合などでは、後任者にキチンと業務を引き継ぐまでなかなか辞められない状況となりがちです。

またよく似たケースで、人手が足りないことを理由にして「後任が採用されるまで」などと言って退職を引き延ばしてくる場合があります。

その結果、希望していた時期に辞めることができなかったり最悪の場合は退職自体を諦めざるをえなくなってしうこともあるようです。

ケース3:のらりくらりと退職話をかわされて辞めることができない

退職の意向を上司に伝えても「一旦預かる」と言われたままになったり、「退職の原因となった状況を改善している」「もう一度よく考え直してみてくれないか?」などと時間稼ぎのような対応をされて一向に話が進まないケースがあります。

この場合、上司は部下が辞めてしまうことによって「自分の評価が低くなる」ことや「困難な人員補充」などを避けるために、のらりくらりと退職話をかわして長期戦に持ち込むことで、「部下が退職を諦める」のを期待していることが多いようです。

案内人

このように退職代行サービスを利用するケースでは、退職の意思が固まっているにも関わらず会社(特に上司)との直接交渉が難しいため仲介者を間に入れる必要がある点が共通しています

【絶対避けたい】心身に不調をきたす前に辞めるべき

基本的には、費用が発生する退職代行サービスを利用するよりもできるだけ自力で退職するのが望ましいです。

これは費用面以外にも自力で退職した方が円満退社となることが多く、退職後も一緒に働いた人たちとの人間関係を継続することができるためです。

しかし今の仕事を続けると「心身に不調をきたす」ほどつらい場合は事情が変わってきます。

このような状況では退職代行サービスを始めとした外部のサポートを受けてでも早急に退職を進めた方が良いでしょう。

一度体調を崩してしまうと回復に時間がかかってしまうだけでなく、退職後の転職活動も難しくなってしまう場合が多いからです。

何よりも自分の健康が第一ですので、場合によっては「退職代行サービス」を利用してスムーズに退職をできることを頭の片隅に置いておいても損はありません。

一般的な退職代行サービスの流れ

  1. ●ステップ①
    サービス申し込み
  2. ●ステップ②
    担当者がLINEや電話にてヒアリング(退職理由、退職交渉の状況等)
  3. ●ステップ③
    料金の支払い
  4. ●ステップ④
    退職者本人が対応する必要がある事項の実施(退職届の提出、制服の返却等)
  5. ●ステップ⑤
    担当者が会社に退職連絡を代行(退職理由の説明等)→退職完了

退職代行に関するQ&A

退職代行サービスを利用する前に必ず知っておきたい「非弁行為」とは?

非弁行為とは、弁護士法72条に定められた「弁護士でない者が報酬を得る目的で代理や仲裁、和解などを禁止する」ことに反する行為

弁護士が運営していない退職代行サービスでは、必ずこの非弁行為に当たらないようにサービス範囲を次のように限定しています。

・退職希望を企業に連絡するだけで退職完了するケース:対応可

(例)「依頼主の希望をそのまま会社に伝える」「返却が必要な貸与品の確認を行う」など伝達役になる行為

・退職希望を企業に連絡した際、何らかの交渉を伴うケース:対応不可

(例)「退職願を代わりに書く」「損害賠償や給与の未払いについて交渉する」などといった人が考えた上での行為

では、どのようなケースが「交渉」を伴うのでしょうか?

  • 脅し文句として「訴えるぞ!」などと訴訟をチラつかせてくる場合→ただし裁判にかかる費用面や時間的コストを考えると会社側にもメリットはありません
  • 依頼者と会社との間に「社外秘」が含まれる業務内容や「借金」がある場合→退職代行サービスでは対応不可となり本人が直接交渉しなければならない場合があります

退職代行サービスが増え続ける中、弁護士以外の代行業者は「この非弁行為に当たるのではないか?」との指摘も一部ではあるようです。

このように退職代行に関する線引き自体があいまいな状態ですので、現在の代行業者は業務範囲について顧問弁護士からの指導を受けるなどで慎重な対応をとっています。

しかし「非弁行為」に対するリスク(非弁リスク)がどうしても気になる方は、金額は他のサービスよりも若干高めになりますが「弁護士が直接運営している退職代行サービス」を利用すれば、有給消化などの交渉も本人の代理として行うことができるので安心でしょう。

その他退職代行に関するQ&A集

会社から本人へ連絡が来たりしませんか?
本人には連絡しないように伝えるのでほとんどの会社はそのように対応してもらえます。
(ただし、強制力は無いため会社が本人へ連絡してしまうケースが稀にあります。)
離職票などの書類はもらえますか?
離職票や雇用保険被保険者証などの必要書類は、会社から本人宛に郵送してもらえるよう伝えてもらえます。(ほとんどの場合、後日郵送で送られてきます。)
退職したことを親にバレないようにしてもらえますか?
会社側には両親へ連絡しないように伝えますので連絡されることはほとんどありません。
(ただし、確実にそうしてもらえるかは会社側の判断になります。)
会社から借りているものや保険証などはどうすればいいですか?
本人から会社宛に郵送となります。制服等の衣類はクリーニングして、その他の返却物や書類はいつでも郵送できるようにまとめておきます。
どんな人が利用していますか?
依頼者は20~30代が約9割を占めているようです。また入社数カ月以内の勤務期間が短い人が多く、中には入社2日の新入社員や新卒採用の人もいるとのことです。

退職代行サービス一覧

退職代行サービス名料金転職支援の有無弁護士対応
【汐留パートナーズ法律事務所 退職代行サービス】 着手金54,000円(税込、※その他オプション費、実費など要)無し○(弁護士による対応)
退職代行EXIT正社員・派遣社員…50,000円、パート・アルバイト…30,000円(税込、※追加料金無し)有り(転職コンシェルジュ「WORKPORTワークポート」と提携)×(顧問弁護士からの業務指導のみ)
【退職代行ニコイチ】 正社員・アルバイト一律…28,000円(※税込、追加料金無し)無し×(顧問弁護士からの業務指導のみ)
わたしNEXT<女性の退職代行>正社員・派遣社員…29,800円、パート・アルバイト…19,800円(税込、※追加料金無し)有り×(顧問弁護士からの業務指導のみ)
退職代行アルマジロ正社員・派遣社員…29,800円、パート・アルバイト…25,000円(税込、※追加料金無し)無し×(顧問弁護士からの業務指導のみ)
退職代行ギブアップ 正社員・アルバイト一律…30,000円(※税込、追加料金無し)無し(転職給付金サービス有)×(顧問弁護士からの業務指導のみ)
退職代行【辞めるんです】 正社員・アルバイト一律…30,000円(※税込、追加料金無し)無し×(顧問弁護士からの業務指導のみ)

まとめ

記事の内容をまとめます。

  • ブラック企業の「定義」と「見分け方」を確認しておきましょう
  • 就職した企業がブラック企業では?と思ったらまずは「個人(上司)の問題」なのか?それとも「会社全体の問題」なのか?を確認しましょう
  • 「転職活動」をスムーズに行うためには事前の準備がとても大切になります
  • 退職願を提出しても会社を辞めさせてくれない場合→「退職代行サービス」を検討してみましょう

ブラック企業から抜け出してワークライフバランス(仕事と生活の調和)を重視した生き方を目指す場合は「転職」「退職」について早めに検討・準備することがとても大切になります。

【PR】優良な求人と豊富なサービスで定評のある転職サイト

>>リクナビNEXTでグッドポイント診断を受けてみる

>>dodaに会員登録して求人をチェックしてみる

>>転職サイトtypeに会員登録して自分に合う求人を探す

【PR】退職代行サービス一覧
≫累計2500人以上(業界トップ)日本初の退職代行退職代行サービス「EXIT」

≫汐留パートナーズ法律事務所の退職代行サービス

汐留パートナーズ法律事務所の退職代行サービス