【ブラック企業から脱出したい方向け】おすすめの退職代行サービスや手順を解説

退職代行サービスが増えている理由とは?

パワハラ・セクハラなどのハラスメントや長時間労働が常態化しているブラック企業ではのが難しいケースが多く発生しています。

 

「こんなブラックな会社はもう辞めよう…」と決意して会社に退職願を提出しても、強引に引き止められてなかかな辞めさせてくれないような場合は「退職代行サービス」を利用する方法があります。

 

このサービスは

 

  • 退職の意思を伝える
  • 退職手続きのサポート
  • 給与の未払いや退職金請求など会社との「交渉」(※1)
  • 「損害賠償の対応」(※2)

 

などを本人に代わって対応してくれます。
(※1:退職に関する「交渉」は労働組合又は弁護士が運営する業者のみ可能)
(※2:「損害賠償の対応」は弁護士運営業者のみ可能)

 

転職サイト大手のマイナビが実施したアンケートによると、2019年に転職した20代~50代の男女1,500名のうち、退職代行サービスの利用経験者は5%でしたが「利用経験あり」に加えて「利用意向あり」まで含めると約26%にのぼっており、特に20代から30代の男性で利用率や今後の利用意向が高くなっています。

 

④ 近年注目を集める、退職代行サービスの利用経験者は5.0%。利用経験あり・利用意向ありの合計は25.7%。

男性20代~30代では利用率、今後の利用意向ともに平均より高い結果に。
退職代行サービスの利用(意向)理由は「上司に退職意向を伝えるのが億劫」が最多で半数を超えた。

(「マイナビ 転職動向調査2020年版」より引用)

 

このように若手社員を中心に注目を集めている退職代行サービスですが、一方で「本当に円満退職できるの?」「弁護士資格を持たない非弁退職代行業者って大丈夫?」などといった声も上がり始めています。

 

そこでこの記事では退職代行業者の利用を検討している方や退職代行サービスに関心のある方向けに

 

  • 退職代行業者を利用したほうがいいケースとは?
  • 退職代行業者サービスの流れと手順
  • 退職代行業者サービスのメリット・デメリット
  • 非弁リスクとは?(弁護士運営業者と非弁業者の違いについて)
  • おすすめの退職代行業者

 

など退職代行サービスに関して知っておくべき基礎知識や疑問点・気がかりなことなどついてわかりやすく解説しています。

 

【おすすめの退職代行業者一覧】

退職代行サービス名料金転職支援有無弁護士対応
≫退職代行Jobsが提供するサービスの案内安心パックプラン:29,000円(税込)※退職代行+労働組合有り顧問弁護士の監修
≫弁護士法人が運営する退職代行サービス「退職110番」着手金43,800円(税込)※その他オプション費、実費など要)無し弁護士による対応
≫弁護士法人みやびの退職代行サービス着手金:55,000円(税込)※その他オプション費、実費など要無し弁護士による対応
≫退職代行クラウドのエンマン【期間限定キャンペーン】着手金:33,000円(税込)※その他オプション費、実費など要無し弁護士による対応

 

  • 「退職願を提出してもなかなか会社を辞めさせてくれない」
  • 「パワハラ上司に退職の話をするのが気まずくて話を切り出せない」

 

といった理由で会社を退職できずに困っている方や退職代行サービスについて詳しく知りたい方は是非この記事をチェックしてみてください。

 

退職代行サービスを利用したほうがいい3つのケース

退職代行サービスを利用すべきかどうかを迷っている方向けに「サービスを検討したほうがいい3つのケース」を解説します。

 

あなたが現在会社で困ったり悩んだりしているなら、今の状況が当てはまるかどうかを確認してみましょう。

 

  • ケース① :「パワハラ上司」への恐怖から退職できない
    退職代行サービスに相談へ来る事例のほとんどは、この「パワハラ上司」による退職ケースとなっています。
    パワハラ上司は部下に対して「高圧的」かつ「人格否定のような叱責」を日常的に行う傾向があり、部下はこのような上司に対して嫌悪感といった感情を通り越して、恐怖すら感じて日々怯えてしまうのです。
    そしてパワハラ上司の意にそぐわないことを言えばきつく叱責されることがわかりきっているので、部下は退職を切り出したくても自分では切り出すことができない状況になってしまいます。

 

  • ケース②:色々な理由をつけて辞めさせない場合
    会社が色々な理由をつけて辞めさせないケースでよくみられるのが「業務の引き継ぎ」に関するものです。
    引き継ぎのマニュアルが無かったり退職者一人で業務を担当している場合などでは、後任者にキチンと業務を引き継ぐまでなかなか辞められない状況となりがちです。
    またよく似たケースで、人手が足りないことを理由にして「後任が採用されるまで」などと言って退職を引き延ばしてくる場合があります。
    その結果、希望していた時期に辞めることができなかったり最悪の場合は退職自体を諦めざるをえなくなってしまうこともあるようです。

 

  • ケース③:のらりくらりと退職話をかわされて辞めることができない
    退職の意向を上司に伝えても「一旦預かる」と言われたままになったり、「退職の原因となった状況を改善している」「もう一度よく考え直してみてくれないか?」などと時間稼ぎのような対応をされて一向に話が進まないケースがあります。
    この場合、上司は部下が辞めてしまうことによって「自分の評価が低くなる」ことや「困難な人員補充」などを避けるために、のらりくらりと退職話をかわして長期戦に持ち込むことで、「部下が退職を諦める」のを期待していることが多いようです。

 

3つのケースの共通点はいずれも本人の退職の意思は固まっているのに会社(特に上司)と直接交渉するのが難しいことです。

 

このような場合には本人と会社の間に入って退職をしてくれる退職代行業者を間に入れる必要があります。

 

すぐに退職を進めた方がいいケースとは?

 

絶対避けたいケース:心身に不調をきたす前に辞めるべき

基本的には、費用が発生する退職代行サービスを利用するよりもできるだけ自力で退職するのが望ましいです。
これは費用面以外にも自力で退職した方が円満退社となることが多く、退職後も一緒に働いた人たちとの人間関係を継続することができるためです。
しかし今の仕事を続けると「心身に不調をきたす」ほどつらい場合は事情が変わってきます。
このような状況では退職代行サービスを始めとした外部のサポートを受けてでも退職を進めた方が良いでしょう。

 

一度体調を崩してしまうと回復に時間がかかってしまうだけでなく、退職後の転職活動も難しくなってしまいます。

 

そして何よりも自分の健康が第一ですので、場合によっては「退職代行サービス」を利用してスムーズに退職をできることを頭の片隅に置いておいても損はありません。
【おすすめの退職代行業者一覧】

退職代行サービス名料金転職支援有無弁護士対応
≫退職代行Jobsが提供するサービスの案内安心パックプラン:29,000円(税込)※退職代行+労働組合有り顧問弁護士の監修
≫弁護士法人が運営する退職代行サービス「退職110番」着手金43,800円(税込)※その他オプション費、実費など要)無し弁護士による対応
≫弁護士法人みやびの退職代行サービス着手金:55,000円(税込)※その他オプション費、実費など要無し弁護士による対応
≫退職代行クラウドのエンマン【期間限定キャンペーン】着手金:33,000円(税込)※その他オプション費、実費など要無し弁護士による対応

 

一般的な退職代行サービスの流れと手順

男性

退職代行サービスを利用したときの流れと手順を確認しておきましょう

  • STEP1
    事前相談
    必要事項の入力および不安点(退職できるのか?)や疑問点(料金は?)などを確認します
  • STEP2
    正式申し込み&入金
    正式な申し込み時に代行費用を支払います(クレジット決済や銀行振り込みなど)
  • STEP3
    退職準備開始
    退職代行サービスに必要な書類の提出や最終打ち合わせなどを行います
  • STEP4
    退職確定
    退職代行が行われると円満退職の確定連絡が来ます
  • STEP5
    残務処理
    ・後日会社から送付される離職票や雇用保険被保険者証などの必要書類を受け取ります
    ・保険証や身分証明書(社員カード)・制服など会社へ返却が必要な貸与品を郵送します

退職代行サービスを利用するメリットとデメリット

ここでは退職代行サービスを利用するメリットとデメリットについて整理しておきましょう。

 

メリット

スムーズかつ確実に退職することができます。

 

・会社側の人間と直接やり取りをおこなう必要が無くなります。

 

・万が一会社側から損害賠償を請求するなどと脅されても安心です。(※損害賠償の対応は弁護士運営業者のみ可能)

 

デメリット

・退職代行業者やサービス内容によっても異なりますが、サービスを利用すると約3~5万円程度の費用が発生します。

 

・弁護士資格が無いのに報酬を得る目的で非弁行為(※1)を行う「違法業者」、退職が上手くできなかったのに返金を拒否する「悪徳業者」などに依頼してしまうとトラブルになる可能性があります。

(※1:「非弁行為(交渉・訴訟などの法律業務)のリスク」については次章で詳しく解説しています。)

 

退職代行サービスを利用する前に知っておくべき「非弁行為のリスク」とは?

解説:非弁行為とは
弁護士法72条に定められた「非弁護士の法律事務の取り扱い等の禁止」に反する行為のこと

 

弁護士が運営していない退職代行サービスでは必ずこの非弁行為に当たらないようにサービス範囲を次のように限定しています。

 

  • 退職希望を企業に連絡するだけで退職完了するケース:対応可
    (例)「依頼主の希望をそのまま会社に伝える」「返却が必要な貸与品の確認を行う」など伝達役になる行為
  • 退職希望を企業に連絡した際、何らかの交渉を伴うケース:対応不可
    (例)「退職願を代わりに書く」「損害賠償や給与の未払いについて交渉する」などといった人が考えた上での行為

では、どのようなケースが「交渉」を伴うのでしょうか?

 

  • 脅し文句として「訴えるぞ!」などと訴訟をチラつかせてくる場合
    →ただし裁判にかかる費用面や時間的コストを考えると会社側にもメリットはありません
  • 依頼者と会社との間に「社外秘」が含まれる業務内容や「借金」がある場合
    →退職代行サービスでは対応不可となり本人が直接交渉しなければならない場合があります

 

退職代行サービスが増え続ける中、弁護士以外の代行業者は「この非弁行為に当たるのではないか?」との指摘も一部ではあるようです。

 

このように退職代行に関する線引き自体があいまいな状態ですので、現在の代行業者は業務範囲について顧問弁護士からの指導を受けるなどで慎重な対応をとっています。

 

しかし「非弁行為」に対するリスク(非弁リスク)がどうしても気になる方は、金額は他のサービスよりも若干高めになりますが「弁護士が直接運営している退職代行サービス」を利用すれば、有給消化などの交渉も本人の代理として行うことができるので安心でしょう。

 

おすすめの退職代行サービス

退職代行サービス名料金転職支援有無弁護士対応
≫退職代行Jobsが提供するサービスの案内安心パックプラン:29,000円(税込)※退職代行+労働組合有り顧問弁護士の監修
≫弁護士法人が運営する退職代行サービス「退職110番」着手金43,800円(税込)※その他オプション費、実費など要)無し弁護士による対応
≫弁護士法人みやびの退職代行サービス着手金:55,000円(税込)※その他オプション費、実費など要無し弁護士による対応
≫退職代行クラウドのエンマン【期間限定キャンペーン】着手金:33,000円(税込)※その他オプション費、実費など要無し弁護士による対応

 

▶弁護士監修の退職代行×労働組合
退職代行Jobs

顧問弁護士指導の適正業務で安心して退職できます。
「全国対応」全ての都道府県で代行実績があります。
記入例見本付きの顧問弁護士監修「退職届テンプレート」が登録者全員にプレゼントされます。

「退職代行Jobs」よくある質問(公式サイトより一部抜粋)

後任が見つかってからだと言われるのですが
適正な人材確保は会社の問題であって、あなたの抱える問題ではありません。
Jobsの引継書テンプレートを使って引継書を会社に送付することもできます。
会社に脅されて怖い。訴えられませんか…
パワハラを行うような会社からは退職代行Jobs(ジョブズ)を使って早くやめるべきです。また、単に会社を辞めたことや従業員として仕事をしていく上で通常起きるようなミス(お皿洗い担当がお皿を割ったなど)を理由に、会社が損害賠償をすることはできません。
脅しが悪質で心身に障害が生じているケースや、あなたしかできない特殊な任務を引き受けていて、あなたがいたからこそ会社は特殊な仕事を引き受けていたいう特殊なケースは、お近くの労働基準監督署や法テラス・弁護士などに相談してみてはいかがでしょうか。
ほんとうに会社から自分に連絡はきませんか?
100%無いとは言い切れませんが、返事をするかどうかはご自分の意思で決めることができますよ。
勝手な退職は認められないと言われます。本当に退職できますか?
法律上、あなたには会社を辞める権利がありますので、退職できます!
お打合せの後、会社へのご連絡は退職代行Jobs(ジョブズ)が代行いたします。退職届や貸与品や私物のやり取りも郵送で出来ますので、顔を合わせる必要はありません。
保険証や制服はどうすればいいですか?
保険証、制服、社員カードなど、返却する必要のある貸与品を、退職代行Jobs(ジョブズ)を通じて会社に確認し、ご本人様から会社に郵送できますのでまとめておきます。円満退社のためには制服はクリーニングに出しておくと良いでしょう。
最後の日に会社に置いてくるとその手間を省くことができますよ。
特長① 特長② 特長③
安心パックプラン「退職代行+労働組合」:29,000円(税込) 支払方法:クレジットカード、コンビニ決済、Paidy、銀行振り込み 提携転職サービス:有り
  • 手続きは最短30分
  • 24時間対応


無料
ご相談・お問い合わせはこちら

リンク先:https://jobs1.jp/

弁護士監修の退職代行×労働組合/【現金後払いOK】&【交渉可】

 

▶労働問題専門の弁護士法人が運営する退職代行サービス
退職110番

弁護士が退職代行を行うので「交渉」も含めた対応が可能。
全国対応!いつでもどこからでも申し込み可能。
退職代行費用:正社員・アルバイト・パート一律43,800円(税込)、※「金銭が絡む請求」については別途成功報酬要

「退職110番」よくある質問(公式サイトより一部抜粋)

有給休暇が残っている場合は、退職までに消化することができますか?
退職までに未消化の有給休暇がある場合は、取得することができます。
有給休暇は労働者の権利ですし、退職の意思表示を会社に行った後は「極力会社には出社されたくない」という心情もあろうかと思います。当サービスでは、弁護士から会社に有給取得の申し入れを行い、退職に至るまでに可能な限り有給を消化できるように交渉を行います。
会社に辞職の申し入れをしても聞いてもらえないのですが、対応して頂けますか?
法律上では、個人には会社を辞める権利が保障されていますので、退職をすることが可能です。例えば「後任の人材確保が出来てから」などということは、会社の抱えている問題であり、あなたの退職を引き留める正当な理由にはなりえません。
まずはご事情や希望を伺い、その後の会社へのご連絡などは弁護士が代行いたします。退職届の提出や会社からの貸与品返却なども郵送で行う形で対応していきますので、直接会社の方と顔を合わせるような機会はありません。安心してご相談いただければと思います。
退職するにあたって、損害賠償請求など会社から訴えられる可能性はありますか?
これまで退職代行を弁護士に依頼された場合には、損害賠償請求されたというケースはほとんどありませんが、そのような可能性が「全くない」ということではありません。当サービスでは弁護士が会社と交渉する過程において、そのような可能性を極力低くするように丁寧に交渉を行います。万が一、会社から訴えられたという場合には、そのまま担当の弁護士が対応することも可能ですので、ご安心頂ければと思います。
※損害賠償請求の対応は、別途のご契約が必要となりますので、都度ご相談ください。
退職代行サービスは全国どの地域からでも利用できますか?
全国どこからでもご利用いただけます。まずはご相談させて頂きながら状況を伺いますので、お気軽にご連絡ください。
弁護士が行う退職代行サービスと、民間の退職代行会社が行うサービスとで違う点は何ですか?
民間の退職代行サービスでは弁護士資格をお持ちでない方が実務を行うケースが散見されています。弁護士法72条では、弁護士ではない人が報酬を目的として法律の事務業務を行うことを「非弁行為」として禁止しています。それは弁護士ではない人が「交渉」「法的な手続き」をすると、関係者の財産を害する危険があったり、多くのトラブルに発展する可能性があるからです。
そもそも、退職代行を行う上で重要な「交渉」については、弁護士のみができる行為であり、資格を持っていない民間事業者が行うと、この行為自体が弁護士法違反となる危険性があります。
そのため、弁護士資格を持たない民間事業者が行う退職代行サービスとは、代行するのはあくまでも「連絡仲介」「意思伝達」に過ぎず、「交渉」は行わないというスタンスです。しかし、実際は退職の意思を伝言することだけでは会社とのやりとりや早期退職の実現がスムーズに進みません。有給休暇取得や会社からの損害賠償請求時の対応、未払い賃金や残業代の請求などの問題も一緒に対応するケースも多く、その際には確実に「交渉」が必要となってきます。
当サービスでは弁護士が退職代行を行うことで、「交渉」も含めた対応が可能となっていますのでご安心ください。
特長① 特長② 特長③
弁護士対応だから、確実に辞められる! 秘密厳守!面談不要 未払い金請求や慰謝料請求など各種請求・交渉に完全対応
  • メールでのやり取りのみで退職可
  • 煩わしい書類手続きも全て代行可


無料
退職事前相談はこちら

リンク先:https://aoba.lawyer/taishoku110/

労働問題専門の弁護士法人が運営する安心・確実な退職代行サービス

 

▶弁護士事務所運営の退職代行サービス
弁護士法人みやびの退職代行サービス

弁護士が対応しているので残業代請求、退職金請求、損害賠償請求への対応が可能。
日本全国どこでも対応。
着手金:55,000円(税込)、オプション費用:回収額の20%(残業代・退職金請求など)

「弁護士法人みやびの退職代行サービス」よくある質問(公式サイトより一部抜粋)

本当に退職できるの?会社から訴えられるか心配
脅し文句として、訴訟を伝えてくるケースも中にはあります。
しかし、裁判の費用面や時間的コストを考えると会社側にもメリットはありません。
会社から連絡が来るか?
会社側への通達時に、ご本人には連絡しないようにお伝えているのでほとんどの会社が、本人に連絡することはありません。
有給休暇は消化できますか?
労働者の権利です。消化可能です。
離職票などの書類は貰えますか?
離職票や雇用保険被保険者証などの必要書類は、会社への通達時にご本人宛に郵送していただけるようにお伝えしています。後日郵送で送られてくることが多いです。
社員寮に住んでいますが退職はできますか?
可能です。退去日について当社が確認してご連絡いたします。
特長① 特長② 特長③
LINEメールで24時間対応可能 安心の弁護士代行交渉 他社に断られた困難ケースOK
  • 手続きは最短30分
  • 24時間対応


無料
ご相談・お問い合わせはこちら

リンク先:https://taishoku-service.com/

有給消化&残業代&退職金も全部お任せください!/損害賠償請求も!

 

▶「飲食キャンセル代行」でお馴染み北弁護士が運営する退職代行サービス
退職代行クラウドのエンマン

有給取得交渉・給与の未払いへの対応・退職金の請求・未払いの残業代の請求などが対応可能な「弁護士代行」
アフターフォロー有(退職決定後退職に関する必要書類の相談など2ヵ月間は無制限・追加料金無しでフォロー)
退職代行費用:【期間限定キャンペーン】55,000円(税込)33,000円(税込)、※「金銭が絡む請求」については別途成功報酬要

「退職代行クラウドのエンマン」よくある質問(公式サイトより一部抜粋)

退職代行を伝えた後に、勤務先から自分に連絡がきませんか?
弁護士が代理人として交渉し、ご本人に連絡しないようお伝えしますので、ほとんどの勤務先はそのように対応していただけます。
勤務先によっては弁護士介入後もご本人に連絡する場合がありますが、その場合は連絡に出なくても問題はありません。
上司の引き留めが強く、また他の人に迷惑がかかるんじゃないかと心配なのですが
従業員から退職を申し入れることについては制限がありません。
仮に退職によって仕事が回らなくなるなどの問題があったとしても、それは勤務先の問題です。
親にバレずに退職したいのですが
勤務先へは本人と同様に、親への連絡もしないようにお伝えいたしますので、ほとんどの勤務先はそのように対応していただけます。
ただし、中には弁護士介入後も連絡をする会社も存在することから、100%連絡がこないようにするのは難しくあります。
給与や退職金はもらえますか?
給与は労働の対価なので、あなたが働いた分は必ず受け取れます。
また手渡しの勤務先は基本的に手渡しでの給与支払いですが、振り込みでの支払いの交渉もいたしますのでご相談ください。
なお、勤務先がどうしても給与・退職金等を支払わない場合には、別途ご依頼にて裁判等での対応も可能です(別途料金がかかります)
必要な書類はもらえますか?
離職票・雇用保険被保険者証などの必要書類、あなたの私物についても、勤務先から郵送していただけるようにお伝えいたします。
あなたが直接受け取りに行く必要はございませんので、ご安心ください。
特長① 特長② 特長③
有給消化サポート 24時間全国対応 退職できない場合
100%返金保証
  • 相談したその日から即日対応
  • 勤務先への連絡も不要


無料
事前相談はこちら

リンク先:https://taishoku-enman.com/

安心の弁護士代行交渉

 

まとめ

記事の内容をまとめます。

 

  • ブラック企業「定義」「見分け方」を確認しておきましょう
  • 退職願を提出しても会社を辞めさせてくれない場合は「退職代行サービス」を検討しましょう
  • 「退職代行サービス」は弁護士直接代行業者と非弁業者(弁護士監修)の特徴・リスクなどを見極めて選ぶようにしましょう
  • 【全般】心身に不調をきたす前に、早め早めのアクション(行動)を心掛けるようにしましょう

 

この記事が「ブラック職場」や「ブラック企業」から抜け出してワークライフバランス(仕事と生活の調和)を重視した生き方を目指す方々の参考になることを願ってやみません。

 

記事内で紹介した退職代行サービス一覧

退職代行サービス名料金転職支援有無弁護士対応
≫退職代行Jobsが提供するサービスの案内安心パックプラン:29,000円(税込)※退職代行+労働組合有り顧問弁護士の監修
≫弁護士法人が運営する退職代行サービス「退職110番」着手金43,800円(税込)※その他オプション費、実費など要)無し弁護士による対応
≫弁護士法人みやびの退職代行サービス着手金:55,000円(税込)※その他オプション費、実費など要無し弁護士による対応
≫退職代行クラウドのエンマン【期間限定キャンペーン】着手金:33,000円(税込)※その他オプション費、実費など要無し弁護士による対応