【解説】逆求人(スカウト)型就活サイトを活用すべき5つのメリットとは?

逆求人(スカウト)型就活サイトとは?

「就活ナビサイト」登録や「合同説明会」参加などが主流の就活スタイルですが、ここ最近では、就職のミスマッチ(早期離職)を避けるため、会社の規模や知名度だけにとらわれず自分に合った働き方ができる企業を慎重に選びたいと考える学生が増えてきています。

そのためには企業の社風・雰囲気や仕事内容を詳しく知る必要がありますが、このような学生の要望に応えるため近年「インターンシップ(就業体験)」が多くの企業で実施されるようになりました。

また2018年ごろからは新たな就活ツールとして「逆求人(スカウト)型就活サービス」が人気となっています。

「逆求人(スカウト)型就活サービス」とは学生が個性あるプロフィール・自己PRをアップして、それを見た企業側から気になった学生にアプローチ(=逆求人)するというものです。

ではなぜ今、「逆求人(スカウト)型就活サービス」が注目を集めているのでしょうか?

ここではそのメリット・デメリットを始め特徴などをわかりやすく解説していきます。

男性

就活ナビサイトや合同説明会でたくさんエントリーして「内定を貰えた中から少しでもいい会社に入りたい」というような従来の考え方から、「将来を見据えて自分に合った企業を探し出す就活をしたい」という学生の意識の変化がみてとれますね。

逆求人(スカウト)型就活サイトのしくみ

逆求人型とは、自分からエントリーする従来の就活ナビサイトとは真逆のしくみです。

学生が自己PRやエピソードなどのプロフィールを登録すると、企業側がそれらをチェックして気になった学生や目に留まった学生にオファー(スカウト)を送るシステムです。

学生がオファー(スカウト)を承認すれば、学生と企業の間でメッセージのやりとりを行い、お互いの信頼関係が構築されたタイミングで面接や説明会、選考などに進むことができます。
(※タイミングは各企業ごとに異なります)

もし企業に興味がなければ承認する必要は無くオファー(スカウト)を辞退することもできます。

「逆求人(スカウト)型」就活サイト5つのメリット

  1. 企業側からオファーがくるので承認された(=自分を認めてもらえた)気持ちになり勇気と自信が湧いてきます。
    案内人

    通常の就活ナビサイトでは「学生から企業に申し込んでは断られ…」を繰り返して心が折れてしまうこともあるようですね。(学生側の声)

  2. 自己紹介記入画面が通常のES(エントリーシート)に比べて自由度が高いので、自己PRを作りこむことができます。
    案内人

    企業側に「本当の自分らしさ」や「人となり」を理解してもらえる可能性が高いです。(学生側の声)

  3. 就職のミスマッチ(早期離職)を防げるほか、先入観から当初はあまり希望していなかった企業と向き合うことで、自分の本当の適性や強みを発見できる場合があります
    男性

    自己PRを見て学生の志向や将来性などを考慮したうえでオファーするので、客観的に見て自分にピッタリ合った仕事に出会えると思います。(企業側の声)

  4. ピンポイントで就職・採用活動ができるので学生・企業双方にとって膨大な時間や大きな労力をかけることなく効率的に活動を進められます。
    案内人

    学業を疎か(おろそか)にしないで済みますし、特に地方在住の学生にはありがたいシステムですね。(学生側の声)


    男性

    一人ひとりにじっくり時間をかけて、より深く就活生のことを知ることができます。(企業側の声)

  5. 早い段階で企業の人事採用担当者と活発なコミュニケーションをとることができ、自分に合ったいわゆる「ホワイト企業」に出会う可能性が高くなります。
    案内人

    通常の就活に比べてお互いをかなり理解したうえで選考が始まるので、社風や雰囲気まで感じ取る余裕が生まれます。
    これは「自分に合った会社かどうか」「自分が希望していたホワイト企業かどうか」などを見極めるうえで大きなアドバンテージ(有利)になります。(学生側の声)

デメリットについて

案内人

どのようなサービスにもデメリットはあります。
ここで「逆求人(スカウト)型」就活サイトのデメリットを確認しておきましょう。

  • 企業からのオファー(スカウト)を待つという新しい形の就活サービスの為、希望している業界や企業からのオファー(スカウト)が受けられない可能性があります
  • 「忙しい」「面倒くさい」からといってログインやプロフィール更新などをせずに放置していると、オファー(スカウト)が見送られる場合があります
案内人

今まで利用してきた先輩の皆さんは「従来の就活ナビサイトや就活エージェントサイトなどと併用して利用する」、「最低1日1回は『逆求人(スカウト)型』就活サイトにログインするようにマイルールを作る」などでデメリットをカバーしたとのことです。

「利用企業数」上位2サイト(オファーボックスとキミスカ)を徹底比較

・OfferBox

・2020卒+2021卒の登録学生数は約19万人、利用企業数は大手企業から外資・ベンチャー・官公庁(経産省)など約5600社で業界最大手(2019年12月時点)
→独自の機能としてオファーの送信数に制限を設けているので本当に採用したい学生だけに厳選した「本気」のスカウトメールが届きます
・自分の強みや弱みを客観的に分析できる自己分析ツールが人気
→自己分析ツール「AnalyzeU+」は経済産業省が定めた「社会人基礎力」と「次世代リーダー力」という社会人必須能力25項目をどれだけ満たしているか診断、また診断結果のアドバイスから自己PR文が作成可能です
・自分らしさを最大限に表現できる多彩なプロフィール作成機能
→プロフィールは写真や動画・研究スライドなどを使って自分を自由に表現することが可能で、しっかりと作りこんでいけばオファー獲得の可能性が高まります
・就活に役立つイベントを多数開催
→「自己PR作成講座」「業界研究ワークショップ」「合宿型社会体験プログラム」などの各種イベントに参加可能です

「オファーボックス」よくある質問(オファーボックス公式サイトより)

オファーをもらうにはどうすればいいの?
オファーを送ってもらうには、企業の方にみなさんの人柄を伝える必要があります。OfferBoxには自分を表現するための様々な項目があるので、ユニーク情報をアップしたり、自己分析を進めて、自分なりにアピールしてみましょう。
お金はかからないの?
無料です。登録もその後のご利用も、全ての機能を無料で利用できますのでお気軽にご登録ください。OfferBoxは「大学生の可能性を広げる」という理念のもと、学生のみなさんからは代金はいただいていません。頂かない方針です。
迷惑メールや一斉送信メールはこない?
よくある就職サイトには「ダイレクトメール」という企業の方から学生のみなさんに大量にメールを一斉送信する機能があり、みなさんは一日に何百通というメールを受けているかもしれません。OfferBoxでは、そのようなことが起きないように、企業から学生に向けて送るオファーの送信数に制限を加えたり、一斉送信の機能がないなどのる工夫をしています。安心してご利用ください。
他の学生に自分のプロフィールは見られない?
OfferBoxでは、作成したプロフィールは企業の方のみが参照できます。他の利用学生からプロフィールを見られることはありませんので、安心して思いきって自分をアピールしてみましょう。
大学を卒業してますが、OfferBoxを利用できますか?
OfferBoxは新卒者専用のサイトです。新卒者の方以外(既卒者)のご登録をお断りしています。

実際にオファーボックスを利用している企業側の声(公式㏋より転載)

プロフィールから学生の熱量を感じたい!
企業採用担当者の方
登場人物B
Q:企業にとってOffeBoxを利用するメリットとはなんだと思いますか?
A:1つ目は、学生がどういう働き方を望んでいるのかをシンプルに見ることができることです。
2つ目は、OfferBoxでは学生が写真と文章で「人となり」をより生き生きと表すことができるので、学生の熱量を読み手が感じ取れることが大きなメリットだと思っています。
どうしてもエントリーシートや履歴書だと学生のみなさんはかしこまってしまうんですよね。
こちらとしてはもっと素を見せてもらいたいと思っているので、写真や文章を活用して自分らしさを積極的に表現してもらいたいと思っています。

案内人

もっと詳しく知りたい方はマンガで解説した特設サイトがありますのでこちらもチェックしてみてください!





【マンガで解説】逆スカウト型就活サイトOfferBox<オファーボックス >・OfferBox

・キミスカ

・2020卒の登録学生数は約10万人見込みで(利用企業数は非公表)業界トップクラスの規模
→ベンチャー企業などを中心に多種多様な企業からすぐにオファーがもらえることもあるようです
・学生がこれまでに受けた企業の選考状況を考慮(無駄にならない)
→不採用となってしまった企業の選考過程もサイトに登録することで別の企業に対しての内定獲得のアピール材料に役立てることができます
・各業界・職種に精通したコンサルタントが多数在籍
人事経験のある就職コンサルタントから人事目線での無料アドバイスを受けることができます
・ユーザーと企業をつなぐ『キミスカLIVE!』開催中
→キミスカ運営事務局が主催するマッチングイベント「キミスカLIVE!」は、限られた数の企業と学生が参加できるので企業と学生の相互理解がより深いものになります

「キミスカ」よくある質問(キミスカ公式サイトより)

料金はかかりますか?
学生は全ての機能を無料にてご利用いただけます。
『キミスカ』を利用して内定を獲得した場合にも、料金は発生しません。
登録したプロフィールなどの情報は誰に公開されますか?
『キミスカ』を利用して採用活動を行っている企業の人事採用担当者が見ることが出来ます。 学生同士で他のユーザーのプロフィールを見ることは出来ませんし、Googleなどの検索にヒットすることもありません。
学生側から企業にアプローチをメッセージを送ることは出来ますか?
原則として、学生側から企業にメッセージを送ることは出来ません。
学生と企業間のメッセージのやりとりは、まずはじめに企業側からスカウトメッセージが届くことではじまります。
一度、スカウトメッセージを受け取った企業には自由にメッセージを送ることが可能です。
また、毎日運営からのオススメ企業が表示されます。
それらの企業に対しては、「スカウトメッセージを送って欲しい!」と言う意思表示が出来ます。

実際にキミスカを利用した学生の皆さんの声(公式㏋より転載)

国立大学理系卒/Sさん(男性)
登場人物B
特に理系の後輩の皆さんにアドバイスするなら、使えるものがあればなんでも有効活用すべきかなと。
キミスカでは自由記述欄(自己PRや学生時代に力を入れたこと)が大きいので自分の専攻分野を大きくアピールできますし。
また、就活全般でのアドバイスするなら、自分で動いて調べて納得するところを決める、に尽きると思います。(一部抜粋)
私立大学文系卒/Fさん(女性)
登場人物B
とくに、自分でやりたいことを絞れない人ほど、スカウトサイト使ったほうが良いよー!って言いたいです!
キミスカでのスカウトも「ひとつの縁」だと思って使うことで、
「もしかしたらここ、自分にあうかも。」という発見もあるかもしれないので。
あとは、人材業界のプロである面談サービスも参加できてよかったです!
初対面で会って、就活のアドバイスをくれるのは得られるものが大きいです。
自分のことをよく知っている関係性の人ほど、アドバイスによっては自分の軸がブレることもあるから、
第三者の客観的な意見を取り入れるという意味でおすすめです。(一部抜粋)



キミスカでインターン経験・就活状況を人事にシェアしてスカウトを獲得!・キミスカ

まとめ

「逆求人(スカウト)型」の就活サービスの可能性

「逆求人(スカウト)型」の就活サービスについてのしくみやメリット・デメリット、主なサイトの詳細情報などを解説してきましたがいかがだったでしょうか。

「逆求人(スカウト)型」就活はその特徴をよく理解したうえで上手に利用すれば、従来の就活スタイルを飛躍的に効率化できる次世代型の新サービスです。

「是非利用してみたい!」と思った方は気になるサイトにまず登録してみて、自分らしさを盛り込んだオリジナリティ溢れる(あふれる)プロフィール・自己PR作りに挑戦してみてください。

個性的なプロフィール・自己PRを作りこんでいく中で、思いもよらなかった業界や企業からのオファー(スカウト)が届けば新たな自分を発見できるかもしれません。

>>企業からオファーが届く逆求人型型就活サイト【オファーボックス】
※幅広い視野で就活を進めたい方向け=就活生の約4人に1人が登録しています!

>>早期内定も可能!特別選考のスカウトがもらえる就活逆求人(スカウト)サイト【キミスカ】

【最後に】

この記事をご覧になっている方の中には

  • 「周りはもう内定をもらっているのに、自分はまだお祈りメール(不採用通知)しかこない…」
  • 「有名大学の学生じゃないので就活に自信がもてない…」
  • 「地方在住なのでなんとなく不利を感じる…」
  • 「自己分析をしたけれど自分のやりたいことがみつからない…」

と弱音を吐いたり、就活ブルー(就活疲れ)になっている人がいるかもしれません。

しかしこのような理由で就活を妥協してしまうのはもったいないです。

諦めたらその時点で「納得のいく就活」をやりきる可能性は0(ゼロ)になってしまいます。

しかし、熱意を持ってチャレンジと努力を続けていけば、必ず希望の光が見えてきたり成功のチャンスが訪れてくるものです。

紹介した逆求人(スカウト)型就活サイトなら、プロフィールを登録しておけば企業からオファーが届く就活サービスなので、プロフィールを作っていくことで自然と自己分析ができますし、待っているだけで都会も地方も関係なく企業へアピールができます!

そして企業側からオファーがくるので承認された(=自分を認めてもらえた)気持ちになり勇気と自信が湧いてきます。
企業から「お祈りメール」ばかりきてしまって心が折れてしまうこともありません。

さらに思いもよらなかった企業からのオファーで自分を深く知ることができたり、決まっていなかった自分のやりたいことを発見できた人もたくさんいます。

満足のいく就活をやり遂げたいと考えている就活生の皆さん、無料で利用できる新感覚の逆求人(スカウト)型就活サイトを是非一度試してみませんか?

マンガでわかる、就活サイトOfferBox<オファーボックス >・OfferBox※幅広い視野で就活を進めたい方向け=就活生の約4人に1人が登録しています!!

>>早期内定も可能!特別選考のスカウトがもらえる就活逆求人(スカウト)サイト【キミスカ】

おすすめのホワイト企業関連記事

当サイトでは「様々なホワイト系の企業ランキング記事内において、複数のランキングで高い評価を受けている企業は、より理想のホワイト企業である可能性が高い」と考え、各ランキング記事を横断的に比較して複数該当する企業を一覧表にまとめた記事をアップしています。

またホワイト企業の見分け方をまとめた記事もアップしています。

良ければ併せてご覧ください。