【ベンチャー企業向け】就活情報まとめ

ベンチャー企業への就活について

多くのベンチャー企業は特定の期間で採用活動をするのではなく継続して行ういわゆる「通年採用」の形をとっています。

また、インターンシップの参加者がそのまま本本選考につながる場合が多いので早めの情報収集が肝心です。

一般的なベンチャー企業の採用スケジュール

ベンチャー企業の就職を目指すときに注意すべきこと

ベンチャー企業への就職理由

ベンチャー企業への就職理由としてよく挙げられるのが「大企業は安定しているけど、年功序列はイヤだ。実力重視の環境で働きたい」のイメージを抱いて、「ベンチャー企業なら自分自身も成長できそうだ」と目がいくようです。

確かにベンチャー企業では、入社して比較的早い段階から「新規事業の立ち上げ」に携われたり、自分の意見を運営に反映できたりと、大企業で勤めている同世代ではほぼ不可能な業務レベルの経験が積めるため、特に上昇志向の強い学生から注目を集めています。

しかしその一方で、ベンチャー企業は創業から間もない企業が多いため、労働環境が大きく変わりやすかったり体系的な研修制度を設けていない場合が多いともいわれています。

「成長=教えてもらう」という受け身のスタンスで入社してしまうと「全然学べない、成長できない」と行き詰ってしまうかもしれません。

さらに企業にもよりますが、ベンチャー企業は組織がコンパクトな分「職種の枠組みを越えて仕事を任されやすい」傾向があります。

新しい仕事にチャレンジすることは自分自身の成長につながりますが、「自分一人で様々な業務をしなければいけなくなった」と想像以上の業務範囲に戸惑ったり、仕事をこなすだけで精一杯になりおのずと残業が増えていき、精神的・体力的にキツく感じてしまうこともあるようです。

このような現実をよく知らず、自分の理想やイメージだけで就職先を決めてしまうと、入社後に「失敗した!」と後悔することになりかねません。

ベンチャー企業への就職活動のポイントとは?

「自分がこれから就職するにあたって重視していること」をよく考えたうえで、仕事や業界、企業についてよく調べるようにしましょう。

そのためには

  • 就活サイトを活用する
  • OB・OGなどの先輩から直接話を聞いてみる
  • 応募したい企業の企業情報を読み込む

などし、具体的な仕事内容を理解することで、理想と現実とのギャップを埋めていく作業が不可欠になります。

更には「その仕事・企業で働く自分をイメージできるか」が入社後の後悔を防ぐ最大のポイントです。

自分にできそうな仕事なのか、その企業に馴染んでいけそうかをイメージしてみて、納得のいく就職先を見つけ出してください。

ベンチャー企業に就職する際に活用したいオススメの就活サイト

案内人

ベンチャー企業の就活は「通年採用」「インターンシップ」などがキーワードになりますのでこれらの情報に強みのある就活サイトを利用することが成功への近道となるでしょう。


≫CareerTrip
「WEB」「広告」「人材」「システム」系を中心としたベンチャー企業やスタートアップ企業、優良中小企業などに特化したキャリア支援サイト。
個人に専門リクルーターがついてマンツーマンで内定までサポートを受けることができます。成長意欲が高くベンチャーマインドの学生に人気の高い就活エージェントサービスです。
MeetsCompany

≫Meets Company
    • 年間850回以上イベントを開催(予定に合わせて参加できる!)
    • 日本全国30か所で開催(Uターン就職などにも便利!)
    • 優良紹介求人2,500社以上(自分に合った企業に出会える!)
    • 1回約8社の少人数座談会形式(1社1社とじっくり話ができる!)
    • 60名以上のリクルーターが内定までサポート(なんでも相談できる!)

ベンチャー企業向けに有利なスキル(プログラミング)について


ベンチャー企業なかでもWEB業界では、新卒でも即戦力エンジニアを求めていることが多く、GREEやサイバーエージェントといった一部上場の大手企業であってもスキルチェックにパスすれば無条件で2次面接へ進めることがあります。

プログラミングのスキルがあれば面倒なエントリーシートの作成に時間を割かれることもなく、その上他の就活生よりも早く有利に選考を進めることが可能となります。

また、WEB業界を中心にどの業界でもエンジニア不足が深刻化してきており、エンジニア以外の職種でも最低限のプログラミングの知識が求められる時代になりつつあります。

特にエンジニアとのコミュニケーションが求められる職場になれば、プログラミングの知識があるのとないのではエンジニアからの信頼も全く異なりますし、将来的に飛躍を目指して転職活動をする際にもプログラミングスキルがあれば圧倒的有利に転職活動を進めることが可能になります。

おすすめプログラミングスクール一覧

プログラミングスクール
スクール名特徴
CodeCamp(コードキャンプ)◆オンライン・マンツーマン指導のプログラミングスクールとしてNo.1の実績を持つスクール。講師は全て現役のエンジニアで、未経験から確実に習得するために開発されたオリジナルカリキュラムでWebデザイン、Webサービス開発、アプリ開発などを幅広く学習することが可能。
大学生向けプログラミング|クリプテックアカデミア◆大学生向けのオンラインプログラミング教育に特化したスクール。知識0(ゼロ)からオリジナルサービス開発まで現役エンジニア講師によるマンツーマンサポート。
Tech boost◆オンラインスクールなので全国どこでも受講可能。自分の生活スタイルに合わせて学ぶことができます。 また、経験豊富なアドバイザーによるキャリア面談など エンジニアになるためのサポートも充実しています。
TechAcademy [テックアカデミー]◆最短4週間で未経験からプロを育てるオンライン完結のプログラミングスクールです。
どこかに通う必要なく、自宅でもプログラミングやアプリ開発を学ぶことができます。1人では続かない方のための短期集中プログラム「オンラインブートキャンプ」を開催。
TechAcademy(無料体験コース)◆最短4週間で未経験からプロを育てるオンライン完結のプログラミングスクールです。
どこかに通う必要なく、自宅でもプログラミングやアプリ開発を学ぶことができます。1人では続かない方のための短期集中プログラム「オンラインブートキャンプ」を開催。
DMM WEBCAMP◆未経験や初心者でも3ヶ月という短期間で、高いエンジニアスキルを身に付けることができる転職・就職保証型プログラミングスクール。受講完了後、3ヶ月以内に転職・就職できない場合は全額返金されます。

まとめ

就活は「人生の大きな岐路(分岐点)」に立ってそこから「新たな世界に飛び込む」未知の旅となりますので、誰でも不安やストレスを抱え込みながらの活動になります。

ましてやベンチャー企業への就活は一般的に情報が不足しがちですので「大きな不安がつきまとう」のも無理はありません。

しかし現在は多種多様な就活サイトが存在しており、ベンチャー企業就活希望者に向けても様々なサービスを提供してくれています。

さらに今回紹介したプログラミングスキルがあれば圧倒的有利にベンチャー企業向け就活を進めることが可能になります。

これらのサイトを上手に活用して就職活動を有利に導いてください。

≫転職会議
口コミ転職サイトを利用すると実際に働いていた元社員や社員の会社に対する評価や年収を始めとして、「残業時間・有給消化率」=ホワイト企業の条件に関する情報などの生の声を口コミとして見ることができます