注目の記事 PICK UP!

「働き方改革」で投資家から注目されている銘柄(企業)15社

昨年から「働き方改革の進んでいる企業」は長期的視野を持って経営をしていると考えられており、そうした企業に投資することで、東証株価指数(TOPIX)を上回るパフォーマンス(利益)を得られるという傾向が強まると考えられています。投資家目線で「働き方改革や女性の活用に真剣に取り組む企業は買い」という言葉も囁(ささや)かれているようです。そこで先進的な働き方改革に取り組んでいることで投資家から注目されている銘柄(企業)15社とその取り組み事例をご紹介します。


≪カルビー≫
●「在宅勤務」「フレックス早帰りデー」「サマータイム」などワークライフバランス適正化
●出産・育児・介護に関する補助制度を拡充

≪ローソン≫
●育児や介護支援の充実、事業所内保育所
●職場全体の意識改革により男性の育休取得率が約7割と高い

≪スタートトゥデイ≫
●仕事が終われば6時間の勤務で帰宅することを認める制度「ろくじろう」を実施
●昼休憩無しで6時間集中して働くワークスタイルを選択する社員も出ている

≪ヤフー≫
●在宅勤務「どこでもオフィス」を当初の月2回から月5回まで運用拡大
●ほぼ全部門でフレックスを導入。小学校以下の子を育てる社員に時短制度

≪資生堂≫
●仕事と育児・介護の両立支援の制度充実
●事業所内保育所、育児・介護のための有給取得推進

≪リクルートホールディングス≫
●リモートワーク(職場外での勤務)を本格導入
●事業所内保育所やベビーシッターを法人契約

≪ダイキン工業≫
●「フレックス」や勤務時間を期間でとらえる「変形労働時間制」で働く時間を柔軟に設定
●育児中の社員に、時短や在宅勤務を認める

≪日本電産≫
●2020年までに残業ゼロを掲げる。「会議時間の短縮」「会議資料の削減」など具体策

≪トヨタ自動車≫
●国内総合職を対象に在宅勤務を認めるなど柔軟な働き方支援
●育児支援制度の充実

≪伊藤忠商事≫
●午後8時以降の勤務を原則禁止、午後10時以降の深夜残業を禁止
●早朝勤務を奨励し、深夜勤務と同様の割り増し給与支給

≪三菱UFJフィナンシャル・グループ≫
●在宅・朝型・時差勤務導入など、柔軟な働き方で育児・介護との両立支援
●男性の育休取得を推進、産休後の女性社員の復帰支援を充実

≪三井住友フィナンシャル・グループ≫
●三井住友銀行で1万8000人を対象に在宅勤務導入
●育児・介護支援に、時短や自宅最寄りの支店に出勤できる制度を一部導入

≪SOMPOホールディングス≫
●全従業員対象に会社が認めた場所で終日勤務が可能な「テレワーク」推進
●シフト勤務を個人別・労働日単位で利用可能

≪KDDI≫
●「テレワーク」「時短」「フレックス」「変形労働時間制」など多様な働き方を支援する制度を導入

≪SCSK≫
●残業時間減で翌年の賞与が増える仕組みを導入し、大幅な削減実現
●健康診断の数値改善で翌年の賞与増加


(2016年11月時点、楽天証券経済研究所作成データより)

この様な取り組みに熱心な企業は「ホワイト企業の定義」を満たしているとも言えるでしょう。

(「ホワイト企業の定義」に関する記事はコチラです↓)

就活オンライン

関連記事

  1. ホワイト企業ランキングまとめ(2017年3月版)

  2. 働き方改革を実現するために先進的な働き方を実践している企業15社

  3. ホワイト企業ランキング-トップ10-(人材活用・少残業時間・有休取得・育休取得率)(2017年7月版…

  4. ホワイト認証第1号は旅行会社 労使月1で話し合い(日刊スポーツ)

  5. なぜ、ほとんどの人が「ホワイト企業」に入れないのか?(オールアバウト)

  6. 新社会人の74.6%が仕事のやりがいよりワークライフバランスを重視【新社会人白書2017】(マイナビ…

  7. こんな会社で働きたい! 社会人がオフィスに憧れる企業6選(マイナビ学生の窓口)

  8. 東京より幸せ「地方の給与1位企業」20社(プレジデントオンライン)

人気記事ランキング

就活オンライン

楽天市場

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
PAGE TOP