「新卒入社してよかった会社ランキング 2019」

新卒入社してよかった会社ランキング 2019

就職・転職のための口コミサイトを運営するオープンワーク(旧Vorkers)が「新卒入社してよかった会社ランキング 2019」を発表しました。

20代の新卒入社社員(2012年以降入社)に限定して、どれだけ入社をすすめたいか口コミサイトに寄せられたコメントを集計した結果、1位は「グーグル合同会社」となりました。

案内人

上位に並んだ会社について、オープンワークは「若いうちから成長できる環境や自由さ、チームワークの良さを挙げる声が多かった」とコメントしています。

新卒入社してよかった会社ランキング 2019(BEST30)

1位 グーグル合同会社
2位 株式会社コスモスイニシア
3位 マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社
4位 サントリーホールディングス株式会社
5位 三菱地所株式会社
6位 株式会社リブセンス
7位 株式会社アシスト
8位 シスコシステムズ株式会社
9位 ブラザー工業株式会社
10位 特許庁
11位 株式会社VOYAGE GROUP
12位 東ソー株式会社
13位 株式会社リクルートマネジメントソリューションズ
14位 株式会社リンクアンドモチベーション
15位 株式会社JSOL
16位 株式会社電通国際情報サービス
17位 中外製薬株式会社
18位 浜松ホトニクス株式会社
19位 日産化学株式会社
19位 スリーエム ジャパン株式会社
21位 ゴールドマン・サックス証券株式会社
22位 株式会社ガイアックス
23位 キッコーマン株式会社
23位 学校法人立命館
25位 株式会社リクルート住まいカンパニー
26位 三菱商事株式会社
27位 株式会社リクルートホールディングス
28位 旭化成株式会社
29位 味の素株式会社
30位 日本ナショナルインスツルメンツ株式会社

(ランキング出展:OpenWork:最新!「新卒入社してよかった会社ランキング2019」より抜粋)

≫転職会議
口コミ転職サイトを利用すると実際に働いていた元社員や社員の会社に対する評価や年収を始めとして、「残業時間・有給消化率」=ホワイト企業の条件に関する情報などの生の声を口コミとして見ることができます

◆ホワイト企業の見分け方一覧

  • 「平均残業時間」が少ない
  • 「新卒社員や女性社員の離職率」※「3年後離職率」などが低い

※「3年後離職率」でみると、厚生労働省が毎年公表している大学新卒者の平均値は30%前後なので、これを基準に各企業の離職率の高さが判断できます。

  • 「有休消化率」「待遇面の満足度」「法令順守(コンプライアンス)意識」「男性社員の育休取得率」などが高い
  • 「福利厚生」「研修・教育制度」が充実している
  • 「勤務地」「勤務時間」などで多様かつ柔軟な制度を導入している(「フレックス」「テレワーク」「ワークシェアリング」など)
  • ユニークかつ機能的なオフィス環境を整備している
  • 法定雇用率以上の障がい者を雇用している

※障がい者雇用の「法定雇用率」=平成30年4月1日より2.2%

  • 女性社員育児支援に積極的である(「育児復帰支援」「社内託児所設置」「男性の育休取得促進」など)

以上のような項目を多く取り入れている企業は、働き方改革により様々な働き方を促進することで、生産性を高めて長時間労働削減に努めながら多様な人材を活用することを真剣に取り組んでいる「ホワイト企業」といえるでしょう。

案内人

今回の「新卒入社してよかった会社ランキング2019」の選出理由にもある「若いうちから成長できる環境や自由さ、チームワークの良さ」もホワイト企業の条件として共通する部分がありますので、特に「ホワイト企業」への就職・転職を目指す方はご自身の就職・転職活動へ上手に活用するようにしてみてください。

最後に

男性

当サイトでは「様々なホワイト系の企業ランキング記事内において複数のランキングで高い評価を受けている企業は、より理想のホワイト企業である可能性が高い」と考えて各ランキング記事を横断的に比較して複数該当する企業を一覧表にまとめた記事をアップしています。

良ければ併せてご覧ください。