厚生労働省は5月10日労働基準関係法令に違反したブラック企業のうち、最近半年間に書類送検した全国334件のリスト(一覧表)を同省ホームページ(HP)に掲載しました。リストの中には2016年12月に社員に違法な長時間労働をさせた疑いで書類送検された「電通」の名前もありました。リストは今後毎月更新され、公表日から約1年経つと企業名は削除されますが、指導事案に改善が認められると速やかに削除されるといった早期的な措置もとられます。厚生労働省の今回の公表リストが、今後労働問題改善への役割としてどのような機能を果たすのかが注目されます。

厚生労働省長時間労働削減推進本部ホームページ
※リストは「労働基準関係法令違反に係る公表事案」にあります(PDFファイル)