【ホワイト企業へ転職したい人向け】失敗しない転職サイト選びのコツとは?|ヒント:3種類を使い分け

ホワイト企業へ行くにはどういう風に転職サイトを活用すればいいの?

「こんなブラック企業は辞めてホワイト企業へ転職したい!

「年収を上げてキャリアチェンジしたいができればホワイトな会社へ行きたい!

「今の仕事に不満は無いけど、将来の出産・子育てに備えて産休制度や育休制度のしっかりしたホワイトな職場へ転職しておきたい!

このような動機で転職を考えている人や転職活動を始めようとしている人へ向けて

「ホワイト企業を見つけて転職するコツ」⇒⇒⇒「ホワイト企業へ就職するには転職サイトをどう活用すればいいのか?」

を解説します。

ホワイト企業へ転職するための転職サイト活用方法

 ≪結論≫
「詳細な検索機能」が使える転職サイト
+
「口コミ」転職サイト
+
「非公開求人」を紹介してもらえる転職エージェントサイト

3種類の転職サイトを上手に活用して転職に臨む

案内人

なぜこの3種類のサイトを使うとホワイト企業へ転職しやすくなるのでしょうか?

    • 理由その①:詳細な検索機能

      ホワイト企業の条件である「離職率」「月平均残業時間」「有休消化率」「育休取得率」「フレックスタイム制」などを満たすホワイトな会社を選び出すことができます。

    • 理由その②:口コミ

      口コミ転職サイトを使うと、実際に企業で働いている人の「生の声」を集めて分析したり、現在自分が働いている職場の環境(ホワイト度)を希望する会社と比較したりすることができます。

    • 理由その③:非公開求人

      非公開求人=知名度が高くて処遇や福利厚生が好条件の企業(=ホワイト企業)の場合が多くあります。※公開求人すると応募が集中してしまうため非公開求人にする

男性

理由その③を補足しておくと、非公開求人については「好条件でホワイトな会社」という他に「急いで人材を確保したい」「求人を同業他社に知られたくない」などの場合もあります

ホワイト企業とは?

男性

ここで「ホワイト企業」とはどういった企業なのかを整理しておきましょう

ホワイト企業の定義

  • 「平均残業時間」が少ない
  • 「新卒社員や女性社員の離職率」が低い
  • 「有休消化率」「待遇面の満足度」「法令順守意識」「男性社員の育休取得率」「障碍者法定雇用率」などが高い
  • 「福利厚生」「研修・教育制度」が充実している
  • 「勤務地」「勤務時間」などで多様かつ柔軟な制度を導入している(副業OK)

などの項目を達成している企業ですが、

案内人

言い換えると優秀な人材(人財)を採用して活用するために、働き方改革に真剣に取り組み
「社員を大切にする会社」ともいえます

ホワイト企業を選び出すときに参考になる項目

離職率

一般的に離職率が高い企業ほど社員の不満が多くて業務がきつい傾向がみられます。

反対に離職率が低い企業は「長く働くことができる企業」「社員を大切にする企業」といえます。

月平均残業時間

月平均残業時間を減らしている企業は、ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)の充実を重視するホワイトな企業といえます。

逆に長時間労働が常態化している企業は、「非効率な職場環境を放置」していたり「社員を搾取」しようとしているブラック企業である可能性が高いです。

有休消化率

有休消化率が高い企業もワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)の充実を重視するホワイトな企業といえます。

特に有休消化率が高いということは単に効率的に仕事をこなせる環境というだけでなく、計画的に有休を申請~取得することができる「風通しの良い職場」といえるでしょう。

育休取得率

育休取得率の高さはワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)に加えて、女性社員の活用に向けて真剣に取り組んでいる企業の目安となります。

慢性的な人手不足で新卒採用が困難な時代に、育児や介護などで離職していく社員が多い企業は新規採用が難しくなったり離職率が高くなっていき、人手不足に苦しんでブラック企業化していくことが多いとされています。

フレックスタイム制など

「勤務地」「勤務時間」などで多様かつ柔軟な制度を導入している企業はワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)の充実を重視する他に、家事・育児・介護などの負担を抱える社員が働きやすい環境を提供している「長く働くことができる企業」「社員を大切にする企業」といえます。

ホワイト企業を見つけ方と転職サイトの活用方法

男性

では実際に失敗しないホワイト企業の見つけ方と転職サイトの活用方法について解説していきます


案内人

まずは前提として、転職に際して希望する基本的な条件(=業界、職種、給与、勤務地)などを固めておいてくださいね

ホワイト企業の条件を転職サイトで検索

上記で確認した「ホワイト企業を選び出すときに参考になる項目」⇒⇒「離職率」「月平均残業時間」「有休消化率」「育休取得率」「フレックスタイム制」などを転職サイトの検索条件に設定して気になる企業を選び出してみましょう。

【例】リクナビNEXTの検索画面

詳細な検索条件機能で定評のある・リクナビNEXTの画面サンプルです。

検索項目の「人気のこだわり条件」から以下の様な検索が可能です。

「離職率5%以下」

「月平均残業時間20時間以内」「フレックス勤務OK」

このような感じでホワイト企業の条件である様々な項目をチェックして気になる会社を選び出すことができます。

 ≪オススメ!≫
・リクナビNEXT※「詳細検索機能」、「・グッドポイント診断(リクナビNEXT会員限定の無料サービス)、「スカウト登録」などで定評のある業界No1の転職サイト

口コミ転職サイトで気になる企業をチェック

口コミ」サイトを利用して実際に企業で働いている人の「生の声」やいわゆる「口コミ(クチコミ)」情報などを集めることで、希望している企業は「ホワイト(ブラック)企業なのか?」などを分析することができます。

また現在働いている方は「今の職場と比べて希望している会社の職場環境はホワイト系なのか?ブラック系なのか?」などを比較・検討することもできます。

案内人

ホワイト企業を探したりブラック企業を調べたりする際は、実際に企業で働いている人の「生の声」やいわゆる「口コミ(クチコミ)」情報などを集めて分析することがとても有効になります。

案内人

口コミサイトはブラック企業を調べる際にとても有効なツールとなりますが、できればサイトからの情報だけを鵜呑みにせず、人からの情報(エージェント、OB/OG、人事担当者の印象など)も併せて総合的に判断することをお勧めします

【例】口コミ転職サイト「転職会議」の画面

このように、口コミ転職サイトを利用すると実際に働いていた元社員や社員の会社に対する評価や年収を始めとして、「残業時間・有給消化率」=ホワイト企業の条件に関する情報などの生の声を口コミとして見ることができます。

 ≪オススメ!≫
・転職会議※口コミ登録企業数80万件以上と圧倒的な掲載数を誇る国内最大級の口コミ転職サイトです。掲載数が非常に多いので大手有名企業だけではなく中小企業の口コミも掲載されていることがあります。

非公開求人

非公開求人には知名度が高くて処遇や福利厚生が好条件の企業(=ホワイト企業)の場合が多くあります。

さらに非公開求人には大きく分けて

①エージェントが利用者の希望に合った非公開求人を紹介するサービス

②企業から直接オファー(スカウトメール)が届くサービス

があります。

【例】dodaの非公開求人サービス(エージェント+スカウトメール)

「dodaサイト」

「エージェントサービス」

「スカウトサービス」

 ≪オススメ!≫
・doda※転職のプロがユーザーの希望に合った非公開求人を紹介するエージェントサービスと企業から直接オファーが届くスカウトサービスに定評がある人気の転職エージェントサイトです。(非公開求人はdodaや他のサイトでも公開されていないようなプレミアムな求人情報が多数あります。)

3種類のサイトを組み合わせた転職活動

ホワイト企業への転職を実現するために「詳細な検索機能」「口コミ」「非公開求人」の3種類のサイトから得た情報を上手に組み合わせて活動してみてください。

男性

転職サイトや口コミ転職サイト、転職エージェントについてもっと詳しく知りたい方は下記記事も併せてチェックしてみてください